新時代のフレンチラグジュアリー! DSオートモビル 新型DS4が格好良過ぎる!

画像ギャラリーはこちら
実にクールで魅力的なSUVがフランスから現れた。その名は“DS4”。初代DS4とはガラッとイメージを変えた。アヴァンギャルド(前衛的)なフレンチラグジュアリーを目指すという、DSオートモビルの最新作についてご紹介する。

DSオートモビル 新型「DS4」を写真で見る[画像35枚]

目次[開く][閉じる]
  1. アヴァンギャルド(前衛的)なフレンチラグジュアリー! 気鋭の新ブランド“DS”
  2. PHEV(プラグインハイブリッド)の電動化モデル“E-TENSE”もラインナップ
  3. クール過ぎないインテリアデザイン、運転支援技術も充実
DS4の最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

アヴァンギャルド(前衛的)なフレンチラグジュアリー! 気鋭の新ブランド“DS”

DSオートモビルって、どんなブランド!?

DSオートモビルと聞いてピンとくる人は、残念ながらまだ少数派だろう。2014年6月にシトロエンから独立した新しいプレミアムブランドで、アヴァンギャルド(前衛的)なフレンチラグジュアリーを目指している。

DSの名は、まるで宇宙船を想わせるデザインの「シトロエン DS」という高級車と、その独創的な精神に由来したものだ。

初代DSが登場したのは1955年(昭和30年)。第二次世界大戦が収束してからわずか10年で、日本ではトヨタがようやく純国産モデルの初代クラウンを発表した頃のことである。

なおシトロエン DSはその後1975年までに約145万台が生産されたというから、決して一部のカルトな存在のクルマという訳でもない。この点も念のため補足しておきたい。

PHEV(プラグインハイブリッド)の電動化モデル“E-TENSE”もラインナップ

クーペSUVとハッチバックを融合したクロスオーバーモデル

DSオートモビル 新型DS4は、「DS7クロスバック」「DS3クロスバック」(共にSUV)「DS9」(日本未導入のセダン)に次ぐ、DS第4のモデルだ。

ボディサイズは全長4400mm×全幅1830mm×全高1470mm。トヨタ プリウスやフォルクスワーゲン ゴルフ、プジョー 308などに近いCセグメントに属する5ドアハッチバックである。

DS オートモビル デザインダイレクターのティエリー・メトロズ氏が『エアロダイナミクスとエネルギー効率性と、そしてカリスマ性を同時に表現した』と語るエクステリアデザインは、クーペSUVとハッチバックのスタイルをクロスオーバーさせたもの。比較的コンパクトなサイズながら、強い存在感を放っている。

ガソリン、ディーゼル、そしてPHEVを最初からラインナップ

旧PSAグループ(現・ステランティス)のEMP2プラットフォームをベースに、約7割を新設計もしくは専用部品で構成。

130馬力、180馬力、225馬力の各PureTechガソリンエンジン、130馬力のBlueHDiディーゼルエンジンモデルの他、システム総合出力225馬力、EV航続可能距離50km超(WLTC複合モード)のPHEV(プラグインハイブリッド)モデル「E-TENSE」もラインナップする。全車が8速ATと組み合わされる。

クール過ぎないインテリアデザイン、運転支援技術も充実

インテリアでは、最新のデジタルコックピットが目をひく。複合的な曲線の組み合わせのインパネデザインがクール過ぎず上質なムードで、操作系のディテールひとつひとつも凝った造形だ。ドイツやアメリカ、そして日本の高級車などとは明らかに違う世界観がある。

インフォテインメントシステム「DS IRIS SYSTEM」は音声とジェスチャーによってコントロール可能だ。情報は10インチのセンターディスクプレイのほか、ヘッドアップディスプレイにも表示される。

最新のADAS(先進運転支援システム)も充実。アップデートした自動運転レベル2の「DS DRIVE ASSIST 2.0」も搭載されるほか、赤外線カメラを用いて夜間の歩行者などを感知する「DS NIGHT VISION」も採用する。

またADAS用のカメラは、前方監視のセンシング技術によりダンパーの減衰力を可変させる「DS ACTIVE SCAN SUSPENSION」にも活用される。

新型DS4は2021年第4四半期(2021年秋~冬)より、欧州を皮切りにデビューする予定。日本への導入についてはまだ明らかにされていないが、このアヴァンギャルドなフレンチラグジュアリーを要望する声は少なくないはず。正式発表を楽しみに待ちたいところだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:DSオートモビル]

DSオートモビル/DS4
DSオートモビル DS4カタログを見る
新車価格:
298.4万円361.6万円
中古価格:
124.9万円196万円
DSオートモビル/DS4クロスバック
DSオートモビル DS4クロスバックカタログを見る
新車価格:
337.1万円362.6万円
中古価格:
134.2万円153.5万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ねぶた温泉 海游 能登の庄
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

DSオートモビル DS4の最新自動車ニュース/記事

DSオートモビルのカタログ情報 DSオートモビル DS4のカタログ情報 DSオートモビルの中古車検索 DSオートモビル DS4の中古車検索 DSオートモビルの記事一覧 DSオートモビル DS4の記事一覧 DSオートモビルのニュース一覧 DSオートモビル DS4のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる