ホンダ 新型インサイトを写真でチェック! ホンダが考える今の時代に合わせたハイブリッドとは?

  • 筆者: オートックワン 編集部
  • カメラマン:小林岳夫・和田清志

インサイトはホンダハイブリッドの牽引役

1999年の発売当時、ガソリン量産車では世界最高となる35.0km/L(10・15モード)という低燃費を記録した、近未来的な3ドアハッチバックの初代インサイト。そして、全長を延長し5ドアハッチバックとなって再登場することになる2代目インサイトは、ベースグレードなら200万円を切るという低価格を実現しました。

そして2018年12月14日、先行して発売されていた北米に続き日本での発売が開始。これまで燃費性能に有利なコンパクトカーから、シビックセダンをベースにした上質な中型セダンに生まれ変わりました。

価格は326万1600円からとなり、ベースとなるシビックと比較すると割高に感じてしまうかもしれません。また、低価格が大きな魅力だった2代目から見ると、さらに高くなってしまったように感じるでしょう。

しかし、インサイトのテーマは常に時代に合った最良のハイブリッドモデル。今回の新型インサイトは、従来モデルとは全く違う上質なミドルクラスセダンであるとすれば、少々高めな価格設定も納得できるのではないでしょうか。

>>上質なセダンへと変貌した新型インサイトの画像をもっと見る

>>新型インサイトの魅力とは!? 解説記事はコチラ

さらに進化したハイブリッドシステムを搭載

新型インサイトに搭載されるハイブリッドシステムは、発電用と駆動用2つのモーターを備える「i-MMD」。ホンダのスポーツハイブリッドの中でも評価の高いこのシステムは、エンジンを発電だけに使い、その電気で走る“シリーズハイブリッド”と、エンジンと電力の両方を併用して走る“パラレルハイブリッド”という2つの異なるハイブリッドシステムの“いいとこどり”とも言える特徴を持っています。

さらに、エンジンを始動させず、モーターのみで発進するEV走行も可能。走行条件に併せて最も効率の良い組み合わせを自動、且つシームレスに切り替えてくれます。

既にアコードやオデッセイなどにも用いられているシステムですが、新型インサイトのJC08モード燃費は31.4~34.2km/L、WLTCモードで25.6~28.4km/L。

小型化されたネオジム磁石を使ったモーターやPCU(パワー・コントロール・ユニット)に、最大熱効率に優れた1.5リッター アトキンソンサイクルエンジンを組み合わせ、ホンダのハイブリッドをけん引してきたインサイトらしい環境性能と言えるでしょう。

シビックとは一線を画す上質なデザイン

日本仕様専用のデザインを採用、フロントグリルは刀身をイメージ

シビックセダンをベースとする新型インサイトですが、前後の意匠やホイールなどはインサイト専用となり、走りをイメージさせるシビックセダンとは大きく印象が異なります。

日本専売のデザインとして、刀身をイメージしたというクロームメッキのフロントグリルに加え、ルナシルバー・メタリックをメインカラーとして、シビックよりも上質で落ち着いた大人のセダンらしく、シックで質感の高い装いです。

先進性と高い質感を兼ね備えたインテリア

インテリアに関しても、ベースとなるシビックセダンと共通ですが、8インチの大型センターモニターを全グレード標準装備し、リアルステッチのソフトパッドやエレクトリックギアセレクターを採用した専用センターコンソールなど、上質なハイブリッドセダンらしい作りになっています。

また、新型インサイトでは、リヤシート下にIPU(インテリジェント・パワー・ユニット)を搭載することにより、6:4分割可倒式リアシートと広く使い勝手のいいラゲッジスペースを確保。さらに大人4人が乗ってもゆとりのある広い室内を実現しています。

先進の安全運転支援システムを標準装備

時代の最先端を行くハイブリッドカーである新型インサイトは、ホンダが誇る先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を全車標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせ、衝突軽減ブレーキ(CMBS)や歩行者事故低減ステアリング、誤発進抑制機能など、10の安全運転支援システムを備えています。

[筆者:オートックワン編集部 / 撮影:小林岳夫・和田清志]

ホンダ 新型インサイトの主要スペック

ホンダ 新型インサイトの主要スペック
価格(消費税込)LX:3,261,600円
EX:3,499,200円
EX・BLACK STYLE:3,628,800円
全長×全幅×全高4675×1820×1410mm
ホイールベース2700mm
車両重量LX:1370kg
EX/EX・BLACK STYLE:1390kg
乗車定員5人
エンジン1.5リッター直列4気筒DOHC
排気量1496cc
エンジン最高出力80kW(109ps)/6000rpm
エンジン最大トルク134N・m(13.7kgm)/5000rpm
モーター最高出力96kw(131ps)/4000-8000rpm
モーター最大トルク267N・m(27.2kgm)/0-3000rpm
駆動方式FF
トランスミッション電気式無段変速機
JC08モード燃費EX/EX・BLACK STYLE :31.4km/L
LX:34.2km/L
WLTCモード燃費EX/EX・BLACK STYLE :25.6km/L
LX:28.4km/L
WLTC市街地モード燃費EX/EX・BLACK STYLE :22.8km/L
LX:25.8km/L
WLTC郊外モード燃費EX/EX・BLACK STYLE :27.1km/L
LX:29.7km/L
WLTC高速モード燃費EX/EX・BLACK STYLE :26.2km/L
LX:28.8km/L
タイヤサイズEX/EX・BLACK STYLE :215/50R17 91V
LX:215/55R16 93V/L
ホンダ/インサイト
ホンダ インサイトカタログを見る
新車価格:
335.5万円372.9万円
中古価格:
15万円389.8万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者オートックワン 編集部
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルふたりこもれ陽
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ インサイトの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ インサイトのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ インサイトの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ インサイトの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ インサイトのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる