最高にホットな1シリーズが日本上陸|BMW 新型M135i 試乗レポート(1/2)

  • 筆者: 山田 弘樹
  • カメラマン:田村 弥/MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
FRからパッケージを変更してFF化した新型1シリーズ。最強モデルであるM135iは今回4WDとなり、ミニ クラブマン JCW(ジョンクーパーワークス)と同じレイアウトとなった。果たして乗り味にその違いはあるのか。モータージャーナリストの山田弘樹氏がテストした。

■末っ子なのにめちゃくちゃ速いBMW M135iを写真でチェック

目次[開く][閉じる]
  1. 1シリーズの最速モデルはヨンクで登場!
  2. 小さなボディにパワフルなエンジンという王道
  3. パワーは下がってもトルクはアップ!
  4. BMWとしては久々のキレッキレ系
  5. 先代よりも踏めるクルマに
  6. 同じパッケージのミニ JCWとは異なる乗り味

1シリーズの最速モデルはヨンクで登場!

BMWのボトムレンジであるCセグメントのコンパクトハッチバック、1シリーズがフルモデルチェンジを果たした。

話題の焦点となるのは、2004年の登場以来懸命に守り通してきた「フロントエンジン・リアドライブ」のレイアウトが、3代目にして遂にフロントエンジン・フロントドライブ化されたことだ。

いまどきドイツ本国でさえ、自分のクルマの駆動方式がわからないユーザーも珍しくないというこのご時世に、なぜ敢えてそこにこだわるのか? それはこのFFレイアウトを得たことで1シリーズが、以前にも増して生きいきとしたのではないか? と感じたからだ。

今回試乗したのは、現状最もハイパフォーマンスな「M135i xDrive」と、最もベーシックな「118i Style」という両極端な組み合わせの2台。まずはMの名を冠した“ちょっぱや番長”から、その印象を綴ってみよう。

小さなボディにパワフルなエンジンという王道

先代M135iといえば、その現代水準としてはコンパクトなボディに、3リッターの直列6気筒ターボ(320PS/450Nm)を搭載した韋駄天。そしてこれを後輪で駆動するのが、何よりの特徴だった。

より本格的なスポーツグレードとしては2ドアクーペ版の「M2」と「M2コンペティション」があったものの、伝統の直列6気筒をノーズに納めながら5ドアハッチバックを隠れ蓑にしたその“スリーパー”(外観大人しめで中身はすごいクルマのこと)っぷりは、多くのクルマ好きたちから一目置かれる存在だったと思う。

パワーは下がってもトルクはアップ!

そんなM135iも新型になって、とうとう直列4気筒ターボを横置き搭載することになった。

その最高出力は306PSと、なんと先代比で14PSダウン。対して最大トルクは450Nmと、6発とタメ張る力強さである。

この出力差は、もちろん排気量差が影響しているのだろう。ただし新型M135iの出力特性は306PS/5000-6250rpmと、旧型の320PS/5800rpmに対してパワーバンドが低回転から始まり、そして広くなっている。

さらにその駆動方式は、FWDをベースとした4WDである。そしてトランスミッションは、強大なトルクを受け止めるために、8速ATとなっている。ちなみに118iは7速DCTだが、これはミニとミニJCWの関係と同じだと言える。

BMW/1シリーズ
BMW 1シリーズカタログを見る
新車価格:
334万円633万円
中古価格:
24.8万円595.9万円
1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
山田 弘樹
筆者山田 弘樹

自動車雑誌編集者としてキャリアをスタート。輸入車雑誌 副編集長、アルファ・ロメオ専門誌編集長等を経て、フリーランスのモータージャーナリストに。レース参戦なども積極的に行い、走りに対する評価に定評がある。AJAJ会員。カーオブザイヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

BMW 1シリーズの最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW 1シリーズのカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW 1シリーズの中古車検索 BMWの記事一覧 BMW 1シリーズの記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW 1シリーズのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる