autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 フォルクスワーゲンゴルフTSI搭載モデル 徹底比較 2ページ目

3台比較 2007/11/22 17:32

フォルクスワーゲンゴルフTSI搭載モデル 徹底比較(2/4)

フォルクスワーゲンゴルフTSI搭載モデル 徹底比較

スタイリッシュなステーションワゴン

フロントスタイルリアスタイル

日本でも高い人気を誇るゴルフワゴン。そのネーミングが、このほどヴァリアントに変更された。

エクステリアは、従来のゴルフワゴンというと、単にゴルフをストレッチしたような印象だったが、個人的に新型ゴルフヴァリアントは、どちらかというと、ゴルフを伸ばしたというよりも、ジェッタをワゴン化したような微妙な違いを感じる。

Dピラーの角度により、なかなかスタイリッシュ。ステーションワゴンながら塊感のあるフォルムである。

フロントマスクはやはり共通性があるが、ゴルフよりも上級の別シリーズの車種のような印象すら受ける。

テールランプ類のグラフィックは、フォルクスワーゲン車らしからぬ造形と思えるもの。ゴルフとはずいぶん印象が違うし、テールゲートとボディの区切り方にも変化をつけるなどして、凡庸にとどまらない雰囲気がある。

走りは、ゴルフでも感じる良さがそのまま感じられる。やや車重が重くなったことや、前後重量配分が好ましい方向となる点も含め、ロジックが裏づけるとおりの印象となる。スポーツラインのパワーユニットは、今回の中で唯一、スーパーチャージャーの付かない2LターボTSIエンジンとなり、DSGが組み合わされる。これの印象がなかなか良好だ。

低回転域でも十分なトルクを得られ、ジェントルで運転しやすい。そして、ひとたび踏み込めば、ターボ車らしい圧倒的な加速を得ることができる。やはりというと語弊があるが、下の1.4Lスーパーチャージャー+ターボよりもずいぶんドライバビリティに優れる。乗り心地は、スポーツラインとはいうものの快適性が高く、高速巡航も大得意。市街地でも固さを感じることはない。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

体感的にもっと速いのでは?

フロントスタイルリアスタイル

ゴルフのスタンダードであり、世界のハッチバック車のベンチマークといえる存在である。全長4225mmともっともコンパクトであるが、ハッチバック車としてはかなり大きい。「GT TSI」は、1.4Lツインチャージャーエンジンを搭載する最初のモデルであり、従来の「GT」グレードの後継という位置付けで2007年2月に発売された。

2007年8月に一部改良され、エクステリアでは、グリルカラーをこれまでのボディ同色からよりスポーティなブラックに変更し、後席まわりにダークティンテッドガラスを採用した。

スタイリングはオーソドックスで、今回の3台の中では、サイドウインドウのグラフィックにより、前進感を演出しているのが特徴。

日本仕様のゴルフのTSIエンジンは170馬力のみとなっている。軽量であることに加え、ツインチャージャーのエンジン特性も手伝って、低-中回転域では、むしろ前述のヴァリアントの200馬力エンジンよりも盛り上がるような加速感が味わえる。

ハンドリングはいたって素直で、フロントヘビーながらリアが浮き上がる感覚も小さく、4輪が常に路面に追従しているように感じられる。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

オーソドックスなコンパクトミニバン

フロントスタイルリアスタイル

コンパクトミニバンは、ヨーロッパでも人気となっている。そんな中、フォルクスワーゲン初のコンパクトミニバンであるトゥーランは2004年にデビュー。基本的にはゴルフとプラットフォームを共用する。

全長4,420mmと、やはり3列シート車としてはかなりコンパクト。オーソドックスな大人しめのルックスで、グラステリアの面積を広く取っている。視覚的に、いかにもスペースユーティリティの高そうな印象を受ける。

ドライブフィールでは、当然のことながら他の2台と比べると腰高感がある。ヒップポイントも高く、やむをえない部分である。とはいえ、高いボディ剛性感や、シュアなステアリングフィールなど、さすがにこのクルマもフォルクスワーゲンの一員であることがうかがえる。

140馬力のTSIエンジンについては、動力性能の面では十分な加速を得られる点はよいのだが、やや引っかかり感が大きいところは意外であった。

もちろんDSGが組み合わされるのだが、踏み込んだときに加速がついてこず、エンジン回転数を高くしないよう制御している印象で、オフにしてもエンジンブレーキの効きの薄い。いわば旧世代のCVTのような感覚がある。また、140馬力仕様にはパドルシフトが備わらない。

このトゥーランに170馬力仕様のエンジンが搭載されるとどうなるかというのは少し気になるところではある。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

ゴルフをベースに、他の2車では、トゥーランはスペースユーティリティ追求型であるのに対し、ヴァリアントはスタリッシュ志向であるように思える。ハンドリングは、ゴルフが車重1410kg、前軸重890kg、後軸重520kgということでかなりフロントヘビーで、ヴァリアントが車重1500kg、前軸重890kg、後軸重610kg、トゥーランが車重1600kgで前軸重940kg、後軸重660kg(すべて車検証による)の数値が示すとおりの印象。これもあってか、動力性能について、170馬力仕様のゴルフが体感的にもっとも速く感じられた。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/18~2017/12/18

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円