autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート スズキ スペーシア 燃費レポート 4ページ目

燃費レポート 2013/06/22 00:00

スズキ スペーシア 燃費レポート(4/4)

スズキ スペーシア 燃費レポート

スズキ スペーシア 燃費レポート【市街地編】

市街地区間でも車重の軽さ、エネチャージの採用やタイヤの転がり抵抗に代表される走行抵抗の少なさによる全体的な「軽さ」が印象的だった。

その他に印象的だったことは2つある。1つ目はエネクールの効果だ。

スズキ スペーシア 秋葉原駅前

テスト日は最高気温が28度程度と、真夏の猛暑ほどではないにせよ初夏の暑さを感じさせる気候であった。通常のアイドリングストップ装着車の場合、このくらいの気候だとアイドリングストップが1分くらい続くと乗員が我慢できる温度の限界を超えてしまい、エアコンを作動させるためエンジンが始動しアイドリングストップする時間が短くなり、夏場の燃費低下を招くのが普通だ。

しかし、スペーシアはエネクールを採用した恩恵でアイドリングストップ中でも状況による違いはあるが、この日の気温だと2分くらいまでならエアコンなしでも我慢できる室内環境が維持され、アイドリングストップする時間も長くなり、結果渋滞中でも燃費の悪化も少なかった。

真夏の暑さの中では効果も薄れるだろうが、確実な効果を確認できたことは高く評価したい。

スズキ スペーシア アイドリングストップ

2つ目はアイドリングストップによるエンジンの止まり方だ。

前述したようにスペーシアのアイドリングストップは燃費向上のため、13km/h以下のスピードからエンジンが停止する。このこと自体は歓迎できるのだが、エンジン停止から完全停止までの間にブレーキの踏力(踏み方)に変化があると、この間にエンジンが再始動してしまうことに問題を感じた。

運転に気を使う人なら完全停止する寸前に停止した際の「ガッタン」という不快な動きを防ぐため、ブレーキを少し緩めるような運転をすると思うが、その時にもエンジンが再始動してしまうのだ。

もちろん13km/h以下のスピードでエンジンを停止することは燃費向上に寄与するのだろうが、モード燃費の測定で起きない事象が実際の走行では多々起きることを考えると、エンジンの止め方に関しては再考して欲しいところだ。

スズキ スペーシアの市街地燃費は「19.1km/L」

エンジン再始動の際の掛かりの早さや、スターターモーターの音質、音量に関しては申し分のない出来だった。

燃費はエネクール、アイドリングストップの効果が大きい走行条件だったこともあり、交通状況を考えれば「19.1km/L」というエンジン車と考えれば「文句なし!」といえる記録を残した。

 スズキスペーシア 市街地の実燃費/19.1km/L

スズキ スペーシア 燃費レポート【総評】

スズキ スペーシアとライターの永田恵一氏

スズキスペーシア 総合燃費/22.4km/L

燃費の良さに加え、NAエンジンで高速道路を走っても不満のない動力性能を確保している点など、スペーシアはハイト系軽自動車の最新モデルに相応しい完成度を持っていた。

しかし、その反面燃費と動力性能以外で際立った魅力を感じられなかったことも事実だった。今後の改良で大きな魅力として感じられるワンパンチが加わることを期待したい。

他の燃費レポートをご覧いただきたい方は、以下のリンクをクリック!

以下のリンクから、燃費レポートの各記事が一覧でご覧いただけます!

◇気になる人気車の実燃費=本当の燃費を測定! ~燃費レポートシリーズ~

燃費レポートでは、昨今クルマ購入の目安となっている燃費へフォーカスし、燃費を売りにした新型車を使用して高速道路、郊外路、市街地など様々な道路状況で実燃費をテスト。丁寧かつ時間を掛けて燃費計測を行うレポート記事です。

筆者: 永田 恵一

スズキ スペーシア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!