DSオートモビル 新型DS4のPHEVモデル「E-TENSE」を試乗! 走りはしっとりと滑らかでライバル勢を圧倒する乗り心地

  • 筆者: 竹花 寿実
  • カメラマン:竹花 寿実/DS オートモビル
画像ギャラリーはこちら
2022年4月28日(木)に日本市場への導入が発表されたDSオートモビル 新型DS4。

今回、新型DS4のプラグインハイブリッド(PHEV)の「E-TENSE」をジャーナリストの竹花寿実さんがフランスで試乗。内外装の質感や走行性能についてレポートします。

目次[開く][閉じる]
  1. 新型DS4のパワートレインはガソリンターボ、ディーゼルターボ、PHEVの3種類が選択できる
  2. 新型DS4のインテリアは個性的でオシャレ! 現代フランスの独特な雰囲気と上質感が味わえる
  3. 新型DS4 E-TENSEは発進加速もスムースで、EVモードでも近場の移動なら十分すぎるレベルだ
  4. 新型DS4 E-TENSEの価格は572万円から! 決して安くはないがクラストップの上質な乗り心地が存分に味わえる

新型DS4のパワートレインはガソリンターボ、ディーゼルターボ、PHEVの3種類が選択できる

グレード、パワートレイン、ボディサイズ

新型DS4の日本仕様には、1.2リッター直3ガソリンターボの「PureTech」と1.5リッター直4ディーゼルターボの「BlueHDi」のほか、1.6リッター直4ガソリンターボに電気モーターを組み合わせたPHEVの「E-TENSE」が用意されます。

このうち筆者はPHEVである新型DS4 リヴォリ(3グレード中の中間に位置するグレード) E-TENSEに、フランス・ヴェルサイユ郊外で試乗することができました。

DSブランドは、ステランティス傘下の14ブランドの中でも最新テクノロジーを先行して導入。電動化を強力に推進するブランドに位置づけられています。

新型DS4にも2024年にバッテリーEVが追加される予定であるとアナウンスされていますが、基本的にはICE(Internal Combustion Engine:内燃機関)とPHEVに対応するように設計されているEMP2プラットフォームを採用した新型DS4のBEV(Battery Electric Vehicle:バッテリー駆動の電気自動車)が、どのような形で登場するのか、とても楽しみです。

とはいえ、現時点で最も電動化が進んだ仕様であるPHEVの新型DS4 E-TENSEも、十二分に注目に値するでしょう。

筆者は昨年9月に同じくEMP2を採用しているプジョー 新型308にフランス・カンヌで試乗しましたが、ガソリン車やディーゼル車よりも、PHEVがベストバランスという印象でした。それだけに、メカニズムを共用する新型DS4 E-TENSEの試乗をとても楽しみにしていました。

新型DS4のボディサイズは全長4400mm×全幅1830mm×全高1470mm、ホイールベース2675mm(欧州仕様)。新型308 ハッチバック(全長4420mm×全幅1850mm×全高1475mm、ホイールベースは2680mm)とほぼ同じで、フォルクスワーゲン 新型ゴルフ(全長4295mm×全幅1790mm×全高1475mm、ホイールベース2620mm)より若干大柄ですが、今どきのCセグメントハッチバックのプロポーションです。

しかし高いウエストラインやコンパクトなキャビン、力強く張り出しているように見えるフェンダー、245/40R20サイズの大径タイヤ(オプション)などが相まって、どちらかというとクロスオーバービークル的なイメージ。しかもとびきり都会的でセンスが良いのです。

ダイヤモンド型のモチーフや幾何学的な造形を特徴としたDSのデザインは、今回の新型DS4でますます魅力がアップしています。

新型DS4のインテリアは個性的でオシャレ! 現代フランスの独特な雰囲気と上質感が味わえる

インテリア、内装

新型DS4はインテリアの造形も、非常に個性的です。

フロントパネルとドアのインナーパネルが、前席をぐるっと囲むように繋がり、広々とした印象を演出しているほか、ディテールにはダイヤモンドのモチーフや高級時計などに用いられるギョーシェ加工のメタルパーツが散りばめられ、まさに現代フランス的な独特な雰囲気と上質感が感じられる空間に仕立てられています。

センターコンソールには小型のタッチディスプレイが備わり、手書き文字入力に対応。インフォテインメントは音声入力も可能で、ハイテク感も申し分ないでしょう。

新型DS4 E-TENSEは発進加速もスムースで、EVモードでも近場の移動なら十分すぎるレベルだ

走行性能

見た目だけでもクラクラしてしまいそうな新型DS4ですが、実際にステアリングを握ってみると、その乗り味は期待を大きく超えていました。

今回試乗したのは、新型DS4 E-TENSE。本国では「E-TENSE 225」と呼ばれるモデルで、最高出力181馬力/6000rpm、最大トルク300Nm/3000rpmの1.6リッター直4ガソリンターボに、110馬力/2500rpmと320Nmを発揮する電気モーターを組み合わせ、システム合計で225馬力と360Nmのスペックを実現。

左ハンドルである点を除き、基本的に日本仕様と同じものです。

走り始めてまず感じたのは、ステアリングホイールやアクセル/ブレーキペダルの上質なタッチです。特にステアリングホイールは、とにかく滑らかで渋さがなく、レザーの感触も抜群。

電気モーターを積極的に使う発進加速も非常にスムースで、ハイブリッドモードにおけるエンジンとの協調制御もとても洗練されています。EV走行は、WLTP(Worldwide harmonized Light vehicles Test Procedure:国際調和排出ガス・燃費試験方法)モードで最大60km、最高時速135kmもの速度まで可能なので、エレクトリックモードでも近場の移動なら事足りるでしょう。

なによりも感心させられたのは、素晴らしい乗り心地です。E-TENSE 225(新型DS4 E-TENSE)は、DSアクティブスキャンサスペンションが標準で備わるのですが、そのフラットでしっとり滑らかな乗り心地は、現時点でCセグメントのトップと言える上質さ。

20インチの低扁平タイヤを装着しているとは到底信じられないレベルです。スポーツモードを選べばそれなりに引き締まりますが、それでも快適性は十二分に高いです。これを味わうためだけでも、新型DS4を買う価値があると言えます。

新型DS4 E-TENSEに試乗した中で唯一残念に思った点がありました。それは完全停止する直前に、回生制御が突然切れて、メカニカルブレーキが急に立ち上がるのか、ガクッとショックが発生することです。

しかし、これもいずれ改良されるでしょう。おそらくソフトウェアの問題なので、気がついたらOTA(Over The Air:無線通信でデータを送受信すること)でアップデートされて、問題解消なんてことになるかもしれません。

新型DS4 E-TENSEの価格は572万円から! 決して安くはないがクラストップの上質な乗り心地が存分に味わえる

価格

今回は限られた時間での試乗となりましたが、新型DS4 E-TENSEの魅力は存分に感じることができました。

日本では572万円からとCセグメントのモデルとしては安くはないですが、上質な乗り味はクラスベスト。それだけの価値がある一台であることは疑いようがありません。

【筆者:竹花 寿実】

DSオートモビル/DS4
DSオートモビル DS4カタログを見る
新車価格:
398万円642万円
中古価格:
119万円246万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

筆者竹花 寿実
なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわこ緑水亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

DSオートモビル DS4の最新自動車ニュース/記事

DSオートモビルのカタログ情報 DSオートモビル DS4のカタログ情報 DSオートモビルの中古車検索 DSオートモビル DS4の中古車検索 DSオートモビルの記事一覧 DSオートモビル DS4の記事一覧 DSオートモビルのニュース一覧 DSオートモビル DS4のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる