年末年始に観たくなる、おすすめクルマ映画2019-2020|シュガー・ラッシュ:オンライン

画像ギャラリーはこちら
クルマにまつわる映画は数多くあり、私も好きでよく見るのだが、そこでよく感じるのは男性が主体となっているものが多いということ。もちろんそれはそれで面白いのだが、ここ最近では女性レーサーのF1である『Wシリーズ』が始まったりと、女性ドライバーも増えているので「女性目線のクルマ映画があったらいいなぁ」と思ったりもする。そんな私がおすすめしたいのは『シュガー・ラッシュ:オンライン』だ。

>>年末なので…蔵出し画像も一気にお届け!?[フォトギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 「暴走少女とおじさん」の映画!?
  2. 前作「シュガー・ラッシュ」のあらすじ
  3. “スローターレース”の過激なカーチェイスがたまらない
  4. リアリティあるエンディングがむしろ秀逸
  5. 筆者が2018-2019にオススメしたのは意外な作品!?

「暴走少女とおじさん」の映画!?

『シュガー・ラッシュ:オンライン』は2018年公開された映画だが、公開当時はあるCMのせいでSNSなどでも話題になったので、もしかしたら知っている人もいるかもしれない。

そのCMは、ディズニープリンセスが勢揃いして、『シュガー・ラッシュ:オンライン』の主人公であるヴァネロペを取り囲み、「本当にあなたもプリンセスなの?」とプリンセスらしい質問を投げかけるというもの。しかし私は前作である『シュガーラッシュ』からこの映画シリーズのファンなので、プロモーションの仕方には正直がっかりした。

なぜなら、この映画はディズニープリンセスとはまったく無縁の「暴走少女とおじさん」の話だからだ。

マツダ/ロードスター
マツダ ロードスターカタログを見る
新車価格:
260.1万円333.4万円
中古価格:
25万円414万円

前作「シュガー・ラッシュ」のあらすじ

今回は年末年始に観たい映画ということで、できれば時間のある人は前作の『シュガー・ラッシュ』から観ていただきたい。もし観ていない方のために前作を簡単に説明すると、『シュガー・ラッシュ』は、とある古びたゲームセンターのアーケードゲームの話で、出てくる登場人物は全員アーケードゲームの中のゲームキャラクターだ(ここでは省略するが、パックマンやソニック、ストリートファイターのキャラクターなど実在するゲームキャラもたくさん登場する)。

主人公はレースゲーム“シュガー・ラッシュ”のレーサーであるヴァネロペと、もう一人は“フィックス・イット・フェリックス”(昔のドンキーコングみたいなゲーム)の悪役であるラルフ。悪役でずっと嫌われ者だったラルフが、破天荒でトラブルメーカーの少女ヴァネロペと出会って、無二の親友になっていくという話だ。小さいゲームセンターの中で、アーケードゲームのキャラクターが精一杯生きていることや、ゲームや自分の立場を超えた友情にほっこりしたり感動する映画なのだが、今回紹介する『シュガー・ラッシュ:オンライン』は題名の通り、その小さなゲームセンターを飛び出してインターネットの世界へ行くという話だ。

“スローターレース”の過激なカーチェイスがたまらない

話を最初に戻すと、そのインターネットの世界で、ヴァネロペは“スローターレース”という過激なレースゲームに出会う。そのゲームの女性キャラクターであるシャンクとヴァネロペの超絶カーチェイスシーンがとにかくかっこいいのだ! あまりにかっこよくて、私なんかは涙が出てしまったほど……。自分のレースゲームでは最強だが、まだ広い世界へ出たばかりのヴァネロペ、過激で危険なカーレースの世界で育ってきたクールで大人なシャンク。女性ならどちらにも感情移入できるし、「いずれはシャンクみたいな女性になりたい!」と思う人はきっといるはず(少なくとも私はそう)。

そんなシャンクに出会って、ヴァネロペは今いる小さい世界から出たいと思うようになる。そこで親友のラルフと噛み合わなくなっていくのだが……。前述した超絶かっこいいカーチェイスがありつつも、根幹はやはりこの二人の友情の話だ。インターネットや新しい世界を自由に飛び回ることのできる少女と、いまだに古びたアーゲードゲームが性に合うおじさん。たとえば、お父さんと娘、上司と部下など、自分に近い様々な環境に照らし合わせて観られる映画になっていると思う。

リアリティあるエンディングがむしろ秀逸

実はこの映画の終わり方に「がっかりだった」というコメントも見受けられるが、私は秀逸だったと思う。とてもリアリティ溢れるエンディングで、ディズニーにありがちな「全員がハッピーエンド」で終わらないとことがとても良かった。

特に自分のやりたいことをしっかり持っている女性や自立したいと思っている人には是非観てもらいたいし、あるいは娘にクルマ好きになってほしいお父さんなどにも最適な映画……かもしれない。

家族で観るのもおすすめだし、大人がひとりで観ても楽しめる映画だと思うので、ぜひこの結末は自分の目で確かめてみてください!

筆者が2018-2019にオススメしたのは意外な作品!?

前回おすすめしたのは、意外なことに!?アニメ映画。不思議に思われるかもしれないが、アニメでもクルマが扱われている作品が多いことはご存知だろうか。

『クライマックスシーンは是非皆さんの目で確かめてほしい』という意外な作品とは・・・続きはこちらから。

[筆者:伊藤 梓]

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ
この記事の画像ギャラリーはこちら
伊藤 梓
筆者伊藤 梓

グラフィックデザイナー時代にミニカーの商品を担当するようになってから、どっぷりと車に魅了されるように。「こんなに人を惹きつける車というものをもっとたくさんの方に知ってほしい」と、2014年に自動車雑誌の編集者へと転身。2018年に、活動の幅を広げるために独立した。これまでの経験を活かし、自動車関係のライターのほか、イラストレーターとしても活動中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる