autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース キャデラック、インフォテイメントシステム「CUE」に日本専用ナビゲーションシステムを設定

自動車ニュース 2014/2/27 15:04

キャデラック、インフォテイメントシステム「CUE」に日本専用ナビゲーションシステムを設定

新型CTSに加え、既存のATS・SRXにも追加設定

キャデラック 新型CTS/フロントエクステリア「キャデラック ATS Premium(プレミアム)/フロントエクステリア キャデラック SRX クロスオーバー/フロントエクステリア

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、4月12日(土)から販売を開始する新型「キャデラック CTS」のハイテクインフォテイメントシステム「CUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)」に、日本専用ナビゲーションシステムを設定した。

更に、既に発売中の「キャデラック ATS」や「キャデラック SRX」についても、「CUE」にナビゲーションシステムに統合し新たに5月より導入する。また、既に販売済の従来型の電動開閉式7インチワイドモニターSDナビを、上記ナビに変更することも可能となる。なお、この対応については5月から正規販売店で行う。

CUEは、アメリカのIT文化が生み出したHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)。今回新たに「CUE」のタッチ画面へ、これまでの機能に加えナビゲーションの機能も統合。車両のCUE上の画面に地図が表示され、地上デジタルTVの視聴もタッチ操作で可能となる。

CUE統合制御ナビゲーションシステムの特徴は、大容量(16GB)のSDナビゲーション、VICS3メディア(ビーコンユニット搭載)、地上デジタルTV(フルセグ/ワンセグ)対応、4チューナーX4アンテナシステム、そしてBluetooth(電話/オーディオ)対応という点である。

「CUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)」とは

新型「キャデラックCTS」の優れた基本性能を支える機能「CUE」は、スマートフォンのような使いやすさでインフォメーションとエンタテイメント・データをコントロールするキャデラックの総合的なインターフェース。

最大10回線のブルートゥース通信デバイスやUSB、SDカード、MP3プレーヤーなどからのデータを取り込み、わずか4個のボタンを利用して簡単に操作することができる。最大60個の“お気に入り”を登録可能で、例えば、ラジオ局や連絡先、楽曲などを保存することも可能となっている。

◎関連記事

■キャデラック 新型スポーツセダン「ATS」[2013年モデル]試乗レポート/岡本幸一郎

■キャデラック 新型CTS 試乗レポート/西川淳

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

キャデラック CTS の関連記事

キャデラック CTSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

キャデラック CTS の関連記事をもっと見る

キャデラック CTS の関連ニュース

キャデラック 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/15~2017/12/15

  • キャデラック

    新車価格

    1,260万円1,360万円

  • キャデラック
    XTS

    新車価格

    1,008万円

  • キャデラック
    CT6

    新車価格

    998万円