autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 マツダ 新型アクセラ スカイアクティブ 新型車解説 2ページ目

新型車解説 2011/9/27 11:14

マツダ 新型アクセラ スカイアクティブ 新型車解説(2/3)

関連: マツダ アクセラ , マツダ アクセラスポーツ Text: 松下 宏 Photo: マツダ株式会社
マツダ 新型アクセラ スカイアクティブ 新型車解説

新型アクセラ スカイアクティブのキモは「全域ロックアップ」の6速AT!

今回のマイナーチェンジの肝となるのは新しいパワートレーンだ。

マツダ 新型 アクセラ SKYACTIV-G 2.0 直噴エンジンマツダ 新型 アクセラ SKYACTIV-DRIVE 6速AT

2リッターエンジンを「SKYACTIV-G 2.0」へ変更したほか、「SKYACTIV-DRIVE」の電子制御6速ATを搭載し、走りのパフォーマンスと燃費を大きく向上させてきた。

新しい2リッターエンジンは、機械抵抗やポンピングロスなどを徹底して低減すると同時に、燃料噴射装置の改良、ピストン形状の変更、デュアルS-VT(シーケンシャル・バルブタイミング機構)の採用などによって効率を高めている。

今回はマイナーチェンジなので排気系にも手を加える本格的なSKYACTIVにはなっていないが、従来の2リッター直噴エンジンが「11.2」という圧縮比であったのに対し、新型アクセラのSKYACTIV-Gは「12.0」まで高められた。

デミオSKYACTIVの「14.0」には及ばないが、一般的なガソリン車に比べたら十分に高い圧縮比であり、これも効率の良さにつながっている。

動力性能は従来の2リッター直噴エンジンが[110kW/186N・m]だったのに対し、SKYACTIVの2.0は[113kW/194N・m]へと向上させた。特に全域でのトルク向上がポイントだ。

デミオ スカイアクティブでは動力性能を抑えることで燃費を向上させた面もあったが、アクセラ スカイアクティブではマツダ車らしいズームズームな走りを向上させながら、燃費の良さを追求している。

燃費はエンジンだけでなく、今回が初搭載となるSKYACTIV-DRIVEの電子制御6速ATとの組み合わせなどによって達成された。

この新ATはコンパクトなトルクコンバーターをほとんど全域でロックアップさせることで、優れた伝達効率を実現している。

アクセルを踏み込むと、エンジンの回転が上昇するのと並行して車速が上がっていく感覚で、これまでのタイムラグのあるATとは違ったクイックな変速感覚とダイレクト感のある走りとなっている。

そして、その伝達効率の良さは当然ながら燃費にも貢献する。グレード(装着タイヤ)による違いもあるが、最も燃費の良いグレードでは10・15モードで「20.0km/L」、JC08モードで「17.2km/L」を達成した。2リッターのガソリン車としては相当に良い数値だ。

そして、パワートレーン以外に目に見えない部分の改良もしっかり行われている。床下のフロアトンネル回りの結合構造を変更したり溶接方法を変更することで、ボディ剛性を向上させている。

このしっかりしたボディが、乗り心地の良さへと繋がっている。

マツダ アクセラ 関連ページ

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラ の関連記事

マツダ アクセラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24