純正ホイールがカッコいいクルマ3選! ノーマルでも性能にこだわりスタイリッシュなホイールを装着したモデルを紹介

画像ギャラリーはこちら
性能アップやスタイリング向上を目的とした定番のカスタムパーツの1つアルミホイール。だが、世の中には純正でも見た目がカッコよく、また性能にもこだわったホイールが存在する。今回はそんな純正でもカッコいいホイールを装着したモデル3選をお届けする。
目次[開く][閉じる]
  1. 欧州のプレミアムカーを想わせる上品な佇まい「ホンダ N-ONE」
  2. 日本刀から着想を得たホイールを履く「日産 新型ノート e-POWER」
  3. 職人が30年以上かけて培ってきた技術がホイールに投入されている「レクサス IS350 F SPORT Mode Black」

欧州のプレミアムカーを想わせる上品な佇まい「ホンダ N-ONE」

1台目に紹介するのは、軽自動車の中でも特にお洒落な内外装で一目置かれる存在の「ホンダ N-ONE(エヌワン)」。特にターボエンジンを搭載する上級グレード「Premium Tourer(プレミアムツアラー)」は足元の気配りにも注目したい1台だ。

シャープな造形の純正15インチアルミホイールは、切削リムとグレーメタリックの組み合わせ。欧州のプレミアムカーを想わせる上品な佇まいが魅力だ。

いっぽうスポーツグレードの「RS」の場合はひと味違う。 マットブラック仕上げでグッと精悍にイメージチェンジ。実はよく見ると同じデザインがベースだというのに、巧みな棲み分けが図られているのだ。

日本刀から着想を得たホイールを履く「日産 新型ノート e-POWER」

新世代デザインキーワードの「タイムレス ジャパニーズ フューチャリズム」を元に、2020年12月末に発売開始となった日産 新型ノート e-POWER。

日本の伝統工芸「組子」をイメージした和テイストで日本の風景に馴染むデザインとしたフロントグリルを備えるボディスタイルには、日本刀から着想を得たというシャープなデザインの16インチアルミホイール(オプション)設定。

5ナンバーサイズのコンパクトカーらしからぬ強い存在感と先進性、そして質感の高さを印象づけるのに一役買う存在だ。

職人が30年以上かけて培ってきた技術がホイールに投入されている「レクサス IS350 F SPORT Mode Black」

最後に紹介するのは、2020年11月に登場したレクサス 新型IS。その中でも特別仕様車 IS350「F SPORT Mode Black(ソニッククロム)」では、BBSと共同開発したマットブラック塗装の鍛造アルミホイールを備える。

軽量化を重ね、車体のさらなるばね下質量の低減を実現しているほか、デザイン面ではアルミホイール表面の滑らかさにこだわり、職人が30年以上かけて培ってきた技術で、1本ずつ手作業で丁寧に仕上げている。

ここまで、3台の純正ホイールがカッコいいモデルを紹介してきた。「オシャレは足元から」という言葉があるが、あとからカスタムするだけでなく、純正でカッコいいホイールを履いたクルマを選ぶというのもアリではないだろうか?

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203.4万円283.5万円
中古価格:
16.8万円333.1万円
ホンダ/N-ONE
ホンダ N-ONEカタログを見る
新車価格:
159.9万円202.3万円
中古価格:
25万円247.4万円
レクサス/IS
レクサス ISカタログを見る
新車価格:
481万円900万円
中古価格:
39万円905万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山里のいおり 草円

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる