autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ ボクスタースパイダー 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2009/12/15 18:25

ポルシェ ボクスタースパイダー 海外試乗レポート(2/2)

関連: ポルシェ ボクスター Text: 河村 康彦 Photo: ポルシェジャパン
ポルシェ ボクスタースパイダー 海外試乗レポート

80kgの軽量化がもたらす走りの快感

ポルシェ ボクスタースパイダー  河村氏試乗ポルシェ ボクスタースパイダー  河村氏試乗

こうして「現行のポルシェラインナップでは最軽量」を謳うボクスター スパイダーの走りの快感は、1速ギアを選び、クラッチをミートした瞬間からしっかりと実感できる。

アクセルペダルの踏み込みによって背中を押される感覚は、走り出しの瞬間からボクスターSよりも明確に強力。加えて、高いギアで低いエンジン回転数という”エコ・ドライビング”のシーンでも、やはりボクスターSよりも遥かに加速のレスポンスが優れており、「軽さは万能薬」である事を実感させられる。

もちろん、高回転をキープするスポーツドライビングでは、強力な加速とスポーティなサウンドが、ホットな走りの気分をより一層盛り上げてくれる。

何しろ、このモデルのパワーウェイトレシオは僅か3.98kg/ps!

ボクスター スパイダーは、カジュアルなオープンカーなどではなく生粋の「ピュア・オープンスポーツカー」そのものなのだ。

そんなスパイダーは、足回りのセッティングもごきげんだ。ミッドシップならではの軽やかな回頭感や、優れたトラクション能力をベースとしたスポーツカーらしい走りは、ボクスターSと比べ、よりドライバーの意思に忠実で自在度が高く、ピュアなスポーツモデルへと昇華された感覚をたっぷりと味わう事が出来る。

ポルシェ ボクスタースパイダーと河村康彦氏

一方、前述のように強化されたサスペンションがもたらす乗り心地が、ベース・モデルに対して路面凹凸の上下Gをより強く感じさせるものとなっているのは確かだ。

けれども、それは決して不快という事はなく、走りの実力とのバランスを考えれば十分に納得できる範囲内だ。

このところ、PDK仕様がテスト車両の大半を占める事の多かったポルシェの国際試乗会。

しかし、米国カリフォルニアで開催された今回のイベントでは、すべての試乗車がMT仕様で統一された。それは、機能面での優位性はPDKにある事を踏まえつつも「自ら操る」という行為の素晴らしさはまだMTにも一理があるという事実を、ポルシェも認めたと受け取っても良いはず。

ボクスター スパイダーは、そんなスポーツドライビングの真髄を極めさせてくれる1台なのである。

ポルシェ ボクスタースパイダーポルシェ ボクスタースパイダーポルシェ ボクスタースパイダーポルシェ ボクスタースパイダーポルシェ ボクスタースパイダー
筆者: 河村 康彦

ポルシェ ボクスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ ボクスター の関連記事

ポルシェ ボクスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ ボクスター の関連記事をもっと見る

ポルシェ ボクスター の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円