autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、「SKYACTIV-G」と「SKYACTIV-D」の年間生産能力を80万基に増強

自動車ニュース 2012/7/3 14:03

マツダ、「SKYACTIV-G」と「SKYACTIV-D」の年間生産能力を80万基に増強

マツダ CX-5 SKYACTIV-D「SKYACTIV-G」搭載モデル マツダ デミオ「SKYACTIV-G」搭載モデル マツダ アクセラ年内導入予定の次期「マツダ アテンザ(海外名:Mazda6)」

マツダは、「SKYACTIV技術」のガソリンエンジン「SKYACTIV-G」とディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」について、今年10月に本社エンジン工場(広島市南区)の年間生産能力を40万基から80万基に増強すると発表した。

この取り組みは、汎用設備の拡充によって、「変種変量、高効率生産」を追求し、今後拡大する「SKYACTIV技術」搭載車の生産に対応していくといったもの。

「SKYACTIV-G」は現在、国内向けの「マツダ デミオ」、国内と北米および豪州向けの「マツダ アクセラ(海外名:Mazda3)」、グローバルに順次導入している「マツダ CX-5」の3車種に搭載されており、ノッキング(異常燃焼)の課題を克服するしたことにより、高圧縮比(14.0)を実現した新世代高効率直噴ガソリンエンジンだ。

「SKYACTIV-D」は、日本国内と欧州および豪州向けの「マツダ CX-5」で初めて搭載されており、低圧縮比(14.0)の実現などにより、高価なNOx後処理装置なしで、グローバルにおける排出ガス規制をクリアする新世代クリーンディーゼルエンジンである。また、年内導入予定の次期「マツダ アテンザ(海外名:Mazda6)」にも採用される見込みだ。

マツダは、2016年3月期のグローバルでの販売目標台数を170万台とし、うち「SKYACTIV技術」の搭載車比率を80%にする事を計画している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-5 の関連記事

マツダ CX-5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-5 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-5 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/14~2017/12/14