【2022年】ホンダの個性的な軽自動車、N-ONEがマイナーチェンジ! 100万円台で購入できる大人な世界観の特別仕様車も追加設定

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:本田技研工業
画像ギャラリーはこちら

ホンダの個性的な軽自動車であるN-ONEがマイナーチェンジを果たし、2022年8月26日(金)から発売されます。N-ONEはホンダの乗用車の原点であるN360をルーツに持ち、普遍的なデザインが特徴的なモデルです。今回、新たな世界観を持つ特別仕様車も追加されました。

どんなモデルに進化したのか、ご紹介しましょう。

目次[開く][閉じる]
  1. 2代目N-ONEはマイナーモデルチェンジを果たした
  2. N-ONEにSTYLE+ URBAN(スタイルプラス アーバン)が追加! 大人のためのスタイリッシュなデザインが特徴
  3. 通常グレードにも新色のボディカラーを追加! 上質なデザインに進化した

2代目N-ONEはマイナーモデルチェンジを果たした

軽自動車、ボディサイズ

ホンダは、軽自動車「N-ONE(エヌワン)」をマイナーモデルチェンジし、2022年8月26日(金)に発売します。また、Nシリーズ誕生10周年を機にスタートした新ブランド「N STYLE+(エヌ スタイルプラス)」の特別仕様車「STYLE+ URBAN(スタイルプラス アーバン)」を同時発売します。

初代N-ONEがデビューしたのは2012年。今やもっとも日本で売れているクルマにまで成長したN-BOXから始まったNシリーズの第3弾としてデビューしたハイトワゴンで、第4弾に当たるN-WGNは正統派ハイトワゴンなのに対し、N-ONEは個性派モデルという位置付けでした。

N-ONEのボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1545〜1570mmと、軽自動車ならではの小さく小回りがきき、運転しやすいところが特徴です。

そんなN-ONEは、ホンダの乗用車の原点である「N360」から継承する「丸・四角・台形」を基本のかたちとしたタイムレスなエクステリアデザインと、人間のためのスペースは最大に、機械のためのスペースは最小限にしてクルマのスペース効率を高めようとする、ホンダのクルマづくりの基本的な考え方「M・M思想(マン・マキシマム/メカ・ミニマム思想)」に基づくコンパクトで心地よい室内空間を追求したモデルです。

2020年11月に発売された2代目となるN-ONEは、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプに標準装備としたほか、RSに設定された軽自動車初となるFFターボと6MTの組み合わせにより、通勤、通学や買い物といった街乗りからロングドライブに至るまで「運転の楽しさ」「操る喜び」を満喫できる走行性能が好評のモデルとなっています。

N-ONEにSTYLE+ URBAN(スタイルプラス アーバン)が追加! 大人のためのスタイリッシュなデザインが特徴

特別仕様車、外観、インテリア、価格

今回の一部改良では、N-ONEを象徴するデザインや走りはそのままに、オリジナルグレードをベースとした特別仕様車「STYLE+ URBAN」を設定しました。

「N STYLE+」シリーズは、ほかの人とは一味違う個性あるデザインを求めるユーザーのニーズに応えることを目指して、さまざまな「N」の世界観を提案するブランドです。シリーズ第2弾となる今回の「STYLE+ URBAN」は、”URBAN”というコンセプトのもと、都会的で洗練されたシックなデザインを追求しました。

エクステリアには、高級感のあるクロームメッキの加飾を施したフロントグリルや、ブラックで引き締めたライセンスガーニッシュとサイドモールを効果的に採用。

インテリアにはウッド調のインパネガーニッシュや、落ち着いた配色のシート、フロントドアアームレストを採用するなど、大人のためのスタイリッシュな世界観を演出しています。

さらに運転席と助手席にはシートヒーターを備え、より快適で心地よい、いつまでもクルマとともに過ごしたくなる空間に仕上げています。

STYLE+ URBANの価格(税込)は167万9700円〜181万2800円です。

通常グレードにも新色のボディカラーを追加! 上質なデザインに進化した

ボディカラー、価格、燃費

また、プレミアムグレードにはフォグライトガーニッシュモールやヘッドライトなどの加飾部分を追加、RSグレードではステアリングやシフトレバー周辺のカラーリングをそれぞれ落ち着いたダーク調とし、より上質なデザインとしました。

さらに、ボディカラーにはN-ONEで新色となるフィヨルドミスト・パール、プレミアムサンライトホワイト・パール、メテオロイドグレー・メタリック、ガーデングリーン・メタリックの4色を採用し、クルマ選びの楽しさを高めています。

標準モデルの価格(税込)はオリジナルグレードが159万9400円〜173万2500円、プレミアムグレード(NA)が177万9800円〜191万2900円、プレミアムツアラーグレード(ターボ)が188万9800円〜202万2900円、RSが199万9800円です。

カタログ燃費(WLTCモード)はプレミアムツアラーやRSといったターボモデル(FF)が21.8km/L、オリジナル、プレミアムといったNAモデル(FF)が23.0km/Lとなっています。

気になった方はぜひマイナーモデルチェンジしたN-ONEをチェックしてみてください。

【筆者:MOTA編集部】

ホンダ/N-ONE
ホンダ N-ONEカタログを見る
新車価格:
166.2万円208.6万円
中古価格:
16.8万円249.8万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ N-ONEの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-ONEのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-ONEの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-ONEの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-ONEのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる