autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 無限 N-ONE 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2013/5/14 22:08

無限 N-ONE 試乗レポート/岡本幸一郎(2/3)

関連: ホンダ N-ONE Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
無限 N-ONE 試乗レポート/岡本幸一郎

N-ONEに相応しい乗り味を追求した「スポーツサスペンション」

無限 N ONE無限 N ONE

そして「スポーツサスペンション」について。こちらは、スタビライザーの付かないエントリーグレードの「G」系を除く全FWDモデルに装着可能で、同一のキットでいずれのグレードにも対応できるようセッティングされている。車高は20mmダウンで、減衰力は固定式となる。

方向性としては、もちろんハンドリングや操縦安定性を高めているが、N-ONEは年齢層の高いユーザーも少なくないことを考慮し、乗り心地を優先して開発したという。

そもそも、ホンダ自体がかなり力を入れたN-ONEの走りは、ノーマルのままでもけっこう完成度は高い。直進安定性が高く、高速巡航も得意ならコーナリングもなかなか楽しめる仕上がりだ。ただし、乗り心地に関してはやや固めという印象があり、とくに「プレミアムツアラー」はかなり尖っている。

そこで無限のスポーツサスペンションでは、すべての要素を強化するわけではなく、たとえばリアダンパーの圧縮側の減衰力やフロントのスプリングレートは、ノーマルの「ツアラー」に対してもむしろ落としている。別格的にスポーティに味付けされた「プレミアムツアラー」に対しては、スプリングレートを前後ともだいぶ低めにしている。

また、無限の開発担当者がテストしたときの印象では、ノーマルは高速安定性については概ね良好であるものの、ややフワフワすると感じたという。調べてみるとノーマルのリアダンパーはピストンスピードがゆっくりのときは減衰が低く、あるところからグッと高くなる特性となっていたとのこと。

悪くはないとはいえ、コストの制約のある中で走りと乗り心地の妥協を図る上では、これが精一杯だったのだろうという印象が残るのは否めない。そこで無限のスポーツサスペンションでは、よりしっかり感を出すために微低速域から減衰力を立ち上げる特性としたのだという。

無限 N ONE無限 N ONE無限 N ONE無限 N ONE無限 N ONE

ホンダ N-ONE 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ N-ONE の関連記事

ホンダ N-ONEの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ N-ONE の関連記事をもっと見る

ホンダ N-ONE の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円