autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 欧州指向のエコロジーと骨太な運転感覚を両立させた先進のクリーンディーゼルターボ搭載の3車を徹底比較

3台比較 2012/7/31 16:34

欧州指向のエコロジーと骨太な運転感覚を両立させた先進のクリーンディーゼルターボ搭載の3車を徹底比較(1/4)

欧州指向のエコロジーと骨太な運転感覚を両立させた先進のクリーンディーゼルターボ搭載の3車を徹底比較

オジサン世代にとっては懐かしく、若い人達には新鮮味を感じさせる魅力のディーゼルSUVを比較試乗

欧州指向のエコロジーと骨太な運転感覚を両立させた先進のクリーンディーゼルターボ搭載の3車を徹底比較

1980年代から90年代には、パジェロやランドクルーザーといったSUVが好調に売れた。その主力エンジンとして人気を得ていたのがディーゼルターボだ。

当時は1リッター当たりの燃料単価も軽油はガソリンに比べて大幅に安かった。レギュラーガソリンが125円前後の時期に、軽油は85円くらい。さらに同じグレード同士で比べてディーゼルはガソリンよりも燃費性能が15~20%は上まわったから、ディーゼルを選べば燃料代を50~60%に抑えられた。

97年に登場した初代エルグランドなどのミニバンでも、ディーゼルが好調に売れた。ところが2002年に「自動車NOx(PM法)」の規制が開始される。先代ランドクルーザープラドは、同じ年にディーゼルを用意してフルモデルチェンジされながら、規制地域の8都府県で登録できるのはガソリンのみになった。

この段階から一気にディーゼル搭載車は廃れて新規投入が行われなくなったが、2008年9月、現行エクストレイルが「ポスト新長期規制」に適合したクリーンディーゼルターボの20GTを追加設定。翌月には現行パジェロが「新長期規制」に適合したディーゼルターボを加える。

そして2012年にCX-5がラインナップされた。いずれの車種も低回転域の得意なディーゼルエンジンにターボを装着して、実用回転域の駆動力が高い。2~2.2リッターのCX-5やエクストレイルでも、3.5~4リッターのガソリンエンジンに匹敵する最大トルクを2000回転で発揮する。

一方、車種ごとの持ち味は3車それぞれ。パジェロは生粋のオフロードSUV、CX-5とエクストレイルは舗装路も得意なシティ派だ。

若い人達には新鮮なクリーンディーゼルターボだが、欧州では環境性能の優れたエンジンとして定着している。運転感覚を含め、この3車を多角的に比べたい。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

マツダ CX-5 の関連編集記事

マツダ CX-5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-5 の関連編集記事をもっと見る

マツダ CX-5 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR