autoc-one.jp 記事・レポート 日本版コンシューマレポート 日本版コンシューマレポート-マツダ プレマシー ユーザー試乗レビュー-

コンシューマレポート 2010/9/2 23:27

日本版コンシューマレポート-マツダ プレマシー ユーザー試乗レビュー-(1/6)

日本版コンシューマレポート-マツダ プレマシー ユーザー試乗レビュー-

「カッコいいミニバン?」=「プレマシー」が、日本でもウケるのか!?

日本では「ミニバンのカッコ良さ」の解釈が、大きく分かれる。

(1)背の高い型「アルファード」「ステップワゴン」「セレナ」「ビアンテ」「タント」等。

(2)背の低い型「ウイッシュ」「ストリーム」等。

この2分野の人たちは互いに、「こっちがカッコいい、あっちはカッコ悪い」という。または、ある時期に「やっぱりあっちがカッコいいや」と、心変わりする。

ミニバン選びの基準は奇怪。長年培われてきた自動車開発の常識など通用しない。エンジンの大きさ、ボディの大きさで、ユーザーは買いたいミニバンを選んでいない。

そうしたマツダ社内調査の結果を受けて、第三世代「プレマシー」の開発が進んできた。

だが、広島気質というのか、職人堅気というのか・・・。「生真面目」にクルマ造りと戦っているマツダ、技術屋集団マツダは、正々堂々とミニバン大国のドアを正面から叩いてしまった。そして第三世代、新型「プレマシー」がこの世に舞い降りた。

マツダ技術陣は、生真面目に言う。

「減速時から旋回、旋回から加速時、途切れのないリニアな走り味で・・・」。こうした技術畑の熱い思い、聞けば聞くほど、心配になってきた・・・。

なぜなら、本連載で過去に掲載した、「ステップワゴン」「ノア・ヴォク」で、「ユーザーはミニバンに対し、走りへの期待度はさほど高くない」と結論付けてきたからだ。その法則、背が低くスタイリッシュな「プレマシー」では覆されるのか?

さあどうなる「プレマシー」。同車の開発責任者、松岡英樹さんもドキドキワクワクの結果はいかに!?全国各地からの試乗の声を、ジックリと見てみよう。

・車両価格

(20CS)1,799,000円/(20E)1,920,000円/(20S)2,099,000円

・発売日

2010年7月1日

・メーカー月販目標台数

1,800台

・販売台数

7,240台(7月)

・7月の販売構成比率

(20S・2WD)55%/(20E・2WD)25%

・メーカーオプション装着率

(電動スライドドア)85%/(バックカメラ)45%

・ユーザー試乗募集時期

2010年7月1日~2010年7月27日

マツダ プレマシー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ プレマシー の関連記事

マツダ プレマシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ プレマシー の関連記事をもっと見る

マツダ プレマシー の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21