【DESIGNER’S ROOM】ホンダ 3代目 新型「フィット」デザイナーインタビュー/本田技術研究所 南俊叙(1/3)

【DESIGNER’S ROOM】ホンダ 3代目 新型「フィット」デザイナーインタビュー/本田技術研究所 南俊叙
【DESIGNER’S ROOM】ホンダ 3代目 新型「フィット」デザイナーインタビュー/本田技術研究所 四輪R&Dセンター デザイン室 グローバル・クリエイティブ・ダイレクター 南俊叙 【DESIGNER’S ROOM】ホンダ 3代目 新型「フィット」デザイナーインタビュー/本田技術研究所 四輪R&Dセンター デザイン室 グローバル・クリエイティブ・ダイレクター 南俊叙 【DESIGNER’S ROOM】ホンダ 3代目 新型「フィット」デザイナーインタビュー/本田技術研究所 四輪R&Dセンター デザイン室 グローバル・クリエイティブ・ダイレクター 南俊叙 【DESIGNER’S ROOM】ホンダ 3代目 新型「フィット」デザイナーインタビュー/本田技術研究所 四輪R&Dセンター デザイン室 グローバル・クリエイティブ・ダイレクター 南俊叙 画像ギャラリーはこちら

新しいフィットから、ホンダのデザインが変わっていく

ホンダ 3代目 新型 フィット[2013年9月デビュー予定]

7月上旬。北海道にあるホンダのテストコース。そこで初めて出会った次期「フィット」のカタチは、明らかに、ここ最近のホンダ車とは一線を画していた。まぎれもないフィットに見えつつ、元気や活気にあふれている。そしてプレゼンテーションでは、わざわざデザインに時間を割いて、念入りに説明を行った。新しいフィットから、ホンダのデザインが変わっていくというメッセージが伝わってきた。

そこでホンダの四輪エクステリアデザインのまとめ役である本田技術研究所 四輪R&Dセンター デザイン室 グローバル・クリエイティブ・ダイレクターの南 俊叙氏に、北の大地で想いを伺った。

キーワードは「エキサイティング ”H”デザイン」

【DESIGNER’S ROOM】ホンダ 3代目 新型「フィット」デザイナーインタビュー/本田技術研究所 四輪R&Dセンター デザイン室 グローバル・クリエイティブ・ダイレクター 南俊叙

オートックワン(以下AO):次期フィットは、ホンダのデザイン部門が新体制になって初めて送り出す市販車になるそうですが。 

ホンダ 南 俊叙氏(以下M):2年前、それまでは役員会などに掛けて決めていた4輪車のデザインを、社長とデザイン部門のトップで決める方法に変えました。そこでインテリアを統括する朝日 嘉徳とエクステリア統括の私が、「グローバル・クリエイティブ・ダイレクター」に任命され、決定権を任されたのです。

といっても、デザイン室そのものはいままでどおり、ホンダならではの「ワイガヤ」の雰囲気で進めています。「ワイガヤ」から生まれたアイディアをストレートにプロダクトにするために、プロセスを変えたのです。

AO:新しいメッセージも作りました。 

M:伊東社長と話した際に、どんな方向を目指すかが議論になりました。社長からは「カッコいいデザインを作ってくれ」と言われたんですが、こちらとしては、いままでもカッコいいクルマは手掛けてきたと自負しているわけです。そこで2人で「ホンダらしい目標は何か」を考えているうちに、「エキサイティング」という言葉が出てきました。ここから「エキサイティングHデザイン」というフレーズが生まれたのです。

[次ページへ続く]

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
森口 将之
筆者森口 将之

1962年東京都生まれ。モータージャーナリスト&モビリティジャーナリスト。自動車専門誌の編集部を経て1993年フリーに。各種雑誌、インターネット、ラジオなどのメディアで活動。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。グッドデザイン賞審査委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ホンダ フィットハイブリッドの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットハイブリッドのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットハイブリッドの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットハイブリッドの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットハイブリッドのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる