ジムニー納車待ちの人は改良後、改良前どっちになる!? 一部改良実施で気になるユーザーの行方とは!?

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2018年のデビュー以来大ヒットとなっているスズキ ジムニーがこのほど一部改良を実施した。内容としてはオートヘッドライトの標準装備化、そしてATモデルにアイドリングストップ機能を追加するなど時代に即した進化を遂げたワケだ。だが、そこで気になるのが、現在納車待ちとなっているユーザーに関してである。納車されるクルマが改良前、あるいは改良後、どちらになるのだろうか!? 担当者に直撃してみた。
目次[開く][閉じる]
  1. デビューから3年目でもジムニーの納車期間は1年
  2. 安全装備を充実! アイドリングストップの作動条件はジムニーらしさ満点だった
  3. 納車待ちの長期化はなし! 納車されるクルマに状況によって変動
  4. 発表と発売タイミングに1ヶ月の差! そのワケはユーザーのためだった

デビューから3年目でもジムニーの納車期間は1年

スズキ ジムニーの現行モデルがデビューしたのは2018年のこと。じつに20数年ぶりのフルモデルチェンジとなったうえ、昨今では珍しいスクエアなボディ。そして丸目ヘッドライトなどデザイン面でも大注目されている。そのため、納車まで数年間を要するほどで、現在もなお1年程度もかかってしまうのだ。

>>即日納車可能な新型ジムニーが2ヶ月に一度出現!? スズキディーラーマンが語る新型ジムニーのガチな納車時期

安全装備を充実! アイドリングストップの作動条件はジムニーらしさ満点だった

そのジムニーが一部改良を実施。冒頭に述べた通り、オートヘッドライトの標準装備化とAT車にアイドリングストップ機能を加えている。

ちなみにアイドリングストップ機能は2WDモード選択時のみ作動する仕組みとなっている。雪道などの悪路走行時にはアイドリングストップ機能は必要ないという判断のようだ。例えばオフロード走行時にアイドリングストップをしてしまえば、危険が伴うために、さすがは本格クロカンのジムニーといったところである。

>>スズキ ジムニーにも不満の声多数! やっぱり多いのは長すぎる納車期間と車内の狭さがネックに……ジムニー5ドアモデルを切望の声多数【みんなの声を聞いてみた】

納車待ちの長期化はなし! 納車されるクルマに状況によって変動

今回の改良により、ますます納期が長引くのでは? という意見もあるようだが生産体制に変更はないために、それはないと読んでいる。

今回の本題である "現在納車待ちのオーナーはどの仕様になるのか?”という話に関してスズキに問い合わせたところ「ディーラーからそれぞれのユーザーに相談をする」という。

どういうことか? 納車待ちユーザーの中には、すでに生産を終えており、輸送待ち、あるいは輸送中という例もある。その場合は改良前モデルが納車される。一方でこれから生産される個体に関しては、改良後のモデルが納入されるイメージだ。つまりユーザーの状況によって異なるのだった。

発表と発売タイミングに1ヶ月の差! そのワケはユーザーのためだった

ちなみに今回実施されたジムニーの改良モデルは9月16日に発表されているが、実際の販売スタートは1ヶ月後の10月20日を予定している。このタイムラグはすでに発注済みのユーザーへ説明するための期間というのも一つの理由なのである。

AT車へのアイドリングストップ機能の仕様、さらには現在納車待ちユーザーのことも鑑みて発売時期を設定する姿勢はまさにユーザーファーストである。

いましばらくはジムニーの納車期間は長期化されそうであるが、ユーザー思いの姿勢は素直に嬉しい対応である。それだけに今後のジムニーに注目だ!

>>【ジムニー購入勢必見】スズキ ジムニー人気オプション3選。注目はサイが描かれたタイヤカバーにアリ

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

スズキ/ジムニー
スズキ ジムニーカタログを見る
新車価格:
148.5万円190.3万円
中古価格:
20万円390万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ ジムニーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ジムニーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ジムニーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ジムニーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ジムニーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる