メニュー

ホンダ ステップワゴンの価格・カタログ情報|新車・中古車の自動車カタログ

外装・内装写真

ボディサイズ

4800×1750×1840 mm (全長×全幅×全高)

燃費

14.50~15.40km/L
  • このアイテムをシェアする

ホンダ ステップワゴンの新車価格・取扱店

新車価格
299.9万円 384.7万円 最新モデル(6代目)2022/05/01~販売中
販売店
新車・未使用車・リース取扱店を検索
リース価格
複数社比較で、最安値を検索

ホンダ ステップワゴンの中古車価格

中古車価格
16.5万円 499.7万円 中古車の掲載台数:3063台
0 万円 279.6 万円
(グレードによって異なります)
愛車の査定を依頼する
人気ランキング
7
(ミニバン)
評判・口コミ
3.7 pts
(24人)
ガイド記事数
139記事
 
ペア宿泊券プレゼント
モデル概要

家族思いの設計が際立つミニバン。一番の特長はリアの「わくわくゲート」。これは一般的なハッチバックゲートとして上向きに開くだけでなく、ドア左半分のみが横向きにも開くという画期的なもの。車体後ろのスペースが狭い駐車場や、高い位置まで手の届かない子供でも簡単に荷室にアクセスできる優れものといえる。床が低くフラットなので、乗り降りがしやすいのも嬉しい。2017年10月から、ハイブリッドモデルが追加された。

モデル概要

家族思いの設計が際立つミニバン。一番の特長はリアの「わくわくゲート」。これは一般的なハッチバックゲートとして上向きに開くだけでなく、ドア左半分のみが横向きにも開くという画期的なもの。車体後ろのスペースが狭い駐車場や、高い位置まで手の届かない子供でも簡単に荷室にアクセスできる優れものといえる。床が低くフラットなので、乗り降りがしやすいのも嬉しい。2017年10月から、ハイブリッドモデルが追加された。

グレード別の新車・中古車価格
2.0 e:HEV エアー AT
2022/05/01 ~ 販売中
307.5万円 ( 中古車: 360万円~368万円 )
2.0 e:HEV エアー AT
2022/05/01 ~ 販売中
309.5万円 ( 中古車: 359.8万円 )
2.0 e:HEV スパーダ AT
2022/05/01 ~ 販売中
331万円 ( 中古車: 379.8万円~439.9万円 )
2.0 e:HEV スパーダ AT
2022/05/01 ~ 販売中
333万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
2.0 e:HEV スパーダ プレミアムライン AT
2022/05/01 ~ 販売中
349.7万円 ( 中古車: 388.5万円~478.7万円 )
1.5 エアー CVT
2022/05/01 ~ 販売中
272.6万円 ( 中古車: 299.8万円~349.9万円 )
1.5 エアー CVT
2022/05/01 ~ 販売中
274.6万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
1.5 エアー 4WD CVT
2022/05/01 ~ 販売中
294.6万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
1.5 エアー 4WD CVT
2022/05/01 ~ 販売中
296.6万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
1.5 スパーダ CVT
2022/05/01 ~ 販売中
296.1万円 ( 中古車: 319.8万円~398万円 )
1.5 スパーダ CVT
2022/05/01 ~ 販売中
298.1万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
1.5 スパーダ 4WD CVT
2022/05/01 ~ 販売中
316.1万円 ( 中古車: 413.7万円 )
1.5 スパーダ 4WD CVT
2022/05/01 ~ 販売中
318.1万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
1.5 スパーダ プレミアムライン CVT
2022/05/01 ~ 販売中
314.8万円 ( 中古車: 399.8万円~443万円 )
1.5 スパーダ プレミアムライン 4WD CVT
2022/05/01 ~ 販売中
332.1万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
モデル概要

家族思いの設計が際立つミニバン。一番の特長はリアの「わくわくゲート」。これは一般的なハッチバックゲートとして上向きに開くだけでなく、ドア左半分のみが横向きにも開くという画期的なもの。車体後ろのスペースが狭い駐車場や、高い位置まで手の届かない子供でも簡単に荷室にアクセスできる優れものといえる。床が低くフラットなので、乗り降りがしやすいのも嬉しい。2017年10月から、ハイブリッドモデルが追加された。

ホンダ ステップワゴン 顧客満足度調査 Powered by
2018年調査実施

×

顧客満足度調査

J.D. パワーは、1968年に米カリフォルニア州で設立された、自動車をはじめとする様々な製品・サービスの品質や顧客満足度を専門とする調査機関。毎年、世界中で数百万人にのぼる消費者の声を拾い上げ、データ化し、企業のサービス向上や製品の品質改善のために提供しています。J.D. パワー 評価は、J.D. パワーが2019年に実施した数種類の調査データを元に、クルマの品質や魅力、ディーラーサービスから、車を総合的に100点満点で評価したスコア。

総合評価

71/100
  • 高評価ポイント

    • 荷室への荷物の出し入れのしやすさ
    • 収納スペース
    • 乗り心地
  • 低評価ポイント

    • 3列目シートの快適性
    • 音声認識システムの使い勝手

総評

荷室に関する総合評価が高い。特に荷物スペースの広さ、荷物の積み下ろしのし易さやで高評価。バックドアがタテにもヨコにも開く「わくわくゲート」で、車の後ろにスペースがない場所でも荷物の出し入れしやすくなっている。安全性能面では、先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」が標準装備。

ホンダ ステップワゴン 関連記事・ニュース・最新情報

最新の関連記事・ニュース

関連動画

自動車購入ガイド

ホンダ ステップワゴン 歴代モデル・グレード・新型情報

歴代モデル

グレード・モデル情報(ステップワゴン 2022年式モデル)




グレード 2.0 e:HEV エアー AT 2.0 e:HEV エアー AT 2.0 e:HEV スパーダ AT 2.0 e:HEV スパーダ AT 2.0 e:HEV スパーダ プレミアムライン AT 1.5 エアー CVT 1.5 エアー CVT 1.5 エアー 4WD CVT 1.5 エアー 4WD CVT 1.5 スパーダ CVT 1.5 スパーダ CVT 1.5 スパーダ 4WD CVT 1.5 スパーダ 4WD CVT 1.5 スパーダ プレミアムライン CVT 1.5 スパーダ プレミアムライン 4WD CVT
新車価格
338.3万円
340.5万円
364.1万円
366.3万円
384.7万円
299.9万円
302.1万円
324.1万円
326.3万円
325.7万円
327.9万円
347.7万円
349.9万円
346.3万円
365.3万円
中古車価格
360万円~368万円
359.8万円
379.8万円~439.9万円
価格情報収集中
388.5万円~478.7万円
299.8万円~349.9万円
価格情報収集中
価格情報収集中
価格情報収集中
319.8万円~398万円
価格情報収集中
413.7万円
価格情報収集中
399.8万円~443万円
価格情報収集中
発売日 2022年05月01日 2022年05月01日 2022年05月01日 2022年05月01日 2022年05月01日 2022年05月01日 2022年05月01日 2022年05月01日 2022年05月01日 2022年05月01日 2022年05月01日 2022年05月01日 2022年05月01日 2022年05月01日 2022年05月01日
排気量 1,993 cc 1,993 cc 1,993 cc 1,993 cc 1,993 cc 1,496 cc 1,496 cc 1,496 cc 1,496 cc 1,496 cc 1,496 cc 1,496 cc 1,496 cc 1,496 cc 1,496 cc
エンジン区分 ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン
燃費 15.40km/L 15.40km/L 14.50km/L 14.50km/L 15.40km/L 15.40km/L 14.50km/L 14.50km/L 15.20km/L 14.50km/L
燃料 レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー
駆動方式 FF FF FF FF FF FF FF 4WD 4WD FF FF 4WD 4WD FF 4WD
ミッション AT AT AT AT AT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT
ハンドル
定員 7名 8名 7名 8名 7名 7名 8名 7名 8名 7名 8名 7名 8名 7名 7名
最小回転半径 5.4 m 5.4 m 5.4 m 5.4 m 5.7 m 5.4 m 5.4 m 5.4 m 5.4 m 5.4 m 5.4 m 5.4 m 5.4 m 5.7 m 5.4 m





全長 4,800 mm 4,800 mm 4,830 mm 4,830 mm 4,830 mm 4,800 mm 4,800 mm 4,800 mm 4,800 mm 4,830 mm 4,830 mm 4,830 mm 4,830 mm 4,830 mm 4,830 mm
全幅 1,750 mm 1,750 mm 1,750 mm 1,750 mm 1,750 mm 1,750 mm 1,750 mm 1,750 mm 1,750 mm 1,750 mm 1,750 mm 1,750 mm 1,750 mm 1,750 mm 1,750 mm
全高 1,840 mm 1,840 mm 1,840 mm 1,840 mm 1,845 mm 1,840 mm 1,840 mm 1,855 mm 1,855 mm 1,840 mm 1,840 mm 1,855 mm 1,855 mm 1,845 mm 1,855 mm
車両重量 1810kg 1810kg 1840kg 1830kg 1840kg 1710kg 1710kg 1790kg 1790kg 1740kg 1730kg 1810kg 1800kg 1740kg 1810kg



最高出力(kW[PS]/rpm) 107[145]/6,200 107[145]/6,200 107[145]/6,200 107[145]/6,200 107[145]/6,200 110[150]/5,500 110[150]/5,500 110[150]/5,500 110[150]/5,500 110[150]/5,500 110[150]/5,500 110[150]/5,500 110[150]/5,500 110[150]/5,500 110[150]/5,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 175[17.80]/3,500 175[17.80]/3,500 175[17.80]/3,500 175[17.80]/3,500 175[17.80]/3,500 203[20.70]/1,600 203[20.70]/1,600 203[20.70]/1,600 203[20.70]/1,600 203[20.70]/1,600 203[20.70]/1,600 203[20.70]/1,600 203[20.70]/1,600 203[20.70]/1,600 203[20.70]/1,600
過給機 ターボ ターボ ターボ ターボ ターボ ターボ ターボ ターボ ターボ ターボ


タイヤサイズ(前輪) 205/60R16 205/60R16 205/60R16 205/60R16 205/55R17 205/60R16 205/60R16 205/60R16 205/60R16 205/60R16 205/60R16 205/60R16 205/60R16 205/55R17 205/60R16
タイヤサイズ(後輪) 205/60R16 205/60R16 205/60R16 205/60R16 205/55R17 205/60R16 205/60R16 205/60R16 205/60R16 205/60R16 205/60R16 205/60R16 205/60R16 205/55R17 205/60R16

人気・おすすめグレードランキング(ステップワゴン 2022年式モデル)

  • 人気グレード
  • オススメグレード

人気グレードランキング

最寄りのホンダ新車取扱ディーラーを探す

取扱車種、Webチラシ、イベント・キャンペーン情報など、詳細情報からピッタリのディーラーを探せます。 (ステップワゴンの取り扱いディーラーを探す)

ホンダ ステップワゴン 中古車情報

相場表

在庫量に合わせて色を変えています。
全体の10% 全体の5% 全体の3% 全体の1%以上
年式 2022
(R4)
2021
(R3)
2020
(R2)
2019
(R1)
2018
(H30)
2017
(H29)
2016
(H28)
2015
(H27)
2014
(H26)
2013
(H25)
2012
(H24)
2011
(H23)
2010
(H22)
2009
(H21)
2008
以前
(H20)
価格 物件数 50 40 71 156 180 307 150 244 127 289 261 292 320 210 369
350万円~ 77 33 11 9 12 10 2
~350万円 217 15 18 32 66 55 29 1 1
~300万円 316 2 11 27 67 97 101 6 3 1 1
~250万円 239 3 6 14 100 60 50 1 3 1 1
~200万円 71 1 1 21 24 20 2 1 1
~190万円 91 1 26 21 34 3 6
~180万円 87 3 1 16 15 40 4 8
~170万円 75 1 1 4 14 36 11 6 2
~160万円 48 4 1 12 6 16 6 1 1 1
~150万円 84 1 6 20 16 25 13 2 1
~140万円 95 2 1 15 21 33 16 1 3 3
~130万円 84 2 5 11 34 18 5 6 2 1
~120万円 77 1 6 13 22 20 10 2 2 1
~110万円 83 2 12 32 19 9 6 1 2
~100万円 99 9 21 26 13 19 10 1
~90万円 139 1 10 39 23 29 32 5
~80万円 118 3 13 38 28 20 10 6
~70万円 165 3 12 32 44 47 21 6
~60万円 183 2 13 18 42 49 34 25
~50万円 718 5 27 108 132 125 321

ホンダ ステップワゴン レビュー・口コミ評価

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

車種の口コミを投稿する
総合評価
3.7 (24)
外観
3.9
内装
3.4
走行性
4.0
運転しやすさ
3.9
乗り心地
3.8
燃費・維持費
3.1
  • Mクラス最大ミニバン
  • メタメタ
  • 投稿日 2022年7月28日
2022年式モデル  グレード:2.0 e:HEV スパーダ プレミアムライン
総合評価
4.0
外観
4
内装
3
走行性
4
運転しやすさ
4
乗り心地
4
燃費・維持費
5
総評

発売から1ヶ月で目標の5倍超えの受注をもらって好調な滑り出しを見せた新型ステップワゴン。Mクラスミニバンの王道を初代から続けてきましたが、少し王道からシフトしてきた様なコンセプトと感じました。先ずはボディサイズの拡大です。全長4830、全幅1750、全高は1840〜1855とかなり大きくなりました。勿論Mクラスミニバンでは最大。はたしてMクラスなのか?との疑問もわきます。プラットフォームは先代からの改良版ですで、エンジン、ハイブリッドシステムも、改良はされていますが、先代のキャリオーバーです。

良かった点

エクステリアデザインはボクシーで丁寧な作りと感じます。過激なフロントマスクを採用しているミニバンが多いなか、ユーザー目線ではドヤ顔ミニバンに辟易としている方も多いはず。その中でシンプルさに個性やライフスタイルに溶け込みやすく考えられたデザインは良いと思います。クルマ生活のなかでユーザーが主役、クルマは良き相棒となるようなデザインフィロソフィーを感じます。また走りでは運転席に座りスタートすると走りに上質感があります。先ずは静粛性が先代に比べて、かなりアップしています。また乗り心地も余裕があると表現できる、脚腰が強い中での、乗り心地の良さを実感できます。ハイブリッドの力強さも先代と変わらず重量アップも走りにはハンデはありません。

気になった点

とは言っても色々と爪の甘さを感じます。エアーと言われるシンプルな見た目のグレードが出来ましたが、スパーダプレミアムラインに並ぶグレードがありません。これは案外致命的でエアーが廉価版グレードになってしまいます。またインテリアもエアーには似合っています。しかしスパーダプレミアムラインには色々付け足されていますが、インパネなどの造形、質感共にライバルに負けています。エアーは明るいファブリックシートに明るい天井カラーは似合っています。しかしスパーダ系は黒に近い色の天井で、これもインテリアが質感高いなら似合うかもしれませんが、ただ、ただ、暗い室内になっているだけです。

1人
  • 冷静なデザインが見事
  • ジャミラ
  • 投稿日 2022年7月28日
2022年式モデル  グレード:2.0 e:HEV スパーダ プレミアムライン
総合評価
4.0
外観
4
内装
3
走行性
4
運転しやすさ
5
乗り心地
4
燃費・維持費
4
総評

6代目ステップワゴンのデザインは原点回帰を意識した非常にシンプルで高品質な印象です。レンジローバーの様なデザインですが、流石にレンジローバーまでの品格はありません。しかしこのクラスのミニバンでは群を抜く出来栄えに見えます。特にリア周りのデザインは非常に見事でフロントマスクもリア並みのセンスが有れば尚良かったとは思います。わくわくゲートをきっぱり諦めて、他にコストを回す事も出来ています。全長はついに4830mmにもなり、全幅1750mmの完全なる3ナンバー設計です。ガソリンモデルは1.5ターボ、2リッターはe:HEVはオデッセイと同じく184PS 315N・mの性能を誇るハイブリッドになるのは先代と同じです。

良かった点

スタートしてドアを閉めた瞬間に、外界とは遮断された感じがします。そのままスタートすると静粛性の高さはかなりのものと分かりました。これはこのクラスのミニバンではNo. 1の静粛性です。ノア&ヴォクシーにも勝ってます。車格を超えているといっても過言ではありません。開発初期から遮音性の高さや気密性の向上を狙った結果ではないかと思います。乗り心地も17インチタイヤですが、しっとりとしています。マイルドと言ってもいいです。エンジンが掛かってもアクセルとリンクした制御を入れているので、エンジン音だけ先走る事はなく、人間の感性にあった物になっています。またフル乗車する際もボディの全長が長いステップワゴンは有利です。オデッセイが廃盤になり、オデッセイオーナーが買い換えても不満の無い仕立てになっています。

気になった点

気になる点はライバルに比べて燃費が負けている点です。後出しジャンケンに負けるのはホンダらしくありません。またノア&ヴォクシーにはある、ドライバーを監視しているカメラが付いていないので、渋滞時のハンズフリー走行が出来ません。またノア&ヴォクシーに付いている事故回避機能の右折時歩行者ブレーキ等も無し。インテリアもインパネ周りは質感で負けています。インテリアの天井が黒系も室内が暗くて滅入ります。大きなサンルーフが有れば問題ないですが、設定はありません。スタイリングも通好みで理解出来る人がどれほど居るのか未知数です。先代はスパーダ系は全車17インチタイヤでしたが、今回からはプレミアムライン以外16インチです。これもスタイリング的には不利です。

2人
  • 箱型ミニバンの伝道師
  • マサ
  • 投稿日 2022年5月22日
2015年式モデル  グレード:-
総合評価
3.3
外観
4
内装
4
走行性
3
運転しやすさ
3
乗り心地
3
燃費・維持費
3
総評

ステップワゴンは5ナンバー箱型背高ミニバンの歴史の1ページを作りました。それまでは商用車ベースであるが故に、FRベース必須の5ナンバー箱型背高ミニバンでした。マーケットとしても、箱型ミニバン市場が形成されていない時で、初代ステップワゴンの登場で、新たなFF方式5ナンバー箱型背高ミニバンが構築されました。初代ステップワゴンは、月間1万台を超える受注の大ヒットで、他社もFF方式5ナンバー箱型背高ミニバンを次々と投入してきました。トヨタノア、日産セレナ、マツダMPVと追従し人気カテゴリー且つ超激戦区に成長しました。切磋琢磨しながら成長を続けるミニバン市場で、トップセラーは立ち代わり入れ替わりを繰り返します。その中でステップワゴンは大健闘で、若干の浮き沈みはモデルによってあるものの、大健闘です。箱型ミニバン=ステップワゴンの図式は健在です。  

良かった点

ステップワゴンの強みは走行性能です。1.5リッター直噴ターボガソリン車と2.0リッター2モーター方式ハイブリッドの布陣です。ガソリン車の人気も高く、距離を走らない週末ドライバーは、初期投資を抑えてトータルコストの安さで、ガソリン車のニーズも多いです。ハイブリッド車は、システム出力の高さによるハイパワーとランニングコストの低さに魅力を感じるユーザーにピッタリです。外観はマイナーチェンジで、ヘッドライトに交差するフロントグリルが特徴的です。少しロボットチックな表情は、クールで個人的に好きなデザインです。本モデルでワクワクゲートをリアに初採用しています。縦にも横にも開くドアは、便利で重宝します。

気になった点

ステップワゴンの気になる点は、既に新型モデルが発表されている事です。現行モデルは受注をストップして、在庫一掃販売を行なっています。新型のハイブリッドは、ヴェゼルと同一のワンモーター方式となり燃費改善をされています。しかし、2モーター方式の方が凝ったメカニズムで贅沢な仕様の為、本モデルのハイブリッドをお手頃な価格でゲットするチャンスでもあります。また、新型はプレーンなエクステリアデザインに変更されており、オラオラ系のデザインを好み方には不向きです。そんな方も現行ステップワゴンの購入は、現実的な選択です。半導体不足で、車の納期が1年以上となるケースが多くなってきました。素早い判断で注文する事が今後重要となります。

0人
  • 多機能型の2列3列シート
  • hana
  • 投稿日 2022年5月18日
2009年式モデル  グレード:-
総合評価
3.2
外観
4
内装
3
走行性
3
運転しやすさ
3
乗り心地
3
燃費・維持費
3
総評

家族4人が広々とした乗り心地の良い1BOXカーを探していて、日産のセレナか、悩みましたが最終的に初めてホンダ車を購入しました。以前はトヨタのノアに乗っていまいたが、外観や、内装の多機能型の2列、3列シートが使いやすくて家族4人のドライブは最高でした。またエコドライビングシステム60㎞/hでの走行を意識して、省エネ安全運転に心掛けていました。カッコイイアルミホイールに履き替えてまあまあ運転しやすかったです。

良かった点

良かった点は、まず外観が他社同グレードの1BOXカーよりカッコいいところです。後2列、3列シートがいろんな向きに変えることができたり、3列目シートに関しては他社では、ほとんどが3列目シートが窓側に跳ね上げタイプで固定していましたが、ホンダのステップワゴンは3列目シートが床に収納出来る、私が知る限りでは今まで見たことがない新しいシステムだったので、これも非常に使いがってが良かったと思います。最後に運転席側から後ろのスライドドアの開閉が出来るところも良かったです。

気になった点

運転席から助手席のドアミラーのところの付いている車体左側下を見ることが出来るミラーが、時間帯や天候によって、良く見えないことがあります。エアコンの吹き出し口が市販のクリップ式の芳香剤がつかなくて残念でした。後3列目シートを床に収納する時やシートを戻す時、シートが重くて女性では大変と思いました。2列目シートの床のレールの隙間に小石、砂、砂利などが入ってしまってシートの動きが少し悪くなったり、レールの隙間の掃除が大変でした。

0人

カーソムリエによる試乗レポート・評価

  • NORTHさん
    4.0
    外観:
    4.0
    内装:
    3.9
    走行:
    4.3

    Mクラスミニバン最高峰

    試乗出来たのはステップワゴンハイブリッドG EXです。フロントマスクはメッキのグリルが適度なゴツさをだしていますが、ヘッドライトに食い込むデザインは、Nboxでも採用しているので、違和感無く、素直にカッコいいと感じます。リアスタイルもレーシーなデザインを巧みに取り入れていて、ホンダらしいデザインだと思います。搭載されているハイブリッドI-MMDは、電気自動車感覚で走れるのが長所です。間違いなくこのクラストップのパワフルさ、スムーズさを備えています。素晴らしいです。エンジンが発電機の役割で、モーターのシームレスな加速が気持ちいいです。勿論、ハイブリッドモードにもなります。また重心が低いと思われる....続きを読む

  • 両手にカピバラさん
    3.4
    外観:
    3.6
    内装:
    3.3
    走行:
    3.7

    良心的

    見た目と装備) ハイブリッド車が街中を埋め尽くす中、ユーザーサイドに立ったハイブリッドシステムを採用しているのがホンダさんです。各社独自のハイブリッドシステムを持ち、しのぎを削っています。テーマはハイブリッドのコストに対する燃費効果です。ライバルメーカーがより部品点数を少なく、搭載バッテリーを少なくとしているのに、ホンダさんだけ全てにおいて逆を行っています。トヨタさんは、エンジンをモーターと直付でクラッチを省いています。エンジンの回転ロスを諦めました。日産さんは、エンジンを直接駆動力にできません。高速運転で最も効率の良いエンジン駆動を諦めました。ホンダさんだけです。エンジンとモーターの間にク....続きを読む

  • 城西さん
    3.8
    外観:
    3.8
    内装:
    3.7
    走行:
    4.0

    走行性能が高い

    ホンダのミニバンステップワゴンのハイブリッドに試乗した。SPORT HYBRID i-MMDというエンジンは主に発電でモーターでの走行領域を広げたシステムで、モーターなので走り始めた瞬間から一気にキュイーンと静かだがあっという間にトップスピードまでいくので、正直ステップワゴンでここまでの走りが出来るとは思っていなかったので、良い意味で期待を裏切られた。 エクステリアはLEDヘッドライトがシャープな印象にしていて、テールランプも縦型の細めでスッキリしていた。 インテリアは水平なデザインで、凄い機能的で仕事が出来ると男的な印象でいい内装だと思う。車内のスペースはもちろん広々していて、3列目シー....続きを読む

みんなの口コミ

  • スパーダさん(納車されたよ)
    2.0 スパーダ S Z HDDナビパッケージ
    地域: 東京都
    投稿:2008年5月20日
    コメント

    フィットから乗り換えましたが、ほとんど違和感なく運転できます。また、運転中、家族が大変くつろいでおり、車に乗るのを楽しみにしています。ただ一つ大きな不満は、純正ナビモデルを購入したのですが、今まで使用していたカロッツェリアのナビに標準でついている携帯電話ハンズフリーのアダプターが有料でかつmova用であり、FOMA用ケーブルは別に購入しなければならず合計1万5千円もすること(ただし、Bluetooth付の携帯ではケーブルの必要なし。)及び走行中の操作ができるようにするためには市販のキットを購入しかつそれをカーショップで取り付けしてもらわなければならないことです。(取付費込みで約3万円)ナビなしモデルを買って市販のナビを取り付けるのも一案だと思います。

  • コトウラさん(納車されたよ)
    2.0 スパーダ S Zパッケージ 4WD
    地域: 東京都
    投稿:2008年6月24日
    コメント

    好き好きはあるかも知れませんが、私はスパーダの「チョイ悪顔」に惚れました。 VOXYほどのワイルドな顔でもないが、セレナの品の良い顔でもない中間顔に一目惚れでした。 納車されて、やっぱりスパーダにして良かった!が実感。 思ったとおり滑らかな加速、コーナリングの安定感。 まだ長距離ドライブをしてませんが、梅雨が明けて、夏の旅行が楽しみです。 車を買う際の交渉は、恥ずかしがらず、自分の予算を営業マンにぶつけるようにしました。 いくら値引き・・・よりも、自分の買える金額をはっきり最初から提示し、少しづつ歩み寄った 結果、凄い値引き額になっていました。 本当に良い買い物が出来たと思っています。

  • オオゼキさん(納車されたよ)
    2.0 スパーダ Z HDDナビ エディション
    地域: 千葉県
    投稿:2011年9月11日
    コメント

    ステップワゴンスパーダの外観は四十代のおじさんには少し派手な印象でしたが、乗り心地はとても安定していて初ドライブで家族がスヤスヤ寝てしまいました。取り回しも非常に楽チンでストレスを感じません。本日納車されたばかりでまだ長距離を走っていないため燃費がどのくらいかは不明ですが、エコモード使用で燃費アップが期待できそうです。それから乗り降りしやすいところが家族には好評です。これから長く乗ってイケそうな車です。今回購入のステップワゴンスパーダZ HDDナビエディションは必要十分な装備でとてもお買い得だと思います。

ホンダ ステップワゴン買取・査定

MOTAが提供する中古車買取一括査定サービス「MOTA車買取」からの情報です。

買取相場

モデル 年式 中古車価格相場 査定買取価格相場 MOTA車買取査定申込
ステップワゴン 2022年式モデル
ステップワゴン 2022年式モデル
2022年 299.8万円 ~ 478.7万円 - MOTA車買取査定に申込む

最近のMOTA車買取の査定実績 | ホンダ ステップワゴンの買取相場 更新日2022年08月10日

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。

車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。

  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月08日
    ステップワゴン 2.0 G HDDナビ スマートスタイル エディション
    年式:2012年 | 走行:~12万キロ | 色:青 | 状態:
    MOTA車買取査定額 10 万円~ 15万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月08日
    ステップワゴン 2.0 G Lパッケージ
    年式:2009年 | 走行:~7万キロ | 色:真珠 | 状態:
    MOTA車買取査定額 47 .1万円~ 56.2万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月08日
    ステップワゴン 2.0 G
    年式:2014年 | 走行:~9万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 69 .9万円~ 100万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月08日
    ステップワゴン 1.5 スパーダ ホンダ センシング
    年式:2018年 | 走行:~4万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 290 .3万円~ 299.8万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月08日
    ステップワゴン 2.0 G
    年式:2010年 | 走行:~13万キロ | 色:真珠 | 状態:
    MOTA車買取査定額 7 万円~ 12万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月07日
    ステップワゴン グレード不明
    年式:2000年 | 走行:~11万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 3 万円~ 10万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月07日
    ステップワゴン 1.5 スパーダ
    年式:2015年 | 走行:~6万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 150 万円~ 165万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月07日
    ステップワゴン 2.0 G
    年式:2014年 | 走行:~11万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 52 .1万円~ 68.9万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月06日
    ステップワゴン 2.0 スパーダ ハイブリッド G EX ホンダセンシング
    年式:2018年 | 走行:~6万キロ | 色:青 | 状態:
    MOTA車買取査定額 257 .6万円~ 269.5万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月06日
    ステップワゴン 1.5 スパーダ ホンダ センシング
    年式:2020年 | 走行:~2万キロ | 色:銀 | 状態:
    MOTA車買取査定額 270 万円~ 320万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月06日
    ステップワゴン 2.0 e:HEV スパーダ G EX ホンダセンシング
    年式:2020年 | 走行:~2万キロ | 色:青 | 状態:
    MOTA車買取査定額 339 .9万円~ 359.9万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月06日
    ステップワゴン 1.5 スパーダ
    年式:2018年 | 走行:~13万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 90 万円~ 130万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月05日
    ステップワゴン 2.0 スパーダ ハイブリッド G EX ホンダセンシング
    年式:2018年 | 走行:~9万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 190 万円~ 210万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月05日
    ステップワゴン 2.0 G Lパッケージ 4WD
    年式:2006年 | 走行:~11万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 3 万円~ 10万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月05日
    ステップワゴン 2.0 スパーダ ハイブリッド G EX ホンダセンシング ブラックスタイル
    年式:2019年 | 走行:~4万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 315 万円~ 350万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月05日
    ステップワゴン 2.0 G
    年式:2000年 | 走行:~15万キロ | 色:銀 | 状態:
    MOTA車買取査定額 2 万円~ 10万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月05日
    ステップワゴン 1.5 スパーダ クールスピリット ホンダ センシング
    年式:2018年 | 走行:~4万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 308 .9万円~ 315万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月05日
    ステップワゴン 2.0 G
    年式:2011年 | 走行:~20万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 1 万円~ 10万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月04日
    ステップワゴン 2.0 スパーダ Z クールスピリット
    年式:2012年 | 走行:~17万キロ | 色:紫 | 状態:
    MOTA車買取査定額 33 万円~ 45万円
  • ホンダ 査定依頼日:2022年08月04日
    ステップワゴン 2.0 B
    年式:2009年 | 走行:~7万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 1 万円~ 5万円
ホンダ ステップワゴンのMOTA車買取の査定実績をもっと見る

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。

車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。

J.D. パワー評価が高いミニバン

ホンダ ステップワゴンを見た人はこんな車も見ています