ジャストバランスのベーシックカー|BMW 新型1シリーズ試乗レポート(1/2)

  • 筆者: 山田 弘樹
  • カメラマン:田村 弥/MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
デビュー以来貫いてきたFRを捨て、FFへとレイアウトを変更して発売された新型1シリーズ。コンパクトカーとして十分以上のパッケージのよさと、BMWらしい走りを身に着けた。まずはベーシックグレードの118iをモータージャーナリストの山田弘樹氏がテスト。

>>FFとなってコンパクトの大本命となった1シリーズ[フォトギャラリー]

本命視できるベーシックモデル

通常ベーシックグレードは「速くはないけれど実直」であったり、「パワー感はなくとも味わい深い」と評されることが多い。しかし新型となった118iには、ベーシックグレードが持つ特有の“遅さ”が感じられない。まさにジャストパフォーマンスな、本命視できる一台に仕上がっていたのが好印象だった。

エンジンは定評のある1.5リッター直列3気筒ターボ。その出力は先代比で最大トルクが220Nmと同数値、パワーは僅かだが6PS高められた140PSとなっている。

その数値以上にパンチを感じさせるのは、トランスミッションがミニと同じ7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)となったことが影響している。変速時のクラッチミートは軽めで、やっぱりロックアップされたトルコンよりもエンゲージ感が心地良い。そして変速レスポンスも素早い。

■最速の1シリーズ、M135iの試乗レポートはコチラ

このエンジンとトランスミッションの連携は、118iの魅力を大いに引き立てている。アクセル開度が小さい領域から適度なトルクを立ち上げてくれるから、日常領域においてストレスを感じない。かつこれを踏み込むほどに、気持ちよくブーストが立ち上がって行く。

小さなエンジンが精緻かつ爽快に回り、必要にして十分な速さを作り出している様子を五感で感じ取るのは実に楽しい。BMWはやっぱりエンジン屋。6気筒じゃなくてもその喜びは味わえるのである。

BMW/1シリーズ
BMW 1シリーズカタログを見る
新車価格:
334万円630万円
中古価格:
25.8万円572.7万円
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
山田 弘樹
筆者山田 弘樹

自動車雑誌編集者としてキャリアをスタート。輸入車雑誌 副編集長、アルファ・ロメオ専門誌編集長等を経て、フリーランスのモータージャーナリストに。レース参戦なども積極的に行い、走りに対する評価に定評がある。AJAJ会員。カーオブザイヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

BMW 1シリーズの最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW 1シリーズのカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW 1シリーズの中古車検索 BMWの記事一覧 BMW 1シリーズの記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW 1シリーズのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる