祝“ モデューロX”10周年! 全国のオーナーがファンイベントに集合!

  • 筆者: 小松 男
  • カメラマン:小松 男
画像ギャラリーはこちら

ホンダの純正用品を幅広く開発製造を行っているホンダアクセスが手掛けるコンプリートカーブランド“Modulo X(モデューロX)”の誕生10周年を記念したファンミーティングイベント『モデューロXシリーズ10周年ユーザーミーティング』がモデューロX開発コースのひとつとしても採用されている群サイ(群馬サイクルスポーツセンター)にて開催されました!

会場へは全国からなんと175台のモデューロXが集合、来場者数は323名にも上りイベントは大盛況を博しました。ここではイベント参加レポートをお伝えするとともに、ファンの心を鷲掴みにしてやまないモデューロXの魅力を探っていきます!!

ホンダプライドの粋を結集したモデューロX

2023年9月18日、朝早くに東京西部に位置する自宅を出て『モデューロXシリーズ10周年ユーザーミーティング』の開催地である群サイを目指し関越自動車道を北上。休憩のために立ち寄ったサービスエリアをはじめ道中では数え切れないほどのモデューロXを見かけた私は、会場入りする前からワクワクしていたことを今でもよく覚えています。

そもそもモデューロXとはどのようなものなのだろうか、そこから振り返って話を進めてゆくことにしましょう。モデューロXとは、ホンダの様々な純正用品を手掛けているホンダアクセスが生み出したコンプリートカーブランドです。内外装の仕様、足まわりのセッティングなど多岐にわたり手が加えられて仕立て上げられるメーカーカスタム完成車両であり、ノーマルと乗り比べてみるとその差は歴然。多くのカーブランドが用意しているコンプリートカーの中でもモデューロXは一歩上を行っていると個人的には思っています。

そんなモデューロXだからしてファン層は相当コアなものなのかと思いきや、家族連れや女性オーナーなど分け隔てなく魅了してきました。その証拠に、今回のイベント会場に到着し、車両や参加者たちを見渡すと、多くのクルマイベントにあるような“暑苦しさ”があまり感じられず、むしろファミリーイベントのような雰囲気でした。

スーパースター土屋圭市氏をはじめ開発陣が一堂に会す

ユーザーイベントということでオーナー同士の交流がメインとなりますが、今回はモデューロX10周年を記念した大型イベントということもありゲストも豪華な布陣が揃えられました。

まずはドリフトキングの異名を持ち、モデューロ開発アドバイザーとして知られている土屋圭市さんにはじまり、スーパーフォーミュラに参戦中の現役レーサーでありホンダ純正アクセサリーアンバサダーの大津弘樹さん。そしてモデューロX開発統括を務める福田正剛さんと、モデューロX完成車性能担当の湯沢峰司さんという顔ぶれによりトークショーが行われました。

モデューロXシリーズ登場からこの10年という時間を各々がかみしめながら語り合うトークの内容は言葉一つひとつに力が込められているものでした。

例えば湯沢さんなどは、入念に車両を仕立て上げてから土屋圭市さんに走行テストを行ってもらうのですが、一蹴されてしまうことがほとんどであったとのこと。それどころか、土屋さんは4ドア以上のモデルではハンドルすら握らずに、まずは後席に座りその乗り心地などを確かめることから始められていることを話してくれました。

それに対し土屋さんは、10年以上前にホンダ車でワンランク上の車両、モデューロXを開発しようということになった時に、ホンダオーナーの多くは「基本的に飛ばす」という話で一致し、その結果“安全かつ快適なクルマ”を作り上げようとなったのです。

それはモデューロXというコンプリートカーが目指す場所はタイプRではなく、ファミリー層やスポーツカー好きのお父さんをターゲットとした公道で走りを楽しめる車両であることであり、家族みんながドライブを快適に思えることなどが根っこの部分にあることなどを力説。

もちろんS660のようなスポーツモデルの場合はその部分を引き上げることにも注力をしているものの、ステップワゴンやフリード、Nワンなどのファミリーユースをしっかりと大切にしていることが伝わってきました。

普通のサーキットではない

だから良いクルマを開発できる!?

今回のイベントではモデューロXのテストステージとしても使われている群サイを、ホンダアクセススタッフなどがハンドルを握るステップワゴンモデューロX、フリードモデューロXに同乗し走行体験をできる『群サイTAXI』も行われました(抽選で22組が選ばれました)。

土屋圭市さんがモデューロXモデルのハンドルを握り、群サイを全開走行するYouTube動画は、モデューロXファンならずとも広く周知されており、群サイはまさしくモデューロXの聖地となっています。

クローズドレーシングコースの多くはタイムを出すために路面舗装がしっかりと整備されていたり、コース幅が広く設定されていたりしますが、群サイは起伏に富んでいて、ギャップなども点在するある意味特殊なコースである。モデューロXは群サイを使用しているからこそ、今イベントは一般公道でのしなやかな走りが実現していることを体感できるプログラムとなりました。

モデューロXの肝である

“実効空力”は本当にわかるのか?

そしてもう一つの体験型プログラムとして、群サイTAXIと平行して行われていたのが『実効空力デバイス試乗』だ。“実効空力”とは日常の速度域でも体感できる空力効果のことであり、モデューロXモデル開発においての重要なキーワードの一つとなっています。

今回のイベントではシェブロン(鋸歯)形状とされた実効空力デバイスパーツをテールゲート上部に装着し、未装着の場合と乗り比べることで、その効果を体験できるこのプログラムが行われました。

実際に試乗してきたモデューロXオーナーからは、「時速40、50キロ付近から、走りの違いを感じることができました。リア周りがしっかりと落ち着く感じです」とコメントをもらうことができました。

モデューロX10周年を記念し開催された今回のユーザーミーティングイベントは、あらかじめ抽選によって選ばれた175台が参加し、来場者数は323名にも上りました。各車両を取材してまわったところ、北海道の函館や九州は長崎から来られたというオーナーもいることが分かり、モデューロXの持つ魅力の深さを感じ取ることができました。

終日、ユーザーたちと交流して会場内を回っていた開発統括の福田さんや、開発アドバイザーの土屋さんからは、「モデューロXの開発当初は、果たしてユーザーに受け入れられるものなのだろうかと疑心暗鬼に思う部分もあったものの、現在ではこうしてユーザーと交流することで、信用してもらっていることが分かり、さらには皆さんの使い方、走り方、気持ちを理解することで、次の開発につなげることができています」とコメントを残してくれました。

イベントの締めくくりにはモデューロXモデル立ち上げから現在まで開発統括を務めてきた福田さんは退任されること、後任には現在完成車性能担当を務めてきた湯沢峰司さんが任されることが発表されました。

そしてBEVをはじめとした次世代動力モデルへの移行が進められている状況ではあるものの、実効空力をはじめモデューロXが担う部分もまだまだ多く、それをユーザー、そしてファンに向けて訴求してゆくことが告げられました。

ワンランク上のホンダモデルであるモデューロX、既存販売車両の素晴らしい出来栄えはもちろんのこと、今後登場してくるであろう新たな車両にも期待が膨んでいくのを感じました。

[原稿・撮影/小松 男]

ホンダ/N-ONE
ホンダ N-ONEカタログを見る
新車価格:
166.2万円208.6万円
中古価格:
15.5万円249.8万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

小松 男
筆者小松 男

中古車屋を廃業した後、出版社へ勤務。乗り物系を中心に数誌の雑誌編集長を務めた後、フリーランスへ転身。国内外ブランド、大小、モデルタイプを問わず、乗り物ならば何でも乗りたがる性分の元祖雑食系。好きなものは、車、バイク、自転車、飛行機、船、列車、美味しいもの、お酒、ジョギング、水泳、DIY、買い物など。反面嫌いなものはないというデラックスポジティブ派。出不精かつ出たがりという二面性を持つ昭和52年式。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ N-ONEの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-ONEのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-ONEの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-ONEの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-ONEのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる