autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 “スバリスト(スバルヲタ)”視点から見る「スバル インプレッサ マイナーチェンジ」マニアックすぎる新型車解説/マリオ高野 4ページ目

新型車解説 2015/3/7 09:08

“スバリスト(スバルヲタ)”視点から見る「スバル インプレッサ マイナーチェンジ」マニアックすぎる新型車解説/マリオ高野(4/5)

“スバリスト(スバルヲタ)”視点から見る「スバル インプレッサ マイナーチェンジ」マニアックすぎる新型車解説/マリオ高野

エンジンフリクション低減で、燃費は僅かながら向上

スバル インプレッサG4スバル XV

パワートレインでは、2リッターのみエンジンのフリクションの低減がはかられました。

具体的にはピストンスカートのコーティングの二層化、ピストンリングのトップとセカンドの張力低減、バルブのシャフト部分の鏡面仕上げなどです。

さらに補器ベルトの掛け方を変更し、アイドラプーリーを2個から1個に集約することでもエンジンの負担が軽くなっております。

JC08モード燃費の向上はわずかですが、実燃費では確実に良い数字が出しやすくなり、85~100km/hで巡航すると20km/L台も狙いやすくなりました。

ちなみに、EGR(排気再循環)率を変えたことに合わせてスロットル開度の制御にも微妙な変更を受けております。

リニアトロニックは抵抗を減らす改善が施される

リニアトロニック イメージフロントサスペンション

リニアトロニックは潤滑オイルの撹拌を減らし、余計な抵抗や流れを作らないよう改善されました。バッフルでかき回さなくても潤滑部分にしっかりオイルが浸るようになり、オイル自体の低粘度化もはかられています。

粘度指数に現れるほどの変化ではないようですが、今後、ディーラーで使用されるCVT用のフルードも同時に変わるとのこと。

さらにミッションケースにリブを入れて補剛し、遮音カバーを最適化したことで、CVT特有の金属音が減少しました。

サスペンションとパワートレーン以外では、全車ともフロントのブレーキパッドの裏にあるシムの仕様を変更。従来は重ね合わせタイプだったのを積層タイプとすることで、制動初期の応答性がアップ。より繊細なペダルワークに応えられるようになったという印象です。

2リッター車はアイサイト Ver.3を搭載

スバル インプレッサG4

また、このD型からアイサイトがVer.3となりましたが、視野が広がり夜間の認識精度が向上したアイサイトVer.3の性能に合わせてHIDヘッドライトは配光を変更。ロービームが照らす範囲は前側に20%、横側に20%も広がっています。

あと細かいところでは、全車ともウインカーがワンタッチ3回点灯式となり、プッシュボタンスタート装着車に暗証コード式のキーレスが採用されるようになりました。

スバル インプレッサスポーツ 関連ページ

スバル インプレッサG4 関連ページ

スバル インプレッサXV 関連ページ

スバル XV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサスポーツ の関連記事

スバル インプレッサスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサスポーツ の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサスポーツ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29