アストンが7回転してボロボロに!? 007に登場した印象的なクルマたち

画像ギャラリーはこちら

2020年に公開が予定されている007シリーズ最新作の「ノー・タイム・トゥ・ダイ」。当初は4月公開予定であったが、新型コロナウイルスの影響で残念ながら11月へと公開延期が発表されてしまいました。それならば! 過去作品に登場した“超かっこいい”クルマたちチェックしてみよう。

目次[開く][閉じる]
  1. 007 カジノ・ロワイヤルに登場する印象に残ったクルマを一挙紹介!
  2. 大迫力の回転劇!? アストン・マーティン DBS V12
  3. 007シリーズの十八番! アストン・マーティン DB5
  4. 悪役感満載! ランドローバー ディフェンダー
  5. 日本車もシレッと登場! レクサス LS400
  6. まとめ

007 カジノ・ロワイヤルに登場する印象に残ったクルマを一挙紹介!

ということで、今回は6代目ジェームズ・ボンドであるダニエル・クレイグ氏が主演する4作品を振り返ってみたいと思います。

今回は2006年に公開された「カジノ・ロワイヤル」を取り上げますが、ストーリーには目もくれず、登場したクルマを中心にご紹介します!

大迫力の回転劇!? アストン・マーティン DBS V12

今作品のボンドカーは“アストンマーティン DBS V12”。毎回ボンドカーと呼ばれるジェームズ・ボンドがメインで愛用するクルマがあるのですが、今さらボンドカーにフューチャーしても……なので、今回は省略。

簡単に紹介しておくとアストンマーティンのDBS V12というモデルで、映画公開後に市販化されました。

作中ではあまり出番はなく、一番目立つシーンは急ハンドルで横転して“7回転半する”という不遇のボンドカーでしたね。

カジノロワイヤルで初めて運転した“乗用車” フォード モンデオ

今作でボンドが初めて乗用車を運転するシーンで登場したのは2007年にデビューした3代目のフォード モンデオ。

作品の公開は2006年ですからデビュー前ということになりますが、この作品はフォードがタイアップしているために実現したシーンだったのです(ちなみにアストンマーティンも当時フォード傘下)。

007シリーズの十八番! アストン・マーティン DB5

それ以外の車種で一番印象深いのは、やはりアストン・マーティン DB5(1964年式)でしょう。

初期の007作品でボンドカーとして登場して以来、アイコン的な存在として複数回登場している同車ですが、今回もしっかり登場。

元々は敵役の武器商人の愛車でしたが、カジノの勝負に勝ってボンドが手に入れるという流れ。一体、登録とかはどうしているのか? がちょっと気になってしまう部分でもあります。

悪役感満載! ランドローバー ディフェンダー

黒塗りの高級車はランドローバー ディフェンダー! また冒頭に敵役がウガンダのテロ組織から資金を回収するシーンでは、黒塗りのディフェンダーが3台列をなして登場。

黒塗りの高級車と言えば悪役の愛車としておなじみですが、舞台がウガンダということもあり、無骨なディフェンダーがチョイスされたのかもしれません。連なって走るシーンはなかなかの迫力です!

このディフェンダーが走り去るシーンの対向車として日本製のピックアップトラックが走ってくるのですが、こういったシーンでおなじみのハイラックスではなく、なんともレアな三菱 L200のシングルキャブなのです。

なお、L200は日本ではストラーダと言う名前で販売されましたが、ダブルキャブのみのラインアップでした。

日本車もシレッと登場! レクサス LS400

今作では希少な日本車も! ボンドが監視していた爆弾密造人が逃げ出しアフリカ某国の大使館に逃げ込むシーンで登場する。大使館の車両と思しきフロントに国旗を装着して走る車両があるのですが、これがレクサス LS400(日本名:トヨタ 初代セルシオ)でした。

他にも逃走中シーンの背景に110系カローラの丸目モデル(カローラWRCと同じ顔)やCD系アコードセダンなども確認でき、今作中では一番日本車率の高いシーンとなっていました。

カーチェイスシーンではザ・アメ車なタンクローリーも登場

暴走タンクローリーストーリーの中盤では、新型大型旅客機にタンクローリーを突っ込ませて爆破しようとするシーンがあります。ここで登場するのが、アメリカのインターナショナル社の4700 T444Eと呼ばれるもの。

日本で見るタンクローリーとは違い、長いボンネットがいかにも“アメリカの働くクルマ”って感じ!

ちなみにこのシーンが撮影された飛行場は、あの「Top Gear」のテストトラックとしても知られるダンスフォールド飛行場です。Top Gearでは日中のシーンがほとんどなので、夜間のシーンでは全くイメージが異なりますね。

まとめ

登場車種中心の007 カジノ・ロワイヤルの紹介となってしまいましたが、これはこれから見る人の楽しみを奪わないための苦肉の策です。登場するクルマだけを紹介したワケでは決してありません!(笑)

もし、これを読んで少しでも気になった人はぜひ本作品を観てみてくださいね。

[筆者:小鮒 康一]

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

レクサス/LS
レクサス LSカタログを見る
新車価格:
1,094万円1,799万円
中古価格:
45万円1,470.1万円
トヨタ/セルシオ
トヨタ セルシオカタログを見る
新車価格:
1,078万円1,078万円
中古価格:
59.8万円295.1万円
アストンマーティン/DBS
アストンマーティン DBSカタログを見る
新車価格:
3,246.6万円3,582.3万円
中古価格:
1,311万円2,332.6万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

レクサス LSの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス LSのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス LSの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス LSの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス LSのニュース一覧

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる