autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 500万円級のトヨタ ヴェルファイア&アルファードが激売れな理由 2ページ目

試乗レポート 2015/8/27 11:08

500万円級のトヨタ ヴェルファイア&アルファードが激売れな理由(2/4)

500万円級のトヨタ ヴェルファイア&アルファードが激売れな理由

「いつかはヴェルファイア&アルファード」

500万円級のアル・ヴェルが激売れな理由/トヨタ アルファード ヴェルファイア 試乗レポート500万円級のアル・ヴェルが激売れな理由/トヨタ アルファード ヴェルファイア 試乗レポート

ヴェルファイア&アルファードは、なぜここまで人気が高いのか。

ヴェルファイアを扱うネッツトヨタ店のセールスマンは『かつての「アリスト」、あるいはドイツ車なども含めて、上級セダンからの代替えが多い。クルマを趣味にしているお客様がヴェルファイアを積極的に選んでいる』と言う。

アルファードを売るトヨペット店のセールスマンは『政治家や芸能人が使っている様子がTVなどで報道され、アルファードのイメージが高まった。トヨペット店には法人のお客様が多く、「クラウン」などからアルファードに代替えするケースも増えた』と説明してくれた。

つまり昔は「いつかはクラウン」だったが、今は「いつかはヴェルファイア&アルファード」なのだ。

セダンには出し得ない、ド迫力のフロントマスク

500万円級のアル・ヴェルが激売れな理由/トヨタ アルファード ヴェルファイア 試乗レポート500万円級のアル・ヴェルが激売れな理由/トヨタ アルファード ヴェルファイア 試乗レポート

このあたりは実車を見ると良く分かる。

アルファードのフロントマスクは、確かにクラウンに通じるところがありそうだ。ヴェルファイアは同じクルマでありながら、イメージ的にはもう少しスポーティー。かつてのアリストを思わせる。アリストは今日のレクサスGSだが、これは欧州車風に洗練された。往年のアリストの押し出し感はもっと分かりやすく、ヴェルファイアもこれに近い。

ヴェルファイア&アルファードのフロントマスクは、ミニバンの特性を上手に利用している。全高が1900mm近くあるから、フロントマスクの上下幅も厚い。ここにメッキグリルを装着すると、セダンでは実現できない迫力を生み出せる。

「トヨタ ランドクルーザー」、「レクサス LX」といったLサイズSUVにも似た特徴があるが、表現の仕方はヴェルファイア&アルファードの方がストレートだ。

[豪華絢爛な室内空間に圧倒・・・次ページへ続く]

トヨタ アルファード 関連ページ

トヨタ ヴェルファイア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ アルファード の関連記事

トヨタ アルファードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ アルファード の関連記事をもっと見る

トヨタ アルファード の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/27~2017/9/27