燃費、走り、安全性能、全てが進化した「ホンダ 新型アコードハイブリッド」【徹底解説】(1/3)

燃費、走り、安全性能、全てが進化した「ホンダ 新型アコードハイブリッド」【徹底解説】
ホンダ アコード ハイブリッド(EX) ホンダ アコード ハイブリッド(EX) ホンダ アコード ハイブリッド(EX) ホンダ アコード ハイブリッド(EX) 画像ギャラリーはこちら

ハイブリッドのラインナップを豊富に揃えているホンダ

ハイブリッドの車種数が多いのはトヨタだが、ハイブリッドシステムのバリエーションの豊富さについてはホンダに軍配が上がる。

1.5リッターエンジンをベースにしたコンパクトカークラスだけをみても、CVTを組み合わせた「フリードハイブリッド」、2組のクラッチを備える7速DCTを搭載した「フィットハイブリッド」「ヴェゼルハイブリッド」とトランスミッションが異なり、さらにフィットハイブリッドはアトキンソンサイクル、ヴェゼルハイブリッドは直噴式とエンジンそのものも異なる。

「CR-Z」では、動力性能を高めるプラススポーツシステムが設けられ、6速MTも選択可能となっている。

最上級車種のレジェンドは、V型6気筒の3.5リッターエンジンをベースに前輪側は1個、後輪側には2個のモーターを左右に配置する。走行状態に応じて合計3つのモーターを使い分け、後輪側は2個のモーターの駆動力を調節することで旋回性能が高まるように工夫されている。

2013年の発売時、すでに燃費が「30km/L」に到達していたアコード

ホンダ アコードハイブリッド(2013年に撮影)

そしてホンダのハイブリッドといえば、アコードのハイブリッドシステムについても注目したい。

2013年6月に発売された現行アコードでは、直列4気筒の2リッターエンジンに発電用と駆動用のモーターを備え、エンジンは主に発電用モーターの作動に使われる。エンジンがホイールを直接駆動するのは高速巡航時のみで、通常はモーター駆動で走る仕組みだ。

となれば、エンジンは常に効率の良い運転が行えるため、車両重量が1,600kgを超えるLサイズセダンでありながら、JC08モード燃費は発売当初から30km/Lに達していた。

そしてアコードは、2016年5月26日に大幅なマイナーチェンジを実施して機能を幅広く向上させた。今回は、そんなアコードについて解説しよう。

(※充電機能を備えたアコードプラグインハイブリッドはリース専用車として用意されていたが、2016年3月に販売を終えている)

マイチェンでさらに進化した「i-MMD ハイブリッドシステム」

2.0L DOHC i-VTECエンジン2モーター

マイナーチェンジを受けたアコードで最も注目されるのは、i-MMDと呼ばれるハイブリッドシステムをさらに進化させたことだ。

主に発電機の駆動を行うアトキンソンサイクルの直列4気筒2リッターエンジンは、最高出力が107kW/145馬力(6200回転)、最大トルクは175N・m/17.8kg-m(4000回転)になった。従来型は105kW/143馬力(6200回転)、165N・m/16.8kg-m(3500~6000回転)だから、効率が少し高められている。

モーターは設計を一新。従来の丸型銅線から角型銅線に変更して、コイルの巻線を高密度化している。この変更でモーターの最高出力は従来の124kW(169馬力)から135kW(184馬力)に、最大トルクは従来型の307N・m(31.3kg-m)から315N・m(32.1kg-m)に、それぞれ引き上げられた。

システム最高出力(エンジンとバッテリーを含めたハイブリッド全体の最高出力)は、従来型が146kW(199馬力)、マイナーチェンジ後は158kW(215馬力)になる。駆動用電池は従来と同じくリチウムイオンで容量も1.3kWhと変わらないが、電池自体は一新して小型&軽量化が図られた。以上の変更により、車両重量が軽くなっている。

従来型はLXが1620kg、EXは1630kgだったが、マイナーチェンジ後は1580kg/1600kgだ。30~40kgの軽量化を達成した。

JC08モード燃費も向上。従来型は両グレードとも前述の「30km/L」だったが、マイナーチェンジ後はLXが「31.6km/L」になった。EXは「30km/L」で変わらないが、新たに設定された18インチタイヤ(235/45R18)を装着する。EXはグリップ性能を高めた上で、燃費数値の悪化を抑えた。

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ アコードハイブリッドの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ アコードハイブリッドのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ アコードハイブリッドの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ アコードハイブリッドの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ アコードハイブリッドのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる