ヒュンダイも大活躍!? クルマの大爆発や下敷きに…|007 スカイフォールに登場する、ボンドカー以外の気になるクルマたち

画像ギャラリーはこちら
ダニエル・クレイグ主演の007シリーズに登場するクルマたちを愛でるこの記事も、ついに第3弾であるスカイフォールまでやってきました。今回ももちろん今回もストーリーの紹介はほとんどせずに、登場したクルマを中心にご紹介しますよ!

>>007に登場したかっこいいクルマたちをもっと詳しく画像でチェック!

目次[開く][閉じる]
  1. クルマ同士がぶつかり合う大迫力!
  2. 三菱? と思いきや、ヒュンダイ!
  3. ストーリー後半では初代ボンドカーも登場! 皮肉を言われてしまう場面も…

クルマ同士がぶつかり合う大迫力!

今作のスタートはトルコ。MI6の工作員が襲われ、機密情報の入ったハードディスクが盗まれるところから物語は始まります。襲った相手は黒のアウディA4で逃げ、ボンドたちはランドローバー ディフェンダーのピックアップで追いかけるというカーチェイスシーンでは、クルマ同士をぶつけ合う大迫力のもの。

最終的にディフェンダーでアウディに体当たりをかまし、アウディは横転するのですが、なぜかリアに車名を表すエンブレムが装着されていません。スポンサーじゃないメーカーだから配慮したのでしょうか?

三菱? と思いきや、ヒュンダイ!

その後、クルマを乗り捨ててバイクで逃走する相手をボンドもバイクに乗り換えて追跡し、奥まった場所に逃げ込むと、見慣れた商用ワンボックスが行く手を阻むというシーン。一見するとこの車両、三菱デリカ(3代目)に見えますが、よく見るとリアに「HYUNDAI」の文字……。

そう、このクルマは当時三菱と提携関係を結んでいたヒュンダイがライセンス生産をしていたグレース/H-100というモデルだったのです!

さらに逃げる相手は次に列車の上に逃げるのですが、この列車は貨客混載のようで後ろ側には重機やクルマが、前側には乗客が乗っているパターン。ショベルカーの前には5台のフォルクスワーゲン・ニュービートルが横向きに積まれています。

もうこの時点でイヤな予感しかしませんが、その予感通りショベルカーに乗り込んだボンドは、バケットを操作して相手の銃弾を防ごうとします。しかし、運悪く相手の弾が右肩に被弾しバケットはそのままビートルへ直撃してあえなく2台が落下。さらにバケットを盾に前進したことで残りの3台はショベルカーの下敷きになってしまうのでした。冒頭のA4も含め、フォルクスワーゲングループに厳しくないですか……?

ストーリー後半では初代ボンドカーも登場! 皮肉を言われてしまう場面も…

この後はしばらくクルマがメインとなるシーンはなく、次の登場はストーリーの後半で、ボンドの上官であるMが襲われるシーンです。ここでは襲われたMを公用車であるジャガーXJに乗せ逃亡を図るボンドでしたが、発信機が備わる公用車では目立ちすぎるということでクルマを乗り換えることに。

ここで登場するのが、007の3作目に登場した初代ボンドカーでもある、アストンマーティン DB5です。ナンバープレートも当時と同じ「BMT216A」であり、MI6から払い下げられたボンドの私物という設定のようです。

これにはMも「とても目立たないクルマね!」と皮肉を言うのが精一杯で、道中では「乗り心地が悪いわね」というシーンも。いくら当時のフラッグシップスポーツカーとはいえ、ジャガーXJに比べてしまっては全く及ばないようです。これに対してボンドはシフトノブに仕込まれたシート射出用のボタンを見せて「ほかにも文句が?」と切り返す茶目っ気を見せていました。

ボンドカーまさかの大爆発!?

そして、スコットランドにあるボンドの生家である「スカイフォール」で敵役のシルヴァを待ち受ける一行。ボンドはDB5の車内に潜み、車両に仕込まれた機関銃先制攻撃(ウインカー部から銃身が出る仕様)に成功しますが、あっという間に反撃を受けて蜂の巣にされ、最終的にはヘリからの機銃掃射を受けて爆発炎上してしまうのです。

あぁ、稀代の名車がなんともったいない……と思った人もいるかもしれませんが、実はこの爆発したDB5は3Dプリンターで精巧に作られた1/3サイズのレプリカなのです。とはいえ、内装まで再現され、ドアやボンネット、トランクなども開閉できる精巧なもので、言われなかったら(言われても?)絶対に気付かないレベルでした。

ということで、今回もほぼクルマのみを追いかけた007スカイフォールの振り返りでした。007もシリーズを追うごとに非現実的なスパイアクションというよりも、リアリティが重視されてきているように感じますが、ボンドカーだけは変わらずにいてもらいたいものですね!

[筆者:小鮒 康一]

▼こちらも記事も要チェック!▼

アウディ/A4
アウディ A4カタログを見る
新車価格:
455.3万円685.5万円
中古価格:
23万円593万円
ランドローバー/ディフェンダー
ランドローバー ディフェンダーカタログを見る
新車価格:
489万円870万円
中古価格:
472.8万円1,125.4万円
三菱/デリカD:3
三菱 デリカD:3カタログを見る
新車価格:
204.6万円214.5万円
中古価格:
45万円98.7万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

アウディ A4の最新自動車ニュース/記事

アウディのカタログ情報 アウディ A4のカタログ情報 アウディの中古車検索 アウディ A4の中古車検索 アウディの記事一覧 アウディ A4の記事一覧 アウディのニュース一覧 アウディ A4のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる