autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート Tesla初のSUV「テスラ モデルX」国内初試乗 ~この爽快な走り、ひとりで愉しむのはもったいない!~ 2ページ目

試乗レポート 2016/9/30 20:29

Tesla初のSUV「テスラ モデルX」国内初試乗 ~この爽快な走り、ひとりで愉しむのはもったいない!~(2/6)

関連: テスラ モデルX Text: 飯田 裕子 Photo: 島村栄二・テスラモーターズジャパン
Tesla初のSUV「テスラ モデルX」国内初試乗 ~この爽快な走り、ひとりで愉しむのはもったいない!~

大容量電池を持つEVならではの電動化装備

Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子

電動化はフロントドアにも見られ、さらにはラゲッジもしかりだけれど、トランクのバックドアくらいなら他メーカーでもすでに採用済の技術。ただ、左右4枚およびバックドアがスイッチ一つで開閉する様子はちょっとしたエンターテイメント。

>>[画像100枚超]E-SUV「テスラ モデルX」フォトギャラリー

いやもちろん、電動化による利便性の向上がテスラの真の目的なのだろうけれど、電気自動車をつくるテスラの新たな価値であるのも間違いない。

電気自動車の新しい可能性を、ますます電気自動車らしい装備の提案とともに登場させるアグレッシブさもまたテスラらしいというべきではないか。

Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子

【動画】カッコいい!「ファルコンウイングドア」動作の様子はこちらから

スマートフォンでご覧の方はこちらから

フロントのトランクスペースだけはあえて手動式にしている理由とは

Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子

ちなみにモデルX、フロントのボンネットだけは手動開閉。

「優れた収納スペースを持つラゲッジがあれば、ボンネット下に荷物を収める頻度は低いのではないか」とエンジニアは判断したそうだ。ということで、このボンネットフードはアルミ製ゆえ開閉操作にはお作法ありなので、ご注意を。

>>E-SUV「テスラ モデルX」フォトギャラリー[画像100枚超]

テスラ モデルX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

テスラ モデルX の関連記事

テスラ モデルXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

テスラ モデルX の関連記事をもっと見る

テスラ モデルX の関連ニュース