世界4位の大メーカー、ステランティスが発足! プジョーとジープとフィアットが一緒になったら、一体どんなクルマが出てくるの!?

画像ギャラリーはこちら
2021年1月16日(土)、イタリア・アメリカ企業のFCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)と、フランスのグループPSA、2つの大手自動車メーカーが経営統合を発表した。新会社の名前は「Stellantis(ステランティス)」。

果たして統合によってどんなクルマが登場するのか、予想してみた!

FCAとグループPSA、多彩なラインナップを写真で見てみる![画像60枚]

目次[開く][閉じる]
  1. ステランティスはルノー・日産・三菱アライアンスに次ぐ世界第4位の規模に
  2. 欧州小型車ブランドが多いステランティス
  3. 北米由来の個性的なブランドが欧州とくっついたら・・・!?

ステランティスはルノー・日産・三菱アライアンスに次ぐ世界第4位の規模に

2021年1月16日(土)、イタリア・アメリカ企業のFCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)と、フランスのグループPSA、2つの大手自動車メーカーが経営統合を発表した。創設された新会社の名前は「Stellantis(ステランティス)」となった。

ルノー・日産・三菱アライアンスに次ぐ、世界第4位の規模になるという新会社ステランティス。ここまで複雑に絡みあう複数企業ブランドの統合となると、経営権の行方なども気になるところだ。

しかし、MOTAをご覧の方なら、何よりも今後どんなクルマが出てくるのか、そちらのほうに興味津々のはずだ!

ここではまず、FCAとグループPSAの現在のブランドをご紹介し、今後どのようなコラボや新モデルが登場するのか予想してみよう。

新CEOはルノー日産出身でオペル買収にも手腕を振るったアライアンスの達人!?

ステランティスのCEO(最高経営責任者)は、カルロス・タバレス氏だ。

タバレス氏はもともと、日産などと経営統合し大きく事業を拡大したルノーでCOOを務め、2013年にPSAに電撃移籍を図っている。その後2017年、ゼネラルモーターズ(GM)から欧州部門のドイツ・オペル/イギリス・ヴォクソールを買収した際の立役者でもある。

欧米の様々な企業体が集合する新生ステランティスの舵取りには最も適任、という訳だ。

FCAとグループPSAにはいったいどれだけの自動車ブランドがあるのか

さて、FCAとグループPSAには、いったいどれだけの自動車ブランドがあるのだろうか。

■FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)の主な自動車ブランド

ジープ、クライスラー、ダッジ、マセラティ、アルファ ロメオ、フィアット、アバルト、ランチア、ラム・トラックス、フィアット・インダストリアル

■グループPSAの主な自動車ブランド

プジョー/シトロエン/DS/オペル/ヴォクソール

ただブランド名を列記するだけで、こんなにもたくさん!

日本には正規輸入されていないブランドも含め、実に多彩なラインナップを有する。あれとこれを組み合わせたらあんなクルマが…と早くも妄想した方もいるかもしれない。

欧州小型車ブランドが多いステランティス

それぞれが他に代えがたい個性を有する小型車ブランドが揃う

複数のブランドを有するステランティスだが、比較的欧州向けの小型車ブランドに偏った印象もある。

FCAはフィアットやアバルト(イタリア)、グループPSAはプジョーやシトロエン、DS(イタリア)、オペル(ドイツ)などだ。価格が安いコンパクトカーや小型商用車では、真っ先に統廃合が行われる可能性もある。

ただし、それぞれお国柄を反映した個性の強いブランドばかりなのも事実。ここ日本でもそれぞれに熱烈なファンを有している。

アバルトがWRCに参戦? シトロエンの小型EVが日本で旋風を巻き起こす!?

例えばスポーツモデルのアバルトが、豊富な世界ラリー選手権への参戦経験を持つプジョー・シトロエンとタッグを組んで、再びWRCに参戦する…そんなシーンには大いに期待したい。

いっぽうでフィアットやプジョーでは、欧州の街中で活躍する電気自動車(EV)の開発に大きく力を入れている。メカの共用化によりコストをさらに抑えられたら、小粋なフィアットやシトロエンの超小型EVが日本でもさらに競争力を発揮しそうだ。

北米由来の個性的なブランドが欧州とくっついたら・・・!?

ジープのSUVプラットフォームは既に成功事例も

小型車系が多いステランティスだが、いっぽうでアメリカ由来のブランド、ジープやクライスラー系で主流を占める中型車以上のクラスにも注目したい。

ジープブランドは、多彩なSUVモデルを有している。現在売れ筋のコンパクトSUVでは、既にフィアットとのコラボにより形の全く異なる兄弟車(ジープ レネゲードとフィアット 500X)を登場させ成果を上げている。

DSやシトロエンから出されているSUV(実はFFモデルが多い)に、ジープ系の本格的な4輪駆動を組み合わせたSUVプラットフォームが反映される日もそう遠くないだろう。

映画「TAXi」の世界をダッジのV8 OHVで再現!?

プジョーには、フラッグシップセダンの508がラインナップされている。今後はそんなラテンのセダンに、ダッジの後輪駆動プラットフォームと、V8 OHV HEMIエンジンなど組み合わせてみるのはどうだろうか。

豪快なトルクを発揮するマッスルカーと、耽美なフレンチデザインの融合! フランス・マルセイユの街並みでプジョーが爆走する映画「TAXi」を地でいくような世界を見てみたい…。

[筆者:トクダ トオル]

ジープ/ラングラー
ジープ ラングラーカタログを見る
新車価格:
490万円625万円
中古価格:
69.8万円821.3万円
プジョー/208
プジョー 208カタログを見る
新車価格:
239.9万円293万円
中古価格:
44.8万円318.6万円
フィアット/500(チンクエチェント)
フィアット 500(チンクエチェント)カタログを見る
新車価格:
187.4万円279万円
中古価格:
29.9万円289.6万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ジープ ラングラーの最新自動車ニュース/記事

ジープのカタログ情報 ジープ ラングラーのカタログ情報 ジープの中古車検索 ジープ ラングラーの中古車検索 ジープの記事一覧 ジープ ラングラーの記事一覧 ジープのニュース一覧 ジープ ラングラーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる