もう一度観たい! おすすめクルマ映画 Vol.2『ジャッカルの日』|イラストレーター・遠藤 イヅル編

  • 筆者: 遠藤 イヅル
  • カメラマン:プジョー・シトロエン・ジャポン イラスト:遠藤 イヅル

原題は「The Day of the Jackal」、暗殺者と警察、息詰まる戦いの日々

原作はイギリスの小説家フレデリック・フォーサイス。1971年に刊行、映画化は1973年。英仏合作で、原題は「The Day of the Jackal」です。

1960年代初頭のフランスを舞台に、時の大統領シャルル・ド・ゴール暗殺を企む犯罪組織とそれに雇われた狙撃のプロ暗殺者「ジャッカル」、そしてジャッカルに立ち向かう警察との息詰まる戦いを描いています。

フランスをメインに進む話ですが、ジャッカルは目的遂行のためにイタリアなどにも移動します。

登場するクルマたちはフランス車ファンには嬉しい古いルノー、プジョー、シトロエンのオンパレードですが、ジャッカルがイタリアで調達するクルマは初代ジュリエッタ・スパイダーだったりして、イタリア車ファンも見逃せない映画です。

>>歴史的名車「シトロエン DS」をフォトギャラリーでも見てみる[画像集]

>>ジャッカルの日 [DVD]の購入はこちらから

シトロエンDSって、フランスではクラウンみたいなクルマだった!?

ストーリーを書く紙幅を持ちませんので、注目ポイントを。それは「シトロエンDS」です。同車は1955年にハイドロニューマチックという当時としては画期的な油気圧サスペンションを装備し、当時最先端の前輪駆動を採用、ボディ構造もバスタブ状のシャーシに骨格を組み上げ外皮を貼るというこれまた驚きの設計を持つクルマで、20世紀を代表する1台にも選ばれた名車です。

映画内では1960年代初頭を再現すべく丸目2灯のいわゆる「フロッグアイ」が数多く活躍していますが(うっかり1967年以降の猫目4灯式が出て来るシーンもありますが)、1960年代に想像された宇宙船のような極端にリアトレッドが狭く尻下がりのスタイルは世界的に見ても当時からエキセントリックでしたし、日本では変わったスタイルに見えるクルマのひとつです。

でも、この映画では実に頻繁に出て来ます。黒塗りのDSはVIPや大統領を乗せて、組織側も犯罪の実行に用います。ボロボロのタクシーまで出て来ます。DSはシトロエンのフラッグシップであると同時に、フランス車の中でも上位に位置するモデルでした。それが装備を簡略化した仕様(厳密にはDSではなく“シトロエンID”など別の名称を持つ)がタクシーになったり、装備テンコ盛りの仕様ではVIPを乗せたり……となると、「日本にもそういうクルマあったよね」とピンと来る方がいるかも。そう、トヨタ クラウン、日産 セドリック/グロリアなどの高級車と同じような存在だったのですね。

DSはあまりにもエキセントリックに見えるため特殊に思われがちですが、当時のフランスではDSの存在は当たり前でした。日本でクラウン、セドリックが街中に溢れていたように。

その証拠がシトロエンDSの生産台数です。1975年の生産中止までの台数はなんと約145万台。これを20年で割り月平均にすると月に約6000台(2017年のトヨタ ノア/ヴォクシーが同程度!)も売れていたことに!この映画からはそうした1960年代のフランス自動車事情も垣間見えるのが興味深いのです。

[イラスト&レポート:遠藤 イヅル]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 時音の宿 湯主一條
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

シトロエン DS5の最新自動車ニュース/記事

シトロエンのカタログ情報 シトロエン DS5のカタログ情報 シトロエンの中古車検索 シトロエン DS5の中古車検索 シトロエンの記事一覧 シトロエン DS5の記事一覧 シトロエンのニュース一覧 シトロエン DS5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる