autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【新旧比較】「スズキ アルト」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

特別企画 2015/03/12 12:15

【新旧比較】「スズキ アルト」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(1/4)

【新旧比較】「スズキ アルト」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

スズキ アルトの新型と旧型を比較!

スズキ 新型 アルトターボRS(左)、アルト(右)

軽自動車の本質を突いたクルマがスズキ「アルト」といえるだろう。初代モデルは1979年に47万円の低価格で登場し、多くのユーザーがクルマを持てるようになった。

初代アルトが低価格を実現できたのは、4ナンバーの軽商用車にしたからだ。1989年に消費税が導入される前の乗用車には、工場出荷時の卸値に物品税が課せられ、車両価格に上乗せされていた。物品税率は普通乗用車が30%、小型/軽乗用車は15%だったが、軽商用車は免税になる。アルトはこの規格を利用して、価格を安く抑えた。

この後、消費税の導入で物品税が廃止され、アルトは軽乗用車に移行した。フルモデルチェンジを重ね、2014年末には8代目の新型になっている。2015年3月11日にはターボのRSも加え、バリエーションを充実させた。

7代目の先代型は、ダイハツ「ミライース」と激しい燃費競争を展開。最終的にJC08モード燃費を35km/Lまで向上させた。8代目の新型は、新開発のプラットフォームも採用して、ボディを大幅に軽量化。JC08モード燃費は37km/Lになっている。