レース中止でF1レーサーはいま何してる!? 現役選手参戦でバーチャルレース界隈が大変なことになっていた!

画像ギャラリーはこちら
コロナ禍の中、おうちでバーチャルなzoom呑みが定着しつつある昨今ですが、クルマ好きならこんなのはいかがでしょうか。現役F1パイロットがマジで参加するバーチャルGP観戦です。世界でアツい盛り上がりを見せているeSportsの世界を、レース好き・F1好き女子の自動車ライター、伊藤 梓さんのレポートでお届けします。

>>一度は観に行きたい! 復活が待たれるサーキットの世界を画像で振り返る

目次[開く][閉じる]
  1. おうちだからこそできるクルマの楽しみ
  2. ジェンソン・バトンも参戦する「F1バーチャルGP」の熱き戦い
  3. 日本でも大嶋 和也選手や小林 可夢偉選手らが白熱のバーチャルフォーミュラ戦を

おうちだからこそできるクルマの楽しみ

おうちにいる時間が長い今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか? クルマ好きの私としては、直接クルマに触れる機会が少なくなって寂しく感じる時もありますが、逆に「おうちだからこそできるクルマの楽しみ」も増えている気がします。

特に個人的に熱いのは、ネットで見られるバーチャルレース!

eSportsとして国体の競技にもなったグランツーリスモなど、以前からシミュレーターでのレースは行われているのですが、実車でのレースが延期されている今、実はプロのレーシングドライバーがそのバーチャルレースに積極的に参加しているのです。

ジェンソン・バトンも参戦する「F1バーチャルGP」の熱き戦い

たとえば「F1 eスポーツ・バーチャル・グランプリ(GP)」。

F1の現役ドライバーが多数参加している上に、著名な元F1ドライバーも参加しています。F1 バーチャルGPの第2戦では、現役のシャルル・ルクレール、アレックス・アルボン、ランド・ノリスなどが参加しただけでなく、元F1チャンピオンで昨年までスーパーGTにも参戦していたジェンソン・バトンや、マツダの787Bでルマン24時間レース優勝を果たしたジョニー・ハーバートまで参戦!

今のF1では絶対に見られないドライバー同士の熱いバトルを見ることができて、オンラインで楽しむレースも最高だなと感じました。

F1バーチャルGPは、YouTubeなどで誰でも無料で見られるのですが、日本時間では早朝に開催されることが多いので、ライブ観戦はちょっと大変…(アーカイブは見ることができますが)。また、もちろん全編英語なのですが、それ以上に見る価値があります!

お家にいる時間が長いことを利用して、F1を見ながら英語の勉強をするのもいいかもしれません。

【動画】F1 Virtual Grand Prix! Full Race【FORMULA 1】

第1回「F1 eスポーツ・バーチャル・グランプリ(GP)」[バーレーン]決勝の模様を動画でお届け。

日本でも大嶋 和也選手や小林 可夢偉選手らが白熱のバーチャルフォーミュラ戦を

日本でのレースで言えば、日本のレーシングドライバーも個人で模擬レースを開催することが増えています。先日は、スーパーGTやスーパーフォーミュラに参戦している大嶋和也選手が、ドライバーやアナウンサーを集めて、グランツーリスモで模擬スーパーフォーミュラレースを開催していました。

現役ドライバーからeSportsのスペシャリストまで、様々なメンバーが参加して、レース自体が大混戦になったのも面白かったのですが、選手が手弁当でやっているので、様々な裏側を見られたのも個人的には嬉しかったです。

小林可夢偉選手がレース中もずっとしゃべったりツッこんだり、若手のドライバーが先輩ドライバーに並びかけると、先輩に「分かってるよな?」と言われていたり(もちろん冗談)、普段はチームからの指示でピットに入るところを自分の判断で入らなければならず、タイヤ交換のタイミングを間違ったり、給油しすぎたり…。

真剣なレースあり、爆笑あり、裏話ありで、ドライバーの方々がより身近に感じて、とても親近感を覚える楽しいレースでした。

SUPER FORMULA開幕戦!グランツーリスモで再現してみた [LIVE]【大嶋 和也 公式チャンネル】

レーサーの姿が垣間見れる! レースファンのすそ野が拡がる効果にも期待大

オンライン上での対戦は、ドライバーは自宅などにいることもあって、リラックスした雰囲気があるところが、普段のレースと違って楽しいポイントのひとつだと思います。

もちろんレースは直接現地に行って観戦するのが一番ですが、個人的にはこういったオンラインでのレースの楽しみが広がっていくのも大歓迎です。これからは、バーチャルのクルマとリアルのクルマがもっと密につながるような取り組みが増えていくといいなと思います。

[筆者:伊藤 梓]

>>一度は観に行きたい! 復活が待たれるサーキットの世界を画像で振り返る

【動画】F1 Virtual Grand Prix! Full Race【FORMULA 1】

第2回「F1 eスポーツ・バーチャル・グランプリ(GP)」[オーストラリア]決勝の模様はこちらから。

第3回「F1 eスポーツ・バーチャル・グランプリ(GP)」[中国・上海]決勝の模様はこちらから。

筆者 伊藤 梓(自動車ライター)の記事を読む

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
伊藤 梓
筆者伊藤 梓

グラフィックデザイナー時代にミニカーの商品を担当するようになってから、どっぷりと車に魅了されるように。「こんなに人を惹きつける車というものをもっとたくさんの方に知ってほしい」と、2014年に自動車雑誌の編集者へと転身。2018年に、活動の幅を広げるために独立した。これまでの経験を活かし、自動車関係のライターのほか、イラストレーターとしても活動中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 今宵天空に遊ぶ しょうげつ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる