BMW 新型8シリーズクーペ 公道試乗|最上級スポーツクーペの魅力に迫る(1/2)

BMW最高峰のスペシャルモデル、新型8シリーズの仕上がりとは

従来の6シリーズに代わって、新たにBMWのスペシャルティモデルの最高峰に据えられたのが8シリーズである。先に登場したのは、今回テストしたクーペ。すでにコンバーチブルも発表済みのほか、そう遠くない時期のグランクーペの追加、そしてM8の登場も予告済みだ。

もっとも、この“6シリーズに代わって”という言い方を、当のBMWは嬉しく思っていない。彼らにとっては車名に“8”のつくモデルは、あくまで特別な存在なのだ。確かに振り返れば、1990年デビューのE31型 8シリーズにしても、Z8やi8にしても、只者ではないものばかりなのは確かである。

さて、それでは新型8シリーズは、こうしたレジェンド達に肩を並べるようなスペシャルな存在に仕上がっているのだろうか?

>>スタイリッシュでカッコいい! 新型8シリーズクーペの内外装を画像で見る[30枚]

今回は、M850i xDriveクーペを試す

今回の試乗車は現時点では新型8シリーズ唯一のラインナップとなるM850i xDriveクーペ。まず少なくともその見た目に於いては、誰も異論を唱えることはないはずだ。

そのクーペフォルムは非常にアグレッシヴで、これまでのBMWの枠の中に収まらない大胆な仕上がりだ。実は4855mmの全長は従来の6シリーズ クーペより短いのだが、言われなければそれに気づく人は少ないに違いない。

“知的さ”を感じられる顔は既存ファンにどう響くのか

鋭い目つきのヘッドライト、左右が連結されたワイドなキドニーグリルといったディテールも、やはり新しい文脈を切り拓くものだが、一方で、誰が見てもすぐにBMWと解るアイデンティティがやや希薄になっている感も否定はできない。

新しいファンにどれだけアピールするのか、従来からのファンにとって、これが一体どう映るのかは、とても気になるポイントであり、その成否を左右することになるだろう。

内装の雰囲気は上々、だが後席は…

それに比べれば、大型のセンターコンソールが中央に構えるインテリアは安心感があるが、その中身はやはりあくまで斬新。フルデジタルのメーターパネルと大型タッチスクリーンを用いたBMWライブコクピット・プロフェッショナルは、地図表示、運転支援装備の動作状況といった現代のクルマには欠かせない多くの情報を整理されたレイアウトで伝えてくる。

ヘッドアップディスプレイも非常にワイド、そしてクリアな画面で識別性は抜群だ。クリスタルのシフトノブも、それだけ見れば不似合いな気がするが、この先進性を味わったあとでは悪くないなと思えてくる。

試乗車はBMWインディヴィジュアルのオプションであるバイカラーのレザーインテリアが備わっていた。雰囲気は上々。前席のマルチファンクションシートは低い着座位置と心地良いホールド感で、腰を下ろした瞬間からラグジュアリーかつスポーティな雰囲気に浸らせてくれた。

一方、後席は成人男性には快適な空間とは言い難い。足元は狭いし頭上はルーフに接近している。ヘッドレストは無いわけではないが役に立たないという具合で、応急用としてならいいが、そういうニーズが少なからずある人は、グランクーペを待った方が良さそうだ。

ラゲッジスペースも、容量こそ420Lと決して小さくはないのだが、左右幅はそれほど無く、開口部も小さい。試してはいないが、ゴルフバッグを積み込むのは相当難しいのではないだろうか? どうやらこの新型8シリーズは、後席だ荷物だという日常のことを考えなくていい人のクルマのようである。

>>さすがBMW! “病みつき”にさせてくれる走りとは[次ページ]

1 2 次へ

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
島下 泰久
筆者島下 泰久

記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ぎおん畑中

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

BMW 8シリーズの最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW 8シリーズのカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW 8シリーズの中古車検索 BMWの記事一覧 BMW 8シリーズの記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW 8シリーズのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる