autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 Mクラスエアロミニバン 徹底比較 3ページ目

3台比較 2011/1/5 11:03

Mクラスエアロミニバン 徹底比較(3/4)

Mクラスエアロミニバン 徹底比較

つきつめたユーティリティ

日産 新型セレナ日産 新型セレナ

乗って広さを直感させる室内空間は相変わらずセレナの強み。フロントウインドウが広く、1列目のサイドウインドウも低い所までガラスになっているので、非常に開放感が高い。

三角窓の形状も下記2台と異なり、垂直に視界を遮るものがないので、前記と併せて視界も非常に良好だ。丸みを帯びたインパネの質感も高く、エコドライブを視覚的にも楽しめる表示機能が多数設定されたメーターも新しい。

収納スペースについても、これまでも必要十分以上だったところ、さらに重箱の隅をつついて使いやすく設定された印象だ。

下記2台を大きくしのぐシートアレンジのバリエーションもセレナの特徴。2列目の左側が前後だけでなく左右にもスライドできるし、マルチセンターシートを駆使することで、より多彩なアレンジ性を身に着けている。

また、2列目にパーソナルテーブルの設定があるし、スライドドアのウインドウに手動のシェードが付いたのもセレナならではである。

跳ね上げ式を踏襲した3列目は、従来よりも175mmも低い位置で収まるようになったのがポイント。また、下記2台は最大でも9インチのところ、11インチという大画面のリアエンターテインメントシステムがオプションで用意されているのもセレナの強みだ。

日産 新型セレナ日産 新型セレナ日産 新型セレナ日産 新型セレナ日産 新型セレナ

7人乗りも選べる

トヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシー

8人乗りだけでなく、7人乗りも選べるのが特徴。

2列目が、8人乗りではチップアップ可能な6:4分割のベンチシート、7人乗りでは回転機構を持つキャプテンシートとなる。

7人乗りは、3列目との対座モードや、60度に角度のつくチャイルドケアモードにアレンジすることができる。ヴォクシーでは、ベルトラインよりも上が前述のとおり絞り込まれており、室内空間もそれ相応になっていることは、こうしてセレナやステップワゴンと比べると如実に感じられる。

また、サイドウインドウの下端も高めになっているので、むしろ開放感よりも包まれ感を好む人に適するといえるだろう。インパネではセンターメーターが特徴で、その下方に独立気味に設定されたセンタークラスターにゲート式のシフトが備わる。

3列目シートをワンタッチでスプリングの力で跳ね上がるようにした機構は秀逸で、女性や子どもでも躊躇なくアレンジできることだろう。

装備面では、前席シートヒーターの設定があるのはヴォクシーのみ。また、いち早く2列目と3列目の中央席にも3点式シートベルトを設定した点も大いに評価できる。

トヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシー

低床プラットフォームと床下格納式の3列目

ホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴン

ワンステップで室内にアクセスできる低床フラットフロアが特徴。

3列目シートは床下に格納することができ、広くフラットなラゲッジスペースを作り出すことができる。

2列目の設定は2種類あり、6:4分割のタンブルシートが標準で、オプションで中央席を跳ね上げることのできるチップアップ&スライドシートを選ぶこともできる。

タンブルシートは、操作が簡単で、3列目へのアクセスもしやすく、ラゲッジに大きな荷物を積みたいときにも重宝しそうだ。

インパネは、乗員に少しでも広く感じさせるよう、ダッシュ上面と段差を設け、メーターを奥まった位置に設定している。

スライドドアに付く2列目のサイドウインドウが開く面積は、セレナやヴォクシーが半分よりも少し下までと小さいのに対し、ステップワゴンはかなり下まで下がり、大きく開くのも特徴だ。

フローリングフロアのような独自のオプションが設定されているのもステップワゴンならでは。安全装備の充実した最上級のZiグレードでは、追突軽減ブレーキまでもが標準で付く。

ホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴン

内装・装備の総評

室内空間は、多少の大小こそあれど、いずれも十分に広いものの、居心地はけっこう違う。7人乗りが選べるかどうか、3列目の格納の仕方など、大なり小なり使い勝手が異なるので、それも選択時の大きな理由付けとなるはず。サンルーフの設定も異なり、セレナとステップワゴンは、大開口の固定式ガラスルーフで、開口位置が、セレナは2~3列目、ステップワゴンは1~2列目重視の設定。ヴォクシーは、フロントが手動でチルトし、リアが電動スライド可能なツインムーンルーフとなる。テレスコピックやシートハイトアジャスターがほぼ全車に標準で付く点はよしとして、安全装備についても、本来であれば、横滑り防止装置は全車標準であって欲しいところ。走行支援機能について、セレナとステップワゴンには、見通しの悪い場所の確認や、車両を俯瞰視ができ、駐車ガイド機能も付く同様の機構が用意されている。

日産 セレナ 関連ページ

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

ホンダ ステップワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/23~2017/10/23