autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レンジローバー 2014年モデル「3.0 V6 スーパーチャージド VOGUE」試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2013/12/28 00:00

レンジローバー 2014年モデル「3.0 V6 スーパーチャージド VOGUE」試乗レポート/岡本幸一郎(2/3)

レンジローバー 2014年モデル「3.0 V6 スーパーチャージド VOGUE」試乗レポート/岡本幸一郎

身のこなしの軽さがアドバンテージ

新型 レンジローバー 3.0 V6 スーパーチャージド VOGUE[2014 モデル/ボディカラー:フィレンツェ・レッド] 試乗レポート/岡本幸一郎 9

今回は、その「3.0 V6スーパーチャージド ヴォーグ」に試乗した。

5リッターV8に比べると、サウンドはずいぶん控えめ。

ところが踏み込んだときの加速感は、かなり力強い。5リッターV8のスーパーチャージドほど突き抜けた感じではないものの、いかにも過給機付きエンジンらしい盛り上がり感があり、トップエンドまで痛快に吹け上がる。

自然吸気の5リッターV8もよかったが、こちらのほうが実燃費もいいだろうし、走っても楽しめるのではないかと思う。

新型 レンジローバー 3.0 V6 スーパーチャージド VOGUE[2014 モデル/ボディカラー:フィレンツェ・レッド] 試乗レポート/岡本幸一郎 4

さらに、この3リッターV6モデルには、軽さという大きなアドバンテージがある。

4代目レンジローバー自体が、アルミモノコックの採用により、これほど大柄なSUVでありながら、大幅な軽量化を実現しているのだが、5リッターV8に比べてパワートレイン自体が軽く、装備のやや簡略化された同モデルは、さらに輪をかけて軽い。ステアリングの操舵力も軽く、切ったとおりにスッと軽快にノーズが向きを変える。

車検証を調べたところ、車両重量は2340kgで、前軸重が1190kg、後軸重が1150kgと前後重量配分が50:50に近く、とてもバランスがよいことも、このハンドリングに寄与しているに違いない。

新型 レンジローバー 3.0 V6 スーパーチャージド VOGUE[2014 モデル/ボディカラー:フィレンツェ・レッド] 試乗レポート/岡本幸一郎 3

4代目レンジローバーは、全車にクロスリンク式のエアサスペンションを採用しており、加えて車両の挙動に対して最適な制御を行なう「アダプティブ・ダイナミクス」や、アクティブスタビライザーの「ダイナミック・レスポンス」などを装備。

これらにより攻めたコーナリングを試してもロールは小さく抑えられているし、左右に素早く切り返しても揺り返しがとても小さく抑えられているのが印象的だ。

軽量化したとはいえ、これほど大柄で背の高い車体のクルマでありながら、想像よりもずっと身のこなしが軽いことに改めて驚かされた。

[次ページへ続く]

新型 レンジローバー 3.0 V6 スーパーチャージド VOGUE[2014 モデル/ボディカラー:フィレンツェ・レッド]新型 レンジローバー 3.0 V6 スーパーチャージド VOGUE[2014 モデル/ボディカラー:フィレンツェ・レッド]新型 レンジローバー 3.0 V6 スーパーチャージド VOGUE[2014 モデル/ボディカラー:フィレンツェ・レッド]新型 レンジローバー 3.0 V6 スーパーチャージド VOGUE[2014 モデル/ボディカラー:フィレンツェ・レッド]新型 レンジローバー 3.0 V6 スーパーチャージド VOGUE[2014 モデル] インテリア・メーター周り

ランドローバー レンジローバー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランドローバー レンジローバー の関連記事

ランドローバー レンジローバーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランドローバー レンジローバー の関連記事をもっと見る

ランドローバー レンジローバー の関連ニュース

ランドローバー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23