欧州指向のエコロジーと骨太な運転感覚を両立させた先進のクリーンディーゼルターボ搭載の3車を徹底比較(1/4)

欧州指向のエコロジーと骨太な運転感覚を両立させた先進のクリーンディーゼルターボ搭載の3車を徹底比較
マツダ CX-5 スカイアクティブD マツダ CX-5 スカイアクティブD マツダ CX-5 スカイアクティブD マツダ CX-5 スカイアクティブD 画像ギャラリーはこちら

オジサン世代にとっては懐かしく、若い人達には新鮮味を感じさせる魅力のディーゼルSUVを比較試乗

欧州指向のエコロジーと骨太な運転感覚を両立させた先進のクリーンディーゼルターボ搭載の3車を徹底比較

1980年代から90年代には、パジェロやランドクルーザーといったSUVが好調に売れた。その主力エンジンとして人気を得ていたのがディーゼルターボだ。

当時は1リッター当たりの燃料単価も軽油はガソリンに比べて大幅に安かった。レギュラーガソリンが125円前後の時期に、軽油は85円くらい。さらに同じグレード同士で比べてディーゼルはガソリンよりも燃費性能が15~20%は上まわったから、ディーゼルを選べば燃料代を50~60%に抑えられた。

97年に登場した初代エルグランドなどのミニバンでも、ディーゼルが好調に売れた。ところが2002年に「自動車NOx(PM法)」の規制が開始される。先代ランドクルーザープラドは、同じ年にディーゼルを用意してフルモデルチェンジされながら、規制地域の8都府県で登録できるのはガソリンのみになった。

この段階から一気にディーゼル搭載車は廃れて新規投入が行われなくなったが、2008年9月、現行エクストレイルが「ポスト新長期規制」に適合したクリーンディーゼルターボの20GTを追加設定。翌月には現行パジェロが「新長期規制」に適合したディーゼルターボを加える。

そして2012年にCX-5がラインナップされた。いずれの車種も低回転域の得意なディーゼルエンジンにターボを装着して、実用回転域の駆動力が高い。2~2.2リッターのCX-5やエクストレイルでも、3.5~4リッターのガソリンエンジンに匹敵する最大トルクを2000回転で発揮する。

一方、車種ごとの持ち味は3車それぞれ。パジェロは生粋のオフロードSUV、CX-5とエクストレイルは舗装路も得意なシティ派だ。

若い人達には新鮮なクリーンディーゼルターボだが、欧州では環境性能の優れたエンジンとして定着している。運転感覚を含め、この3車を多角的に比べたい。

1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる