autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ パナメーラ S ハイブリッド 海外試乗レポート/金子浩久 2ページ目

試乗レポート 2011/5/20 12:00

ポルシェ パナメーラ S ハイブリッド 海外試乗レポート/金子浩久(2/4)

関連: ポルシェ パナメーラ Text: 金子 浩久 Photo: ポルシェ・ジャパン
ポルシェ パナメーラ S ハイブリッド 海外試乗レポート/金子浩久

最大の特徴は「コースティングモード」

ポルシェ パナメーラ S ハイブリッド

パナメーラSハイブリッドは、ポルシェ初の4ドアGT「パナメーラ」にカイエンSハイブリッドで用いられているエンジン+モーター+バッテリーのハイブリッドユニットを搭載している。

カイエンSハイブリッドが4輪駆動なのに対して、パナメーラSハイブリッドは2輪駆動のみとなる点が違う。そのエンジンはスーパーチャージャー付き3リッターV6。トランスミッションは、「ティプトロニックS」8速オートマチック。

エンジンとモーターの合計出力は、380馬力。停止から時速100キロまでの加速時間が、6.0秒。最高速度が時速270キロと、ハイブリッドとはいえども、ポルシェらしく俊足だ。カタログ燃費は7.1リットル/100kmだから、開発責任者はそれより少し厳しい値を設定したことになる。

いよいよスタート。パナメーラSハイブリッドの最大の特徴は、「コースティングモード」にある。コースティングモードとは、走行中に一定の条件を満たしたとクルマが判断すると、エンジンを停止し、クラッチが切れてパワートレインの動力伝達機構から離れて走ることを言う。

走行中にエンジンが停止してモーターだけで走るハイブリッドカーは珍しくはないが、クラッチを設けてパワートレインから切り離すのは、このパナメーラSハイブリッドと同じシステムを用いる、カイエンSハイブリッドとフォルクスワーゲン・トゥアレグハイブリッド、それに日産フーガハイブリッドだけである。

パワートレインから切り離すことができるから、エンジン内部のシリンダーとピストンの摩擦抵抗がゼロになり、その分の燃費が向上するというメリットを獲得できる。しかし、その一方で、クラッチという重量物が加わることになってしまう。だから、重量級のクルマに向いている方式なのだろう。

パナメーラSハイブリッドの走り出しは、必ず、電気モーターからによるもので、スーッと静かに走り出す。そこからスロットルを大きく開けて加速すれば、エンジンが始動して両方のパワーユニットを駆使して走るのだが、あくまで最初は電気モーターだ。だから、安全のために必ずドアを閉め、シートベルトを締めてからイグニッションをオンにしないと、走り出しても電気モーターは働かない。したがって、コースティングモードにも入らない。

ポルシェ パナメーラ S ハイブリッドポルシェ パナメーラ S ハイブリッドポルシェ パナメーラ S ハイブリッドポルシェ パナメーラ S ハイブリッドポルシェ パナメーラ S ハイブリッド

ポルシェ パナメーラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ パナメーラ の関連記事

ポルシェ パナメーラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ パナメーラ の関連記事をもっと見る

ポルシェ パナメーラ の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円