マツダ CX-5特別仕様車「フィールドジャーニー」のガソリンとディーゼルモデル比較! 価格差約30万円あるも機能はほとんど同じ、アウトドアに頻繁に出かけるならディーゼルがオススメ

画像ギャラリーはこちら
2021年11月8日に改良を実施したマツダ CX-5。新たにフィールドジャーニーと名付けられた特別仕様車が設定された。このモデルはアウトドアニーズに答えるグレードで、汚れに強いシートや専用パーツなどといった特別な装備が奢られるのだ。そしてパワートレインはガソリンとディーゼルモデルをラインアップしているのだが、購入する際は悩むユーザーも多いはずだ。そこで今回はCX-5の特別仕様車「フィールドジャーニー」のガソリンとディーゼルモデルの装備や維持費にいたいるまで比較を実施。一体どの程度の違いがあるのか!?
目次[開く][閉じる]
  1. マツダ CX-5特別仕様車パワートレイン比較
  2. 価格差約30万円! CX-5特別仕様車「フィールドジャーニー」のガソリンとディーゼルモデル対決
  3. 【内装比較】装備内容はほとんど同じもディーゼルだけサンルーフの設定あり
  4. 【エンジン比較】燃費はほとんど同じもディーゼルはパワフルな走りが魅力
  5. 先進安全装備も装備は全く同じで超充実の内容だった
  6. 【維持費比較】燃料代はディーゼルの圧勝! 車両価格が高いもその差額は燃費で縮まる

マツダ CX-5特別仕様車パワートレイン比較

スタイリッシュで実用性が高く、パワートレーンの選択肢も多いマツダ CX-5が欲しいと思っているパパ・ママ。それなら特別仕様車の「フィールドジャーニー」は、アウトドアにも映えるエクステリアや、使い勝手のいいインテリアで、とても魅力的ですよね。

でもガソリンとディーゼル、どっちにしようか悩みがち。この記事では、ファミリーにはCX-5フィールドジャーニーのガソリンとディーゼルのどちらがいいのか、購入後の維持費も含めて徹底比較します。

>>マツダ CX-5のガソリンモデルが若年層から人気!? そのワケは手の届きやすい車両価格以外にも理由があった

価格差約30万円! CX-5特別仕様車「フィールドジャーニー」のガソリンとディーゼルモデル対決

まずCX-5は、全長4.5m強のファミリーにちょうどいいサイズのクロスオーバーSUVで、欧州でも高評価のスタイリッシュなデザインと、広い室内や実用性の高い荷室、オンロードでも上質な走りで大人気。パワートレーンは2.0/2.5リッターのガソリンモデルと、2.2リッターのディーゼルモデルが用意され、ディーゼルには6速MT車もあるという豊富なラインアップです。

フィールドジャーニーは全車オールシーズンタイヤを装着! 専用パーツも満載

特別仕様車のフィールドジャーニーは、スタイリッシュなだけではない、CX-5のタフな部分をしっかり強調したスタイルとなっているのが特徴。

バンパーやサイドシルの下部に、黒い樹脂パーツとシルバー塗装の加飾をあしらって、アウトドアスポーツギアのような頼もしい印象に。17インチのアルミホイールは、シブいグレーメタリック塗装となってオールシーズンタイヤを履いています。

そしてボディカラーには新色の「ジルコンサンド」も登場。鋳型に使われる砂をイメージした、鉱物的なきらめきを表現していて、自然の風景にも映えるカラーとなっています。

汚れに強いシートはフィールドジャーニーだけ!

またインテリアも、ガンガン遊べる実用性がアップ。シートは全席に汚れの強い加工が施されて、ラゲッジではリバーシブルタイプのラゲッジボードの片面に防水加工を施し、水や汚れに強くなっています。サブトランクボックス内も防水加工されているのが嬉しいですね。

走りの面でも、もともと最低地上高が210mm確保されているのに加えて、Mi-DRIVEにオフロード・モードが備わるのもこのフィールドジャーニーだけ。アクセサリーでは、アメリカ政府も認めたという、衝撃を吸収する機能を備えた「LINE-X塗装」を施したアンダーガーニッシュなども用意されています。

パワートレーンは2.0リッターガソリンと2.2リッターディーゼルが設定されました。どちらも6速ATで4WDのみです。価格はガソリンの「20Sフィールドジャーニー」が323万4000円。ディーゼルの「XDフィールドジャーニー」が355万3000円。約30万円の差があるのですが、装備内容などはどうなっているでしょうか。

>>マツダ CX-5の新グレード「フィールドジャー二ー」と「スポーツアピアランス」は何が違う!? その答えは内外装デザインとタイヤにあった

【内装比較】装備内容はほとんど同じもディーゼルだけサンルーフの設定あり

まずは室内の装備や使い勝手を比較してみます。ほぼ、装備内容は同等となっているのですが、ディーゼルのみオプションで電動スライドガラスサンルーフが設定されており、装着すればより開放的な室内に。シートはどちらも運転席10way、助手席6wayのパワーシートで、シートヒーターも標準装備です。後席左右にもシートヒーターが備わり、ステアリングヒーターも標準装備です。

USB2個は標準装備ですが、ワイヤレス充電や、ボーズサウンドシステムはどちらもオプション。8.5インチのセンターディスプレイがついており、10.25インチがオプション設定となっています。

使い勝手では、アジャスター機能付きカップホルダーやボトルホルダー付きドアポケット、アームレスト付き大型コンソールボックスなど、収納スペースはしっかり。12V電源ソケットもフロントに2個、ラゲッジに1個備わっていて、便利に使えます。

車中泊にもピッタリな広さを確保

シートアレンジは後席が6:4の分割可倒式で、ラゲッジはたっぷり大容量。荷室幅は1450mmほど、荷室長は950mmほど、荷室高は790mm(フロアボード下段時)というサイズは、アウトドアレジャーの荷物もしっかり積み込めます。フロアボードを上段にすると、後席を倒した時にフルフラットになりますので、車中泊にもOKです。

【エンジン比較】燃費はほとんど同じもディーゼルはパワフルな走りが魅力

走行性能を比較してみましょう。ガソリンの20Sは、最高出力156ps/最大トルク199Nmと、市街地でも軽やかで扱いやすく、高速走行でも十分な余裕のあるバランスの良さが魅力。どこまでも伸びていくような加速フィールが爽快です。燃費はWLTCモードで14.0km/L。走行モードにスポーツモードとオフロードモードが設定されています。

一方でディーゼルは、最高出力200ps/最大トルク450Nmと、低速からモリモリとした強大なトルクが大きな特徴。市街地でのストップ&ゴーからして余裕が生まれ、高速道路の追い越し加速なども頼もしくなる反面、加速がどこまでも続くような伸びやかさは控えめ。その代わり山坂道での力強さ、ノロノロ渋滞などでのラクさがあります。燃費はWLTCモードで16.6km/Lです。

>>マツダ CX-5とCX-8のディーゼルエンジンはイイとこ尽くめじゃない!? 長距離運転向きだが、ガソリン車より手厚いメンテナンスが不可欠だ

先進安全装備も装備は全く同じで超充実の内容だった

先進の安全装備はどちらもほぼフル装備で、夜間の歩行者検知機能もついた「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキサポート」や、前方・後方の誤発進抑制機能、全車速追従機能付きのマツダ・レーダー・クルーズ・コントロールなど、長距離ドライブでも安心な運転支援と、うっかりミスを防止してくれる機能がしっかり揃います。

長距離運転をサポートしてくれる機能「クルージング&トラフィックサポート」はどちらもオプションとなっています。

【維持費比較】燃料代はディーゼルの圧勝! 車両価格が高いもその差額は燃費で縮まる

では維持費を予想してみましょう。ガソリンは年に一度かかる自動車税が3万9500円。車検時にかかる重量税が4万9200円。ガソリン代は、燃費が14.0km/Lでレギュラーガソリンの平均価格が161.9円(11月17日現在)なので、500km走行するのには約5782円かかります。

対するディーゼルは自動車税が4万5000円、重量税が4万9200円。ガソリン代は、燃費が16.6kmで使用燃料は軽油です。軽油の平均価格が140.4円なので、500km走行するには約4228円かかります。走行距離が多い人なら、税金の差額である5500円くらいは取り戻せそうですね。

というわけで、装備の差はほとんどなく、走行モードにスポーツモードもあるガソリンモデルは、アウトドアテイストのデザインが好みという人や、市街地メインで走る人に向いている印象。ディーゼルは週末ごとにアウトドアへ出かけるファミリーなど、実際にガンガン使いたい人に向いている印象です。皆さんのファミリーにはどちらがぴったりか、ぜひじっくり検討してみてくださいね。

【筆者:まるも 亜希子】

マツダ/CX-5
マツダ CX-5カタログを見る
新車価格:
267.9万円407.6万円
中古価格:
70.7万円428万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 嵐山温泉 彩四季の宿 花筏

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる