マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル)試乗レポート/九島辰也(1/3)

マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル)試乗レポート/九島辰也
マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル) マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル) マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル) マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル) マツダ アテンザワゴン(2014年一部改良モデル) マツダ アテンザワゴン(2014年一部改良モデル) マツダ アテンザワゴン(2014年一部改良モデル) マツダ アテンザワゴン(2014年一部改良モデル) マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル) マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル) マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル) 画像ギャラリーはこちら

マツダの生産規模と先鋭部隊のラインナップだからできる技術進化

モータージャーナリストの九島辰也さん

およそ2年前だったと思う。現行型アテンザのメディア向け試乗会が葉山で行われた。印象深かった理由はふたつ。大雪で開催日の一日がつぶれたこと。幸い私が参加するのはその翌日だったため試乗はできた。そしてもうひとつはクルマがよかったこと。いいクルマを試乗したときは気分がいい。よって記憶に深く残る……。

さて、そんなアテンザがマイナーチェンジした。ちょっと早い気がしなくもないが、マツダのプレゼンテーションによると、今後随時最新のスカイアクティブテクノロジーを各モデルに搭載していくそうだ。

マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル)
マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル)マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル)

これは我々消費者側にとって歓迎すべきポイントとなる。日々めまぐるしく進化する技術のアップデートは期待したいところ。特に環境性能、安全技術、インターフェイスに関しては急速な進化が見込まれるであろう。

そんなことができるのはマツダの企業規模と関係する。生産規模と先鋭部隊となるラインナップがそれを可能にする。

今回マイナーチェンジされたアテンザはまさにそんな考えの元、手が入った。昼夜全天候360度認知支援という舌を噛みそうなアイアクティブセンスや夜間の視界をよりクリアにするアクティブLEDヘッドライトなどがそれだ。彼らはそれらを総称して、「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」と呼ぶ。この辺の詳細はカタログとにらめっこしてもらいながら理解するしかない。アルファベットが並ぶそれらの名称を把握するのは、正直難しい……。

1 2 3 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

九島 辰也
筆者九島 辰也

外資系広告会社から転身、自動車雑誌業界へ。「Car EX」副編集長、「アメリカンSUV」編集長などを経験しフリーランスへ。その後メンズ誌「LEON」副編集長なども経験。現在はモータージャーナリスト活動を中心に、ファッション、旅、サーフィンといった分野のコラムなどを執筆。また、クリエイティブプロデューサーとしても様々な商品にも関わっている。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

マツダ アテンザの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ アテンザのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ アテンザの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ アテンザの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ アテンザのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる