ホンダの大ヒット軽がマイナーチェンジ! 新型N-BOXはどこがどう新しくなった!?

画像ギャラリーはこちら
2020年12月24日(木)、ホンダは人気軽自動車「N-BOX(エヌボックス)」のマイナーチェンジを実施した。2代目N-BOXは、2017年の登場以来ほぼ毎月軽自動車の販売台数No.1を記録し続けるダントツの人気モデルだが、デビュー3年で初の大規模マイナーチェンジによってどこが新しくなったのか。詳しく解説する。

ホンダ 新型N-BOXの内外装を写真で詳しく見てみる[画像100枚超!]

目次[開く][閉じる]
  1. 快進撃が続くホンダ N-BOXがさらに王道のマイナーチェンジ
  2. N-BOXカスタムのデザインをさらに差別化
  3. 機能向上したHonda SENSING(ホンダセンシング)が唯一アップデートできなかった点とは

快進撃が続くホンダ N-BOXがさらに王道のマイナーチェンジ

初代デビューから約9年で累計180万台を販売した大ヒット作

ホンダ N-BOXは、2011年12月に初代が発売されるや、瞬く間に人気のモデルとなった。2017年9月のフルモデルチェンジ実施後も快進撃は続き、軽四輪車で5年連続販売台数1位を記録。2020年6月には歴代N-BOXシリーズ累計で180万台もの販売台数を達成するなど、圧倒的な支持を集めている。

N-BOXは、限られた軽自動車規格のボディサイズの中で室内空間を最大化し、後席両側にスライドドアを備え実用性も高めた「軽スーパーハイトワゴン」のカテゴリーに属する。ダイハツ タントやスズキ スペーシア、日産 ルークスなど他社のライバル車も多く、いま最も注目される激戦区の中心に位置する1台だ。

軽スーパーハイトワゴンの中でN-BOXのアドバンテージはどこ!?

軽スーパーハイトワゴンの室内空間の広さは、N-BOXも他社モデルもほぼ横並び状態にある。その中でN-BOXのアドバンテージは、老若男女問わず支持を集めるシンプルでクリーンな内外装デザインや、実用域での動力性能の高さにある。セカンドカー需要が中心だった従来の軽自動車の枠組みも超え、ファミリー層などのファーストカー需要も取り込むことに成功。大きな飛躍につながった。

今回のN-BOXマイナーチェンジでは、これまで支持を集め続ける人気のポイントはそのままに、デザインの小変更を実施。カラーコーディネートを図ったお洒落な新パッケージを設定したほか、先進安全運転支援システムHonda SENSING(ホンダセンシング)の仕様向上を図るなど、地道な改善を行っている。

ここからはその詳細について、さらに解説していこう。

N-BOXカスタムのデザインをさらに差別化

ちょっとおとなしかった!? 2代目N-BOXカスタムにさらなる存在感を付与

2代目N-BOXは、今もなお売れに売れているモデル。それだけにデザインを変更したといっても最小限。特にベースモデルのN-BOXに対し、N-BOXカスタムの差別化をさらに明確にしたのが注目すべきポイントだ。

N-BOXのデザインについては、親しみやすい印象の基本路線はそのままに、背の高さを中和するように、見た目の安定感を上質感と共に付与した。

いっぽうN-BOXカスタムについては、2代目のモデルチェンジ時にユーザーから「ややおとなしくなった」との指摘も多かったことから、より高級感や存在感を増すデザインとした。バンパー下部右寄りにオフセットしていたナンバープレートの配置についても、バンパー中央部に移設。これもユーザーから指摘されていた、数少ない改善要請だったという。

ツートンカラー車はトータルコディネートで差別化

ルーフ部を別色で塗り分ける2トーンカラーはこれまでのモデルでも用意されていたが、今回のマイナーチェンジではさらに内外装を含めたトータルコーディネートを実施。「コーディネートスタイル」としてパッケージオプションの設定とした。

N-BOXは、ルーフカラーをブラウンに統一。メッキドアハンドルやディッシュホイールでお洒落にキメた。インテリアも専用のダークブラウン内装とブラウン色調のシート表皮を組みわせる。

カラーはプラチナホワイト・パール、ピーチブロッサム・パール、プレミアムアイボリー・パールIIが設定される。

N-BOXカスタムはダークメッキ加飾の専用アルミホイールでシブく仕立てた。インテリアはブラック内装にマルチボルドーの塗装加飾が加わり、ホンダの軽初採用となるフル合皮シートと合わせ華やかな印象だ。

ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー/プラチナホワイト・パール&ブラック/プレミアムクリスタルレッド・メタリック&ブラックの3タイプが用意される。

機能向上したHonda SENSING(ホンダセンシング)が唯一アップデートできなかった点とは

2代目N-BOX登場時から装備されていた先進安全運転支援システムのHonda SENSING(ホンダセンシング)は、さらにアップグレードされた。高速道路の速度規制が一部区間引き上げられたことを受け、アダプティブクルーズコントロール(ACC)や車線維持支援システム(LKAS)、標識認識機能などを120km/hまで対応。また後方センサーを増やし、パーキングセンサーシステムを追加した。

さらにリア席の荷物置き忘れなどを注意喚起するリアシートリマインダーのメーター表示機能も新たに設置された。

このほか、CVT制御の改善や低振動・低騒音化を実施したほか、ターボエンジンの環境性能も向上させた。

唯一にして最大の残念ポイントは電子制御パーキングブレーキの非採用

しかし今回のホンダ N-BOXマイナーチェンジで唯一にして最大の残念ポイントがある。それは、N-WGNやN-ONEには搭載されている電子制御パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能が採用されなかったことだ。これに伴い、アダプティブクルーズコントロール(ACC)での自動停止を含んだ渋滞追従機能も、今回のマイナーチェンジでは追加されなかった。

人気No.1の激売れモデルとはいえ、マイナーチェンジでは搭載が間に合わなかったとホンダでは説明する。そこで開発関係者に取材したところ、今後の追加採用にはまだ含みを持たせており、更なる改良には引き続き期待しても良さそうだ。

このポイント以外、全てにおいて盤石な体制を整えた新型N-BOX。軽No.1記録の更新はまだまだ続くことだろう。そればかりか、N-BOXシリーズ累計販売200万台達成も2021年早々にも実現しそうな勢いだ。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

ホンダ/N-BOX
ホンダ N-BOXカタログを見る
新車価格:
142.9万円223.3万円
中古価格:
24万円15,915.9万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 名泉鍵湯 奥津荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ N-BOXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-BOXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-BOXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-BOXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-BOXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる