autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル フォレスターtS試乗レポート/小沢コージ 4ページ目

試乗レポート 2010/12/3 13:51

スバル フォレスターtS試乗レポート/小沢コージ(4/4)

関連: スバル フォレスター Text: 小沢 コージ Photo: オートックワン編集部
スバル フォレスターtS試乗レポート/小沢コージ

謎めくクルマ職人

スバル フォレスターtS
スバル フォレスターtSスバル フォレスターtS

「でもね。ウチのパーツってほとんどの繋ぎがピロなんですよ」。

試乗後、フォレスターtSの滑らかさの理由を尋ねた時、辰己さんはそう切り出した。「ピロ」とはピロボールの略称で、いわゆるゴムブッシュではなく、金属を使ったロッドエンドのことを指し、よりダイレクトな動きを目指すレーシングカーやラリーカーに多く使われている。

ただし、ダイレクトな分、無駄なショックを伝えてしまうデメリットもあり、レーシングカーの乗り心地が悪い理由はそこにある。ところがtSはピロを使っていながら乗り心地がいい。それはパーツの考え方と、オリジナルパーツそのものに秘密がある。

辰己さんは冒頭のフレキシブルドロースティフナーを、リアのフレーム後端からリアサスのフレーム近くに繋げているのだが、これは剛性アップのためというより、力を伝えるため。「力の流れっていうのは、要は行き場の無くなった力を、在るべき場所に逃がしてやることなんですよ」これによりショックが全体を伝わり、ボディの動きに一体感が出る。

またドロースティフナーもそうだし、フレキシブルタワーバーもそうだが、パーツの真ん中にピロボールによる「関節」が付いている。 「これはダイレクト感を出すためではなく、横方向を固めつつ、上下方向の力は逃がしてやることなんです」とか。ズバリ、正確に把握するのは難しいが、要はボディを固めるべきところは固め、緩めるべきところは緩め、それがtSの操縦性の良さと乗り心地の良さの両立に繋がっているのだ。

「スポーツカーって大抵はドライバーだけが楽しいんです。助手席も後席も硬くて不快。でも僕は乗客全員が楽しく過ごしていただきたいんです」。実はそれこそがフォレスターtSの一番の意義だったりする。

チューニングは愛!それが今回の結論なのかもしれない。

価格は362万2500円。全員が楽しめる、と考えれば安いものなのかもしれない。

スバル フォレスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル フォレスター の関連記事

スバル フォレスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル フォレスター の関連記事をもっと見る

スバル フォレスター の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26