autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート Tesla初のSUV「テスラ モデルX」国内初試乗 ~この爽快な走り、ひとりで愉しむのはもったいない!~

試乗レポート 2016/9/30 20:29

Tesla初のSUV「テスラ モデルX」国内初試乗 ~この爽快な走り、ひとりで愉しむのはもったいない!~(1/6)

関連: テスラ モデルX Text: 飯田 裕子 Photo: 島村栄二・テスラモーターズジャパン
Tesla初のSUV「テスラ モデルX」国内初試乗 ~この爽快な走り、ひとりで愉しむのはもったいない!~

最新E-SUVを日本の公道で初試乗

Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子

斬新な跳ね上げ式「ファルコンウイングドア」が目をひく「テスラ モデルX」。

>>[画像100枚超]E-SUV「テスラ モデルX」フォトギャラリー

待望の日本デビューを果たしたばかりの最新EV(電気自動車)を、いち早く日本の道で乗ってみた第一印象とは。テスラ初のE-SUV「モデルX」の試乗インプレッションについて、モータージャーナリストの飯田裕子さんが速報でレポートします。

Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子

その開閉には左右30cmのスペースさえあればいい

Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子

そもそも後席2列分の乗り降りを賄う両サイドのドアが、大きく上下に開閉する姿をSUVで見るのは初めてではないかしら?

“ガルウイング”、“シザーズ”、“インセント”etc・・・

以前からその多くがスポーツカーに採用されてきたこのタイプの開閉スタイルを、電気自動車であるテスラのモデルXでは「ファルコンウイングドア」と呼ぶ。手元の計測ではこのドアが開くのに約10秒、閉まるのに8秒+αであったけれど、状況に応じて速度調整も可能。

しかも左右30センチほどのスペースがあれば開閉出来るのだ。人間で例えるなら、ドアには肩と肘の関節みたいに2つヒンジが設けられているため、狭いスペースでの開閉を可能にしている。また万一に備え、モデルXのドア開閉のために3つのセンサーが追加され、障害物を感知できるようにしている。

>>E-SUV「テスラ モデルX」フォトギャラリー[撮りおろし画像100枚超]

【実際の動作を映した動画は次ページへ!】

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

テスラ モデルX の関連編集記事

テスラ モデルXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

テスラ モデルX の関連編集記事をもっと見る

テスラ モデルX の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR