autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル)試乗レポート/九島辰也 2ページ目

試乗レポート 2015/1/6 18:27

マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル)試乗レポート/九島辰也(2/3)

マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル)試乗レポート/九島辰也

スポーティ一辺倒に、しなやかさと上質さをプラス

マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル)マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル)

それはともかくクルマを走らせる。その印象はスポーティさ一辺倒だったフィーリングにしなやかさと上質さが加わった。路面の段差ではあたりがやわらかく、それでいてしっかり感触も伝わる。この辺はかなりヨーロッパ車的なこなし方だ。それに高速コーナーでのリアサスの粘りにさらに余裕が出た気がする。コーナー外側に引き寄せられるGフォースの立ち上がりもピーキーではない。これは新開発されたリアサスの恩恵が大きい。ブッシュの設計変更はGフォース時のセンターを出した。これによりクルマはより安定したと考えられる。

もちろんそれでいてスポーティさも感じられる。今回から用意されたパドルシフトは反応がよくタッチのフィールもワルくない。コーナー手前の減速時には有効だ。一応記しておくと、右手がアップ、左手がダウンになる。

そしてそれに連結されるディーゼルユニットが、太いトルクでグイグイとクルマを前へ押しやる。あいかわらずの頼もしさに思わずニヤけてしまう瞬間だ。マツダはディーゼルエンジンの可能性を見事に引き出している数少ないメーカーだろう。ディーゼルがこれほどまでスポーティであることを再認識させられる。

個人的にうれしいのはステアリンググリップの素材変更だ。これまでピタッと貼ったビニールレザー的な手触りだったが、それがイマドキの高級レザーっぽいものにスイッチされた。ステアリンググリップはクルマとドライバーが接せられる数少ないパーツだけに、この進化は重要。単純な話、これだけでクラスが上がった。

マツダ アテンザ 関連ページ

マツダ アテンザワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アテンザ の関連記事

マツダ アテンザの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アテンザ の関連記事をもっと見る

マツダ アテンザ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29