新型ゴルフ vs 新型ゴルフ ヴァリアント、価格差14万円でこんなにも違うハッチとワゴンを写真でチェック! アウトドア派ならヴァリアント一択だ

画像ギャラリーはこちら
フォルクスワーゲンの代表車種「ゴルフ」は5ドアハッチバック。これに対し「ゴルフ ヴァリアント」はステーションワゴンである。現行型のゴルフ ヴァリアントは、2021年7月28日に8年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたばかり。そこで今回はゴルフとゴルフ ヴァリアントの違いについて、実車の撮り下ろし画像とともにご紹介していこう。
目次[開く][閉じる]
  1. 2021年、相次いで8年ぶりのフルモデルチェンジを実施した新型ゴルフとゴルフ ヴァリアント
  2. 先進ムードが一気に高まった新型ゴルフシリーズの内装に注目
  3. 全長345mmに加え、ホイールベースも50mm延長されグッと拡がった新型ゴルフ ヴァリアントの荷室空間

2021年、相次いで8年ぶりのフルモデルチェンジを実施した新型ゴルフとゴルフ ヴァリアント

フォルクスワーゲン 新型ゴルフは同社を代表する主力モデルだ。2021年6月15日より発売を開始した現行型で8代目となる。8年ぶりのフルモデルチェンジを迎え、デジタル化や電動化、先進運転支援システムの拡充など、大きく進化を遂げている。

新型ゴルフのボディサイズは全長4295mm×全幅1790mm×全高1475mm、ホイールベース2620mmである。

それからわずか1ヶ月後に追加導入されたのが、ワゴンモデルの新型ゴルフ ヴァリアントだ。新型ゴルフ ヴァリアントのボディサイズは全長4640mm×全幅1790mm×全高1485mm、ホイールベース2670mm。荷室部を大幅に拡大したことが写真でもよく分かる。

新型ゴルフ ヴァリアントの全長は、新型ゴルフに比べると345mmも拡大している。また、先代(7代目)ゴルフではハッチとワゴンで共有だったホイールベースについても、新型(8代目)ゴルフ ヴァリアントでは50mmも延ばされている点が新しい。

先進ムードが一気に高まった新型ゴルフシリーズの内装に注目

続いては新型ゴルフと新型ゴルフ ヴァリアントの内装を見てみよう。

インパネは基本的に両車共通。10.25インチの液晶カラーメーター“Digital Cockpit Pro(デジタル コックピット プロ)”や、通信モジュール内蔵の純正インフォテインメントシステムを標準装備したほか、操作系についてもタッチスクリーンやタッチスライダー、小型ボタンなどでシンプルにまとめられた。

超小型化したシフトノブとも相まって、新型ゴルフ/ゴルフ ヴァリアントは、一気に未来的な内装に生まれ変わった印象だ。

さて、ボディサイズやホイールベースの変更による違いが大きく出たのは後席や荷室である。

写真ではわかりづらいが、新型ゴルフ ヴァリアントの後席の足元空間はゴルフに比べ拡がっている。また車体の後部形状の違いもあり頭上空間も拡大。解放感もプラスされている。後席の快適性という点では、ゴルフ ヴァリアントに軍配が上がる。

全長345mmに加え、ホイールベースも50mm延長されグッと拡がった新型ゴルフ ヴァリアントの荷室空間

もちろんゴルフ ヴァリアントは荷室もスゴイ。ベースのゴルフ(ハッチバック)ですら、定員乗車時380リットル、後席前倒時で1237リットルという十分すぎる容量を誇るが、ゴルフ ヴァリアントは定員時611リットル、後席前倒時で1642リットルと、空間は大幅に拡大するのだ。

新型ゴルフとゴルフ ヴァリアントの価格差はおよそ14万円

新型ゴルフとゴルフ ヴァリアントの価格差は、代表的なグレード「eTSI Style」同士で比較すると14万1000円の違いとなる。後席を多用したり大きな荷物を積んで出かける機会が多いユーザーなら、新型ゴルフ ヴァリアントを検討する価値は大いにある。

2台が気になる方は週末にもフォルクスワーゲンの正規販売店へ出向き、実際に展示・試乗車で後席や荷室まわりの違いをチェックしてみて欲しい。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:茂呂 幸正・フォルクスワーゲングループジャパン]

フォルクスワーゲン/ゴルフヴァリアント
フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントカタログを見る
新車価格:
310.1万円395.3万円
中古価格:
28万円488.6万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントの最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントのカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントの中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントの記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧 フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる