どこが変わった!? ホンダ N-BOXがマイチェン! 日本一売れてる軽の変更点を写真でサクッとチェック!

画像ギャラリーはこちら
2017年8月のデビュー以来、年間の軽自動車販売ランキング1位を常に守り続けるテッパン人気のホンダ N-BOXが、2020年12月に大規模なマイナーチェンジを実施する。正式デビューを前にして、早くも姿を現した新型はどこが進化したのか。今回はデザインを中心にチェックしてみよう。

日本一の軽! ホンダ 新型N-BOXを写真でサクッと見てみる[画像50枚]

2020年12月の正式デビューに先立ち新デザインを公開

2018年度(2018年4月~2019年3月)に約24万台、2019年度(2019年4月~2020年3月)に25万台近くを販売するなど、常に年間ランキング1位の販売記録を維持し続ける大人気の軽自動車「ホンダ N-BOX」。2017年8月末にデビューした現行型(2代目)では初となる、大規模なマイナーチェンジを2020年12月24日に実施する。

これに先立ち、11月20日には早くも公式の先行情報サイトがスタートし、新型N-BOXのデザインが公開された。今回はマイナーチェンジを予定する新型N-BOX(以下「20年12月モデル」)について、2017年登場の従来型N-BOX(以下「17年8月モデル」)とのデザインの違いを中心に解説していく。

新旧N-BOX、その違いがわかるかな!?

まずはベーシックな「N-BOX」のフロントマスクからチェックしてみよう。

全高が1800mm近いスーパーハイトワゴンのN-BOXは、室内の広大さが外からも想像しやすいが、ひょろっと背が高いことを気にする方もいるかもしれない。

20年12月モデルでは、グリル内にある横方向のメッキバーをホンダマークの位置にさげ、さらにバンパーの開口部にも細い横方向のパーを追加。17年8月モデルと見比べても、全体の大まかな形状は変わっていないが、視覚的な効果で安定感がちょっぴり増したように感じられる。さらに20年12月モデルでは、メッキ加飾の面積も増え質感も向上と、なかなかワザありなリニューアルとなっているのだ。

新旧のN-BOXカスタムで大きく変わった意外なポイントとは

続いて「N-BOXカスタム」のマイナーチェンジだが、こちらはノーマルモデルに比べると明確にデザインが変更されていることがわかるはずだ。

20年12月モデルでは、左右方向にヘッドライトまで貫くウィング状の太いメッキグリルが立体感をアップさせた。ライト下部にも左右に支えるような形状のメッキバーが加わり、さらにワイド感を強めた。またバンパー下部にはコの字型のメッキが加えられたことで、ノーマルモデル同様に見た目の安定感も増している。

しかし何より大きな変化点は…ナンバープレートがセンターに移動していること!

規格で全長が定められ、エンジン回りのスペースも極めて限られている軽自動車の場合、少ない空間で冷却効率も考えて開口部を確保しなくてはならない。これがなかなか困難だったようで、17年8月モデルではナンバーが左へちょっとズラして装着している。ちょっとした違いのように見えて、なかなか手の込んだリニューアルなのだ。

N-BOX カスタムの内装コーディネートがちょっぴりリニューアル

今回のN-BOXマイナーチェンジに伴い、インテリアについても一部モデルで変更が加えられる。正式発表前のため詳細はまだ明らかにされていないが、公式WebサイトによるとN-BOXカスタムのインテリアコーディネートが変更されるようだ。

17年8月モデルは、ブラック基調にバーガンディ(濃いワイン色)のアクセントカラーがシートやドアパネル、インパネなど随所にあしらわれていたが、20年12月モデルは全体にブラックのモノトーンで統一され、シックなコーディネートとなっている。

詳しくは新旧の写真でも比較して欲しい。

オシャレ系コーデのパッケージ仕様も登場

このほか20年12月モデルでは、洒落た内外装の組み合わせの組み合わせによる“コーディネートスタイル”というパッケージ仕様が追加となる。マイナーチェンジ前にも“カッパーブラウンスタイル”という名で、内外装をカッパーブラウンでコーディネートした特別仕様車が用意されたことがあり、その発展形といえそうだ。

今回はノーマルとN-BOXカスタムそれぞれに、両車の個性を際立たせる仕様が揃っている。街で目にする機会も多いN-BOXだけに、差別化を図る新たな選択肢が増えたことを喜ぶ声は大きいだろう。

11月20日時点では、主にデザイン面のリニューアルが先行公開された新型N-BOX。12月24日の正式発表時には、価格や新グレード体系、先進運転支援技術ホンダセンシングの仕様向上などの詳細も明らかになる。1か月後のクリスマスイブを楽しみに待とう!

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)/撮影:Honda]

ホンダ/N-BOX
ホンダ N-BOXカタログを見る
新車価格:
142.9万円223.3万円
中古価格:
19.8万円1,702.6万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわ湖花街道

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ N-BOXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-BOXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-BOXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-BOXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-BOXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる