東北から九州まで…全国のパトカーがいま都心に大集合! 東京2020オリパラを守る警察車両軍団に注目せよ

画像ギャラリーはこちら
2021年7月23日(金)、東京オリンピック(東京2020)の開会式が1年遅れで行われる。東京オリンピック・パラリンピック競技大会のメイン会場となる東京では、厳重な警備体制が急ピッチで進められている。そんな中、東京で目につくようになったのが、兵庫、熊本、岩手…全国から続々と集結したパトカーだった!

>>東北から九州まで…全国のパトカーが都心に大集合! 東京2020を守る警察車両を写真で見る[画像ギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 全国からパトカーが東京・臨海副都心 有明地区へ大集合!
  2. 東京でのオリンピック開催に向け、警察庁では2014年から準備を開始
  3. 全国から集められた機動隊員はどこで生活している?

全国からパトカーが東京・臨海副都心 有明地区へ大集合!

オリンピック選手村やメディアセンターとなる東京ビッグサイトに近い有明地区に全国からパトカーが集結しているのをご存知だろうか?実はこれはオリンピック警備や交通整理のために集められた機動隊員を乗せたパトカーで、6月末には「入京式」なるものも開催されている。

警視庁 有明仮設待機施設の駐車場に停まっている大量のパトカーを見てみると、兵庫県警、奈良県警、山口県警、長崎県警、大阪府警、和歌山県警、京都府警、佐賀県警、広島県警、熊本県警、鹿児島県警、宮崎県警、高知県警、香川県警など全国のパトカーが勢ぞろいの様相だ。西日本の府警パトカーが多いようだが、なぜだろうか? ここに停まっている東日本のパトカーは岩手県警しか見つけられなかった。

有明地区に西日本エリアのパトカーが多い理由とは

東日本エリアのパトカーはどこか別の場所にいるのか?と思っていたら

「東日本はオリンピックの開催地になっているところが多いから、自分のところの警備で忙しいんでしょ」

と、写真を撮っていた息子から教えられた。

なるほど確かに、オリンピック競技の開催地となっている北海道、宮城県、福島県、茨城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、静岡県の各道県警パトカーは見当たらない。

トヨタ クラウンのパトカー(大排気量のエンジンを積んだ交通機動隊の車両が多く目につく))以外にも、いすゞ・エルガミオの人員輸送車(バス型)や日産 NV350キャラバンの多目的車、トヨタ ランドクルーザー200の覆面?やマイクロバスの三菱ふそう ローザ、日産 シビリアンの姿も見える。この場で数が多く目立っているのは、大阪府警と兵庫県警のパトカーだ。撮影当日、パトロールの予行演習のためか? 福岡県警のパトカーが有明周辺を走り回っている姿に何度も遭遇した。

東京でのオリンピック開催に向け、警察庁では2014年から準備を開始

警察庁の公式サイトには、以下のように記されている。

『オリンピック・パラリンピック競技大会は、世界中から多数のアスリート等が集まり、国際的にも最高度の注目を集めて開催される行事です。我が国に対する国際テロの脅威が継続しており、大会システムへのサイバー攻撃等の発生も懸念されるところ、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会(以下「東京2020大会」という。)の開催に当たっては、競技開催地における警戒警備の徹底はもちろんのこと、ホストタウンや事前キャンプ地を有する地域においても警備対策が必要となります。』

そしてこの警戒警備に関しては、なんと2014年から準備が始まっていた。同サイトには、

『東京2020大会の開催に伴う警察措置の万全を期するため、2014年1月に「2020年オリンピック・パラリンピック競技大会準備室」を設置、2017年7月に「2020年オリンピック・パラリンピック競技大会対策推進室」へと格上げされ、大会の安全に対する脅威及びリスクの分析・評価を行うため「セキュリティ情報センター」を設置するなど、東京2020大会に向けた体制を確保している』などとも書かれている。

また、各府県のパトカーが集結している有明地区では約800名の機動隊員が任務にあたっているとのことだが、有明地区以外にも、各地の競技会場周辺などそれぞれに担当地区があるようで、味の素スタジアム(東京都調布市)では滋賀県警、羽田空港周辺は秋田県警のパトカーが数多く目撃されている。

全国から集められた機動隊員はどこで生活している?

有明地区には各府県で7-8名の機動隊員が一つのチームとなって事前調査なのか?歩いて周辺の道路状況や交通規制などを確認している姿に何度も遭遇した。筆者が最初にここを訪れたのは7月上旬で「入京式」から数日後のタイミングだったが、オリンピック開催が近づいているとはいえ、徒歩で下見?をしている各地の警察官の表情にはまだそれほどの緊張感は感じられなかった。

ところで全国から集められた機動隊員の皆さんはオリンピック開催期間どこで寝起きしているのだろうか?

周辺のホテル?か公共の宿舎?と思いきや、現場で関係者らしき人に聞いてみたところパトカーが大量に停まっている有明の駐車場敷地内にある簡素な作りのプレハブ建物が宿舎になっているとのこと。

ずらっと並んだパトカーの後ろに建てられたプレハブ宿舎は、工事現場などで良く見かける仮設っぽい建物によく似ている。エアコンの室外機が見えるのでエアコンは各部屋にあるのだろう。若手機動隊員が主にここで寝起きしているそうで、幹部は周辺のホテルを利用しているそうだ。

有明以外にも何か所かに分かれて同様のプレハブ宿舎があり、県警ごとに分散して寝起きしている模様。

「テレビもない部屋で1部屋8人が暮らし、就寝中もマスク着用が義務」「800人いるのに洗濯機やシャワーが8つだけ」「食事は毎食、弁当。外食が許されるのは非番の時だけ」などと報道している週刊誌もある。

いよいよ7月19日から大規模な交通規制がスタートする。オリパラ開催期間前後である7月19日~9月5日(8月10~23日は除く)の期間において、選手村や競技会場周辺、関係者の輸送ルートなどでは大規模な交通規制が行われる。パトカー好きにとっては全国各地のパトカーが見られる絶好のチャンスになるかも?

[筆者:加藤 久美子/撮影:加藤 博人]

トヨタ/クラウン
トヨタ クラウンカタログを見る
新車価格:
489.9万円739.3万円
中古価格:
22万円749.8万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
加藤 久美子
筆者加藤 久美子

山口県下関市生まれ 自動車生活ジャーナリスト 大学時代は神奈川トヨタのディーラーで納車引き取りのバイトに明け暮れ、卒業後は日刊自動車新聞社に入社。出版局にて自動車年鑑、輸入車ガイドブック、整備戦略などの編集に携わる。95年よりフリー。2000年に第一子出産後、チャイルドシート指導員資格を取得し、チャイルドシートに関わる正しい情報を発信し続けている。 得意なテーマはオリジナリティのある自動車生活系全般で海外(とくにアメリカと中国)ネタも取材経験豊富。愛車は22年間&26万km超の916アルファスパイダー。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... THE SHINRA 森羅

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ クラウンの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ クラウンのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ クラウンの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ クラウンの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ クラウンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる