【動画】ちなってぃーと行く! JAIA輸入車試乗会 ~DS3 クロスバック/シトロエン C3 エアクロス 編~

画像ギャラリーはこちら
今年の2月初めに行われたJAIA輸入車試乗会におなじみ「ちなってぃー」こと美波千夏さんと参加してきました。ちなってぃーが次のマイカーとして気になっているというSUVを中心にたくさんの輸入車に乗ってきましたので、複数回に分けて試乗会の様子をお届けしたいと思います。今回はその第4弾編! 「DS3 クロスバック/シトロエン C3 エアクロス」編! ちなってぃーが試乗する動画と併せてお楽しみください!
目次[開く][閉じる]
  1. JAIA輸入車試乗会で、ちなってぃーSUVに乗る!
  2. 小さいながらも高級。奇抜なデザインも魅力の「DS3 クロスバック」
  3. カジュアルさが身上、 「シトロエンC3 エアクロス」は乗り心地も良いコンパクトSUV
  4. ちなってぃーが気になったSUVは、ボルボ XC60

JAIA輸入車試乗会で、ちなってぃーSUVに乗る!

2020年2月上旬、「JAIA輸入車試乗会2020」に、「ちなってぃー」こと美波千夏さんと参加! ちなってぃーが次のマイカー候補にしたいと気になっているSUVを中心に、たくさんの輸入車を体感してきました。

これまで、イギリス、スウェーデン、アメリカの高級SUVに乗り、SUV のいろいろな世界も覗くことができた、ちなってぃー。最終回となる今回は、今やSUV大国となったフランスのモデルをお届けします。ちなってぃーが試乗する動画と合わせてお楽しみください。

小さいながらも高級。奇抜なデザインも魅力の「DS3 クロスバック」

老若男女、カジュアル/フォーマルのシーンも選ばず、積載力もあり、いざとなれば悪路も走れて、「アクティブな自分になれる予感」をオーナーに与えてくれるSUVは、日米欧の主要自動車メーカーがラインナップするクルマの主流となったのはご存知の通り。もとよりハッチバック車が売れ筋の欧州、とくにシトロエン XMやルノー 25、サフランなどのようなハイエンドモデルでさえもハッチバックを採用するほど、クルマに合理性やユーティリティを求めていたフランスで、SUVが流行しないはずがありません。

シトロエンのプレミアムなサブブランドとして発足し、現在ではシトロエンの名を外し完全に別ブランド化して独自の道を歩む「DS」が発売したDS3は3ドアハッチバックだったのですが、フルモデルチェンジの際SUVの「DS3 クロスバック」に発展。小型高級SUVの最右翼モデルとして注目を集めています。試乗車の「DS3 クロスバック グランシック」では本革シートも備えていて、「小さな高級車」の姿をより明確にしています。

Bセグメントに属しているだけにサイズは小さく、全長は4.1mほど。きらびやかなメッキパーツにLEDを配した凝ったデザインの外装にも驚きますが、さらにびっくりするのは菱形をモチーフにしたインテリア。ぱっと見て操作が難しそうに見えるのは、難解なサテライトスイッチを採用していたかつてのシトロエンを思い出させてくれました。

乗り味は、これまでのDSシリーズ同様、ハード寄り。乗り心地はシトロエン製のクルマを期待すると硬めで、重心が高いSUVでもヒラリヒラリとコーナーを抜けていきます。

「これまで乗ったSUVが大きかったので、このクルマは運転がラク! 内装が変わっていますね。車内全体も高級感があって、小さいクルマとは思えない」と、ちなってぃーもDS独特の世界観を持つ小さなSUVに感心していました。

カジュアルさが身上、 「シトロエンC3 エアクロス」は乗り心地も良いコンパクトSUV

そしてこの日最後に乗ったのが、「シトロエン C3 エアクロス シャインパッケージ」。

シトロエンの量販ハッチバックで、ポップなデザインの採用で日本でも人気を博している「C3」をベースにしたコンパクトSUVです。C3同様に各部に差し色を配した各所のデザインが特徴のC3 エアクロスですが、いざとなればグリップコントロールとヒルディセントコントロールによって、雪道や悪路でも安心して走れる頼もしさも持っています。

同門のDS3クロスバックとはサイズも近く、BセグSUVというカテゴリーも同じですが、乗り味はまったく別物。現代の基準ではソフトなシートに身を沈めて走り出せば、足の柔らかさがすぐにわかります。コンパクトカーとは思えないフラットライドも味わえるのです。

ちなってぃーは「内装がかわいい!」と、ポップで明るい内外装を気に入っていたようす。自らステアリングを握って運転した際も、乗りやすさと乗り心地の良さに関心を示していました。

ちなってぃーが気になったSUVは、ボルボ XC60

丸一日かけて大小5台のSUVを試乗してきました。ちなってぃーも「SUVといってもたくさんの種類があって、試乗してみるといろいろなことがわかるんですね!」と、輸入車試乗会を楽しめたようです。5台乗った中で一番のお気に入りは、「ボルボ XC60」とのこと。ちなってぃーがこの日体感した感想や、ボルボXC 60が気に入った理由などは、ぜひ動画でチェックしてみてくださいね!

所有している自分のクルマ以外、他のクルマに乗る機会はなかなかありませんが、輸入車ディーラーで試乗車を用意している店はたくさんありますので、ぜひ足を運んで、いつも乗っているクルマとはまったく違う世界を感じてみてはいかがでしょうか。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:茂呂 幸正]

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

DSオートモビル/DS3クロスバック
DSオートモビル DS3クロスバックカタログを見る
新車価格:
423万円507万円
中古価格:
231.5万円483万円
シトロエン/C3エアクロスSUV
シトロエン C3エアクロスSUVカタログを見る
新車価格:
342.1万円388.3万円
中古価格:
196.8万円468万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 渓谷に佇む隠れ宿 峡泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

DSオートモビル DS3クロスバックの最新自動車ニュース/記事

DSオートモビルのカタログ情報 DSオートモビル DS3クロスバックのカタログ情報 DSオートモビルの中古車検索 DSオートモビル DS3クロスバックの中古車検索 DSオートモビルの記事一覧 DSオートモビル DS3クロスバックの記事一覧 DSオートモビルのニュース一覧 DSオートモビル DS3クロスバックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる