【MOTAランキング】いま中古車検索が多い車種はどれ? MOTA中古車問い合わせ人気ランキング【2022年11月版】

  • 筆者: MOTA編集部

MOTA中古車問い合わせランキング【2022年11月版】調査概要

調査内容MOTA中古車問い合わせランキング
調査期間2022年11月1日〜30日
調査方法自社ツール調査 株式会社MOTAが運営する中古車問い合わせサービスでの、ユーザーによる問い合わせ件数を集計
調査対象調査期間中にMOTA中古車検索に掲載された車種すべて
※株式会社MOTAが公表する全ての調査および集計結果は、株式会社MOTAが企画し、独自に調査・集計したものです。

2022年11月MOTA中古車問い合わせ件数ランキングTOP10

1位 ホンダ N-BOX(前回1位)

2位 トヨタ アルファード(前回4位)

3位 トヨタ プリウス(前回3位)

4位 スズキ ジムニー(前回5位)

5位 ダイハツ タント(前回2位)

6位 トヨタ ヴォクシー(前回8位)

7位 ホンダ ステップワゴン(前回10位)

8位 スズキ ハスラー(前回6位)

9位 日産 セレナ(前回7位)

10位 トヨタ ハイエースバン(前回18位)

2022年11月のMOTA「中古車問い合わせランキング」は、細かな変動がいくつもありました。

ただ1位は、不動のホンダ N-BOXがランクインしています。やはり販売台数が新車部門で国内1位であるだけでなく、中古車でも強かったです。

続く2位は前回4位に落ちたものの、11月にはナンバー2の座に返り咲いたトヨタ アルファード。フルモデルチェンジの発表はまだかまだかと待っているユーザーの方々も多いかもしれませんが、中古車人気はまだまだ強いようです。

3位も前回に引き続き、トヨタ プリウスがランクイン。2022年11月16日には7年ぶりにフルモデルチェンジされた新型が世界初公開されたため、今後の中古車市場におけるプリウス人気に注目してください。

4位はスズキ ジムニーです。納車待ちが1年以上と言われるだけに「1年も待てない! でも現行型がほしい」という方が「登録済み未使用車」などの検索を行っているようです。メーカーの新車ディーラーですぐに入手できない場合、中古車市場での「登録済み未使用車」という買い方もあることをお忘れなく。

トップ10の全体の傾向としては、軽自動車が4車種、ミニバンが4車種がランクインしているように、居住性の高さに定評のある車種が人気を集めているようです。この2つのボディタイプが中古車市場で人気であることがはっきりしています。

5位のスズキ タント、8位のスズキ ハスラー、9位の日産 セレナはそれぞれ順位を落としましたが、逆に6位のトヨタ ヴォクシー、7位のホンダ ステップワゴン、10位のトヨタ ハイエースバンが順位を上げています。

特に10位のトヨタ ハイエースバンは、前回18位から大きくジャンプアップしています。通常、仕事用の車として街中で見ることが多いですが、最近はアウトドア人気の影響もあって、キャンピングカーや車中泊カーにカスタムしている方も増えているようです。またシンプルなデザインのハイエースバンをお洒落にドレスアップするエアロパーツや乗り心地を改善させるパーツも多く、カスタムのベースカーとして魅力的な1台です。

続いて、トップ3に入った車を紹介していきましょう。

1位 ホンダ N-BOXの概要と中古車市場情報

ホンダ N-BOXは居住性、安全性、使い勝手の良さから超人気の軽トールワゴン。天井が高くて広い車内は、左右独立のスライドできるリアシートを合わせて、抜群の使い心地を誇ります。室内高は140cm(1,400mm)もあり、子供が車内で立って着替えることもできます(*1)。また、2019年4月より発売した全タイプに先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング」を標準装備。衝突軽減ブレーキやリアワイドカメラの性能アップにより、より安全性能が向上しています。こういった安心・安全性能の高さも人気の理由の一つです。子育て世代には特にオススメの1台と言えます。

(*1)お子様を立たせる際は、必ず保護者がお付き添いください。

■中古車価格:20.5万〜291.8万円

■MOTA掲載台数:19,014台

(価格および掲載台数は、2022年12月7日現在のデータです)

■ホンダ N-BOXの中古車最新情報:https://autoc-one.jp/used/searchv2/mahonda/mon-box/

2位 トヨタ アルファードの概要と中古車市場情報

前回4回からふたたび2位に人気が復活したトヨタ アルファードは、ご存知のとおりトヨタが誇るフラッグシップミニバンです。迫力満点の大柄なボディに、ラウンジのように高級感溢れる内装を組み合わせ、そのラグジュアリー感に高い評価を得ています。「ヴェルファイア」とは基本設計は共通で、縦方向に長いデザインのフロントグリルが特長的。前方からの衝突を防ぐプリクラッシュブレーキのほか、ボディ各所に障害物センサーやカメラを搭載し、車庫入れや、歩行者の多い道路の走行をサポートする「トヨタセーフティセンス」などが標準装備。燃費の優れたハイブリッドモデルもラインナップされています。

■中古車価格:27.8万円~2,414.5万円

■MOTA掲載台数:5,185台

(価格および掲載台数は、2022年12月7日現在のデータです)

■トヨタ アルファードの中古車最新情報:https://autoc-one.jp/used/searchv2/matoyota/moalphard/

3位 トヨタ プリウスの概要と中古車市場情報

3位は、ハイブリッドカーのパイオニアとして誕生して以来、4代に渡って進化を重ねてきたトヨタ プリウス。新設計のボディ骨格「TNGA:Toyota New Global Architecture」の採用により、思い通りの走り、さらに優れた燃費、車内の静粛性、適正化された運転姿勢など、様々な面で性能がアップされています。障害物や歩行者を検知し、衝突を防ぐプリクラッシュブレーキも搭載。プリウス初となる4WDグレードも新たに設定され、さらに人気を集めています。

なお、プリウスは2022年11月16日に、7年ぶりのフルモデルチェンジで、5代目となる新型が世界初公開されました。発売は今冬からと発表されています。

■中古車価格:29.8万円~398.3万円

■MOTA掲載台数:7,962台

(価格および掲載台数は、2022年12月7日現在のデータです)

■トヨタ プリウスの中古車最新情報:https://autoc-one.jp/used/searchv2/matoyota/moprius/

今月の注目の1台「スズキ ジムニー(4位)」

今月は、前回4位より1ランク上がったスズキ ジムニーに注目しました。

スズキ ジムニーは、国内のみならず、世界中で信頼されるコンパクトなオフロード車です。余裕ある地上高により、雪道や泥道でも簡単にはスタックしないので、急勾配や段差も難なく乗り越えてくれます。2018年に20年ぶりとなるフルモデルチェンジをして、アイコニックなデザインや悪路走破性はそのままに、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報を搭載するなど安全性がアップデートされています。全グレードで5速MTが選べるのも、ジムニーをアウトドアへの相棒としてドライブしたいユーザーには嬉しいポイントです。

■中古車価格:19万円~369万円

■MOTA掲載台数:5,290台

(価格および掲載台数は、2022年12月7日現在のデータです)

■スズキ ジムニーの中古車最新情報:https://autoc-one.jp/used/searchv2/masuzuki/mojimny/

今後の「MOTA中古車問い合わせ人気ランキング」に注目してください。

MOTAでは毎月、中古車問い合わせ人気ランキングをお伝えしています。今、中古車の購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。特に中古車は掲載している1台1台が商品です。日々情報が更新される中古車情報から、「年式」「装備パーツ」などの自分が欲しいと思っている車両を見つけるきっかけとして活用してください。

【PR】MOTAが運営する「MOTA中古車検索サービス」はご存知ですか?

MOTA中古車検索で、あなたにぴったりのベース車を検索しよう。

現在、40万台を超える中古車が掲載されている「MOTA中古車検索」。「メーカー」「ボディタイプ」「エンジンタイプ(駆動方式)」「価格帯」などから、あなたにぴったりの1台を探せます。

今、注目の「車中泊」を始めようとしている方には、「SUV・クロカン」「ワゴン」「ワンボックスカー(商用車・バン)」などからの検索がおすすめ。また「おすすめ条件・装備から探す」という機能もあるので、車中泊カーにあると便利な「カーナビ&TV」「DVD・ブルーレイ再生」「フルフラットシート」などといったキーワードでも、お好みの中古車が検索できます。

また、今後大幅な仕様変更される車種などが噂されているため、中古車市場にそのクルマが出回る可能性があるため、価格が大きく変動するタイミングです。絶好の買い時をぜひ見つけてください。

>>MOTA中古車検索の詳細ページはこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ N-BOXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-BOXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-BOXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-BOXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-BOXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる