autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 個性を極めた人気車3台の真髄を探る!オーテック ライダーシリーズ 徹底比較 2ページ目

3台比較 2011/5/25 15:00

個性を極めた人気車3台の真髄を探る!オーテック ライダーシリーズ 徹底比較(2/4)

関連: 日産 セレナ , 日産 エルグランド , 日産 デュアリス Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正 出演:美波千夏
個性を極めた人気車3台の真髄を探る!オーテック ライダーシリーズ 徹底比較

セレナの持つ気品と存在感がさらにアップ

オーテック セレナライダーオーテック セレナライダー

ミニバンの中で、トップクラスの売れ行きを誇る車種がセレナ。

シートアレンジが多彩で、自転車も積みやすい。さらにサイドウィンドウの下端を低めに抑え、ミニバンの欠点とされる側方視界を向上させた。

多くのユーザーがセレナを買って満足しているが、かつてクルマ好きだったお父さんの中には、「良いクルマだけど、ちょっと物足りないね」という意見もあるだろう。

ミニバンはファミリーユーザーが便利に、快適に使えるクルマだから、どうしても所帯じみた雰囲気がつきまとう。また、高重心のボディが左右に振られると乗員が不快感を抱くので、操舵に対するクルマの反応もあえて鈍く抑えている。

そこで注目されるのがセレナライダーだ。

ハイウェイスターもエアロパーツの装着で外観をグレードアップしているが、セレナライダーになると、さらに押し出し感が強まる。

フロントマスクでは、横方向のバーを入れたグリルに立体感があり、下側のエアロバンパーまでメッキパーツが装着される。ボディの側面にはサイドシルプロテクターが備わり、背面には専用リアバンパーを採用。

HKS製の専用スポーツマフラー、クリアタイプのLEDハイマウントストップランプと相まって、後ろ姿が引き締められた。

サスペンションや16インチタイヤ(2WD)の設定はハイウェイスターに準じるが、アルミホイールは専用タイプ。輝度が高く、スポーティかつ上質な雰囲気だ。

オーテック セレナライダーオーテック セレナライダーオーテック セレナライダーオーテック セレナライダーオーテック セレナライダー

「キング オブミニバン」 がさらにゴージャスに

オーテック エルグランドライダーオーテック エルグランドライダー

エルグランドのエンジンは、直列4気筒2.5リッターとV型6気筒3.5リッターの2機種。

V6エンジンは十分なパワーを備え、価格の面で有利な2.5リッターでも力不足は感じない。高速道路を使った長距離移動の機会が多ければ3.5リッター、街中を中心に使うのであれば2.5リッターで十分だろう。

2.5リッターは4気筒エンジンだから、ボディの前側が70~80kgほど軽く機敏な操舵感覚が持ち味だ。3.5リッターが上級で、2.5リッターは廉価版という位置付けではなく、用途に応じて選び分けたい。

そして「キング・オブ・ミニバン」をキャッチフレーズとするエルグランドなら、内外装をさらに上質にアレンジしたいユーザーも多いと思う。

このニーズに応えたのが、オーテックジャパンのエルグランドライダーだ。

最も目を引くのはフロントマスク。

ベース車も存在感を強めたが、ライダーはメッキ処理が施されたラジエターグリルにより、押し出し感が大幅に増している。フロントバンパーも専用のデザイン。ベース車と形状が大きく異なるバンパーグリルも備わり、フォグランプを組み込んだ。

フロントマスクは全面にわたり、大幅なドレスアップが施されている。

ボディサイドには、サイドシルプロテクターが備わり、クロームモールを装着しており質感が高い。ボディの後方には、専用タイプのクリアコンビランプが備わる。

ベース車では、左右のテールランプを結ぶガーニッシュがレッドになるが、ライダーではクリアタイプ。これも流行に乗った印象で、上質な仕上がりを見せる。LEDを用いたハイマウントストップランプもクリアタイプだ。

タイヤサイズはハイウェイスターと同じで225/55R18になるが、専用タイプの輝度を高めたアルミホイールを装着。

専用スポーツマフラーと相まって、ボディの下まわりも引き締めた。

オーテック エルグランドライダーオーテック エルグランドライダーオーテック エルグランドライダーオーテック エルグランドライダーオーテック エルグランドライダー

走りにも手が加わったクロスライダー

オーテック デュアリスライダーオーテック デュアリスライダー

デュアリスは、エクストレイルとプラットフォームを共通化した前輪駆動ベースのシティ派SUV。

欧州をメインマーケットと考えて開発され、外観はSUVというより車高の高い5ドアハッチバックだ。サスペンションのセッティングが入念で、高重心でありながら、走行安定性が優れている。

このデュアリスの特徴をさらに際立たせたのが、オーテックジャパンによってアレンジされたデュアリス クロスライダー。

最も注目される点は、専用スポーティサスペンションを備えること。20mmローダウンされ、低重心化された。それでも最低地上高は185mmだ。

デュアリスは前述のようにプラットフォームがエクストレイルと同じだから、ベース車の最低地上高はシティ派では余裕のある205mmになる。

クロスライダーもローダウン化しながら、段差の乗り越えやすさを損なっていない。

実際に試乗すると、とてもバランスが良い。

高重心のSUVでありながら、腰高感を抑え、コーナーでは操舵に対して忠実に回り込む。スポーティに走っても、クルマを内側に寄せやすい。

その一方で、危険回避時の走行安定性も良好。後輪の横滑りを誘発しにくい。それでも横滑り防止装置のVDCは設定すべきだ。

ベース車ならメーカーオプションで装着できるのに、クロスライダーには用意されていない。サスペンションまで手を加えたので、VDCのセッティング変更が伴うのは理解できるが、上質な走りを実現するなら安全装備の充実は不可欠となる。

そこでメーカーに提案なのだが、クロスライダーはVDCをオプションにせず、標準装着して欲しい。

このクルマを買うユーザーなら、VDCの必要性を十分に理解しており、標準装着した方が、安全を重視するクルマとして好感を持たれるからだ。

乗り心地は少し硬めに感じるが、前述のように操舵感と走行安定性のバランスが優れる。スポーティなデュアリスの性格を考えれば、クロスライダーが本流といえそうだ。

外観上で最も大きな変更を受けたのはフロントマスク。

クロスライダー専用のフロントグリルは、ベース車とはかなり形状が異なる。日産のエンブレムを排してスッキリと仕上げ、存在感も強い。

デュアリスの外観デザインは全体的にシンプルだから、このマスクは視覚的なバランスが良い。下側に装着されるフロントバンパーも専用デザイン。メッキモールを装着して質感を高めた。

ボディサイドには専用のサイドシルプロテクターが備わり、カラードリヤバンパーも、前述のデュアルスポーツマフラーと同様、専用デザインに仕上げた。

オーテック デュアリスライダーオーテック デュアリスライダーオーテック デュアリスライダーオーテック デュアリスライダーオーテック デュアリスライダー

総評

3車種に共通するのは、独自のエアロパーツを装着すること。セレナとエルグランドには、ベース車としてハイウェイスターも用意されているが、ライダーであれば外観の見栄えは一層際立つ。その上で最低地上高はベース車と同じだから、日常的な使い勝手で不満を感じることはない。デュアリスクロスライダーは20mmのローダウンを施しているものの、185mmの最低地上高を確保しているから段差も乗り越えやすい。サスペンションなど走行性能に手を加えているのは、試乗した3車種の中ではデュアリスのクロスライダーのみだ。セレナとエルグランドは、エアロパーツなど外装のドレスアップにとどまる。それはこの2車が現時点では設計の新しい車種になるからだ。今後は、パフォーマンスダンパーなどを加えて走行安定性とハンドリングを向上させたパフォーマンススペック、エンジンにも手を加えて動力性能まで高めたハイパフォーマンススペックも加わるだろう。

日産 セレナ 関連ページ

日産 エルグランド 関連ページ

日産 デュアリス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24