大人気の軽「ホンダ N-BOX」が一部改良でまたさらに“完璧”に! 待望の電子制御パーキングブレーキ装備でACCが全車速追従型へ

画像ギャラリーはこちら
ホンダは2021年12月16日(木)、軽No.1人気のスーパーハイトワゴン「N-BOX(エヌボックス)」を一部改良した。ユーザーから要望の強かったオートブレーキホールド付電子制御パーキングブレーキを全車に新搭載するなど、快適性や使い勝手を向上させた。また、初代N-BOXがデビューした2011年12月から10年が経過したことを記念し、軽のNシリーズに新ブランド「N STYLE+(エヌスタイルブラス)」を新設定。第1弾モデルの特別仕様車を発表した。
目次[開く][閉じる]
  1. 渋滞時に役立つ快適機能「オートブレーキホールド付電子制御パーキングブレーキ」を新採用
  2. アダプティブクルーズコントロール(ACC)に待望の渋滞追従機能が追加
  3. ホンダの軽「Nシリーズ」に共通の新ブランド「N STYLE+(エヌスタイルプラス)」がN-BOXからスタート!

渋滞時に役立つ快適機能「オートブレーキホールド付電子制御パーキングブレーキ」を新採用

2017年にフルモデルチェンジし、年間軽No.1人気を維持し続ける2代目「ホンダ N-BOX」が、2021年12月16日(木)に一部改良を実施した。前年の2020年12月25日にはデザイン変更を伴うマイナーチェンジを行なっており、今回はデザイン上の大きな変化はない。

最大の改良点は、オートブレーキホールド付電子制御パーキングブレーキの新採用だ。

電子制御パーキングブレーキは、N-BOXと同じプラットフォームを使用し、2019年夏にフルモデルチェンジした軽ハイトワゴン「N-WGN(エヌワゴン)」や、2020年11月にフルモデルチェンジした「N-ONE(エヌワン)」などで先行採用されていた便利機能。

中でも「オートブレーキホールド」は、停車時にもブレーキを踏み続けなくても、自動的にブレーキを保持するもので、渋滞時などに役立つ快適装備だ。保持している際にアクセルペダルを操作すれば、自動的に解除される。

2020年末のN-BOXマイナーチェンジ時も非搭載で、従来通りの足踏み式パーキングブレーキを継続採用したため、SNSなどでは早期の装着を望む声も多く散見されていた。1年越しにようやくユーザー待望の装備がかなったことになる。

アダプティブクルーズコントロール(ACC)に待望の渋滞追従機能が追加

電子制御パーキングブレーキ採用に伴い、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」の機能である「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」に、渋滞追従機能が追加された。こちらも同様にユーザーの要望が大きかった快適機能だ。

従来型N-BOXのACCは、時速30キロ以上で動作。設定速度で定速走行するほか、車間を維持し先行車に追従走行したり、先行車がいなくなったら設定速度まで加速する機能などを有していた。

今回のN-BOX一部改良により、新型では新たに先行車が停止した場合、自車も自動的に停止する機能が加わった。また先行車が走り出せば、スイッチ操作もしくはアクセルをひと踏みすることで、追従走行を再開する。

このように渋滞追従機能は高速道路などでの渋滞時に非常に有効で、ドライブの負荷も大幅に軽減される。これでますます人気No.1の座も揺るぎないものとなりそうだ。

新型N-BOXシリーズの価格は、144万8700円(消費税込)からとなっている。

ホンダの軽「Nシリーズ」に共通の新ブランド「N STYLE+(エヌスタイルプラス)」がN-BOXからスタート!

2011年12月に初代モデルが登場したホンダ N-BOXは、2021年12月でちょうどデビュー10周年を迎えた。今回、N-BOXをはじめとするホンダの軽「Nシリーズ」に共通の新ブランド「N STYLE+(エヌスタイルプラス)」がスタートする。

まずN-BOXで特別仕様車「N-BOXカスタム STYLE+ BLACK(スタイルプラス ブラック)」を、一部改良と同時に販売を開始する。

STYLE+ BLACKは、N-BOXの上級カスタム仕様「N-BOXカスタム」をベースに、外観にベルリナブラックのアクセントカラーを加飾したモデルだ。フロントグリルやリアライセンスガーニッシュなど各所にブラックが施され、高級感を演出する。さらにN-BOX Custom(カスタム)のエンブレムやアルミホイールも専用ブラック塗装としている。

N-BOXカスタム STYLE+ BLACKの価格は、「L STYLE+ BLACK」が(FF)192万9400円/(4WD)206万2500円、「L・ターボ STYLE+ BLACK」が(FF)205万7000円/(4WD)219万100円となっている[価格は全て消費税込み]。

N STYLE+シリーズは今後、N-WGNやN-ONE、さらに商用車の「N-VAN(エヌバン)」にも随時設定されていく予定となっている。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:Honda]

ホンダ/N-BOX
ホンダ N-BOXカタログを見る
新車価格:
144.7万円234.1万円
中古価格:
23万円268.3万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 名泉鍵湯 奥津荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ N-BOXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-BOXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-BOXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-BOXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-BOXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる