ドイツ最高級サルーン対決! BMW 7シリーズ vs Audi A8 クールなオトナに似合うのはどっちだ!?

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
ドイツ製の最高級サルーンと言えば…定番のスリーポインテッドスターももちろんステキですが、こちらも見逃せません。BMW 7シリーズと、アウディ A8。クールなオトナが選ぶ2台、アナタのお好みはどちらですか!?

あまりにも豪華過ぎ! BMW 7シリーズとアウディ A8の内外装を画像でじっくりチェック!

こんなにもラグジュアリーなセダンをサラっと乗りこなせるオトナでありたい

圧倒的な存在感にハッと息をのむ最新版BMW 7シリーズ。2015年登場の現行型G11/12型ですが、2019年6月のビッグマイナーチェンジでご覧のようなスタイルに一新されました。

中でも、約40%も大型化されたというキドニー・グリルが迫力満点です。クロームメッキの加飾も随所に増え、ラグジュアリー度がグッと増しています。

BMW/7シリーズ
BMW 7シリーズカタログを見る
新車価格:
1,111万円2,606万円
中古価格:
55万円1,400.7万円

いっぽう、こちらも飛び切りクールな1台。アウディの最高級サルーン「A8」です。映画『トランスポーター』シリーズの2作目以降で大暴れした、あのカッコいいセダンの最新版。奇しくもシリーズ1での主人公の愛車はBMW 7シリーズでしたね。

2018年9月、8年ぶりにフルモデルチェンジした現行型A8が日本導入されています。世界有数のアワード「ワールド ラグジュアリー カー 2018」を受賞するなど、デビュー早々国際的にも高い評価を得ているモデルです。

アウディ/A8
アウディ A8カタログを見る
新車価格:
1,172万円1,809万円
中古価格:
50万円1,348万円

直6、V8、V12の各ガソリン、直6ディーゼル、そして直6+プラグインハイブリッドと、幅広いラインナップを誇る7シリーズ。動力性能はさらに向上され、最上級モデルであってもドライバーの“駆け抜ける歓び”がしっかり確保されているのもBMW流です。

国内初認証となる「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」など、世界最先端の先進運転支援システムも搭載されています。

世界最先端の運転支援システムといえば、アウディ A8も負けていません。量産車では世界初搭載となるレーザースキャナー1個を含む、最大23個のセンサーを用いたドライバーアシスタンスが自慢です。

48Vマイルドハイブリッドシステムと組み合わされるパワートレインは、V6 3リッターターボ(340ps)と、V8 4リッターターボ(460ps)の2種類。アウディならではのフルタイム4WDシステム“quattro”(クワトロ)が標準採用されています。

快適過ぎる後席に座り、のんびりとドライブしてみたい…

全長5125mmの通常ボディと、5265mmのロングボディの2つのボディを持つ7シリーズ。外観同様にインテリアも豪華そのものです。

ロング版の後席のセンターアームレストに標準で備わるのはBMWタッチ・コマンド。車内の快適装備やエンターテインメント機能の多くを、手元の7インチのタブレットで操作することが出来るのです。

BMW 7シリーズの価格は、740i 1116万円から、M760Li xDrive V12 Excellence 2582万円まで(消費税込み、以下同)。

いっぽう全長5170mmの通常ボディと、5300mmのロングボディを用意するアウディ A8。こちらもラグジュアリーですが、それでいて外観同様にどこかクールなムードが漂うのがアウディ流です。

アルミニウム、スチール、マグネシウム、そしてカーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)からなるマルチマテリアルのASF(アウディスペースフレーム)が特徴のA8。高強度・高剛性なボディはハンドリングや走行性能アップだけではなく、室内の静粛性向上にも大いに寄与しています。

アウディ A8のメーカー希望小売価格は、A8 55 TFSI quattro 1172万円から、A8 L 60 TFSI quattro 1686万円まで。

さあ、アナタがお好みの最高級サルーンは、どちらでしたか!?

[筆者:MOTA編集部]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

BMW 7シリーズの最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW 7シリーズのカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW 7シリーズの中古車検索 BMWの記事一覧 BMW 7シリーズの記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW 7シリーズのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる