Tesla初のSUV「テスラ モデルX」国内初試乗 ~この爽快な走り、ひとりで愉しむのはもったいない!~(1/6)

  • 筆者: 飯田 裕子
  • カメラマン:島村栄二・テスラモーターズジャパン
Tesla初のSUV「テスラ モデルX」国内初試乗 ~この爽快な走り、ひとりで愉しむのはもったいない!~
Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子 Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子 Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子 Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子 画像ギャラリーはこちら

最新E-SUVを日本の公道で初試乗

Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子

斬新な跳ね上げ式「ファルコンウイングドア」が目をひく「テスラ モデルX」。

>>[画像100枚超]E-SUV「テスラ モデルX」フォトギャラリー

待望の日本デビューを果たしたばかりの最新EV(電気自動車)を、いち早く日本の道で乗ってみた第一印象とは。テスラ初のE-SUV「モデルX」の試乗インプレッションについて、モータージャーナリストの飯田裕子さんが速報でレポートします。

Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子

その開閉には左右30cmのスペースさえあればいい

Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子Tesla初のSUVモデル「テスラ モデルX」国内初試乗レポート/飯田裕子

そもそも後席2列分の乗り降りを賄う両サイドのドアが、大きく上下に開閉する姿をSUVで見るのは初めてではないかしら?

“ガルウイング”、“シザーズ”、“インセント”etc・・・

以前からその多くがスポーツカーに採用されてきたこのタイプの開閉スタイルを、電気自動車であるテスラのモデルXでは「ファルコンウイングドア」と呼ぶ。手元の計測ではこのドアが開くのに約10秒、閉まるのに8秒+αであったけれど、状況に応じて速度調整も可能。

しかも左右30センチほどのスペースがあれば開閉出来るのだ。人間で例えるなら、ドアには肩と肘の関節みたいに2つヒンジが設けられているため、狭いスペースでの開閉を可能にしている。また万一に備え、モデルXのドア開閉のために3つのセンサーが追加され、障害物を感知できるようにしている。

>>E-SUV「テスラ モデルX」フォトギャラリー[撮りおろし画像100枚超]

【実際の動作を映した動画は次ページへ!】

1 2 3 4 5 6 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
飯田 裕子
筆者飯田 裕子

OL時代に始めたレース活動をきっかけに、クルマへの興味/関心を深め、フリーの自動車ジャーナリストに転身。自動車雑誌への執筆や自動車系TV番組出演などから、活動の場を広げ、現在では女性誌および一般誌、新聞、Web、ラジオ番組でのパーソナリティ、TV、トークショーと活躍の場は幅広い。ドライビングインストラクターとしてのキャリアも長く、自動車メーカーをはじめ、一般企業、保険会社、警視庁などが主催するスクールでの指導にも定評あり。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 尾上温泉 旅館 紅鮎
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

テスラ モデルXの最新自動車ニュース/記事

テスラのカタログ情報 テスラ モデルXのカタログ情報 テスラの中古車検索 テスラ モデルXの中古車検索 テスラの記事一覧 テスラ モデルXの記事一覧 テスラのニュース一覧 テスラ モデルXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる