autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 売れ筋エアロ系ミニバン 徹底比較 3ページ目

3台比較 2009/4/10 09:10

売れ筋エアロ系ミニバン 徹底比較(3/4)

売れ筋エアロ系ミニバン 徹底比較

内装、装備が多岐にわたりアップデート

ステアリングメーター

センターにオプティトロンメーターを配した未来的なデザインのインパネ。柔らかなラインで乗員を包み、居心地のよさを演出している。

今回のマイナーチェンジでは、内装や装備に大幅な改良が施され、多岐にわたってアップデートされた。アエラスでは、内装色グレージュの設定拡大や、ユーカリ木目調のパネルの新採用、本革シートなどによる「レザーパッケージ」を新設定するなどした。また、クルーズコントロール、後席確認ミラー、ステアリングスイッチ、エコドライブインジケーターランプなどを全車標準装備化。さらに、グレードにより冬季や冷房使用時に冷えやすい肩や腰、大腿部を効果的に温める快適温熱シートを前席に設定している。

安全面では、前席にアクティブヘッドレストを標準装備したほか、2.4Lエンジン搭載車にS-VSCを全車にオプション設定するなど、より高い次元に進化した。

シートは、3列目が3人掛けで、2列目キャプテンシートを持つ7人乗りと、6:4分割可倒式の3人掛けとした8人乗りの設定がある。7人乗り仕様で可能なスーパーリラックスモードもエスティマの特徴だ。

3列目は、ハイルーフミニバンで一般的な跳ね上げ式ではなく、ラゲッジフロア下に格納スペースを設定している点も特徴。上級グレードでは、それを電動で格納・復帰させることができるのもポイントだ。

3列目を起こせば、ラゲッジ床下は収納スペースとして使えるし、必要時以外は3列目を格納しておき、2列目をスーパーリラックスモードにしておくという使い方にも対応してくれる。

シフト3列シートシートアレンジラゲッジラゲッジ

斬新なドライビングインターフェイス

ステアリングメーター

「ミニバン」と呼ばれるクルマとしては異例なまでに背の低いオデッセイだが、室内空間がステーションワゴン的なつくりになっているかというと、あまりそうでもない。あくまでミニバン的なつくりで、それが低い位置に設定されているという印象だ。それは、大きく寝かされ、前方に出されたAピラーと広いダッシュがもたらす前席からの視野や、運転席と助手席の間にあいているスペース、後方を振り返ったときの細長いスペース、フロアと各シートの位置関係などから感じられる。

ホンダが意図して採用しているSFチックなインパネも板についた印象で、エクステリアとの調和も図られている。少々奇抜なデザインではあるが、使いやすくレイアウトされており、こうした斬新なドライビングインターフェイスが楽しめるのも、オデッセイならではといえる。

Aピラーが細くなり、死角が小さくなった恩恵は、こうして他車と乗り比べたときに実感させられる。2列目が3人掛け、3列目が2人掛けとなっているが、V字レイアウトとしていることで、開放感が上がっていることもわかる。

3列目シートは床下に格納可能だが、前倒しするだけではなく、腰部を軸に後方に反転させて収めることで、フラットで広いラゲッジスペースをつくり出すことができるのも、オデッセイの特徴だ。

シフト3列シートシートアレンジラゲッジラゲッジ

買い得感の高いVセレクション

ステアリングメーター

Vセレクションでは、オプション装着率の高い両側リモコンオートスライドドアとバックドアオートクロージャーが、わずかな価格の上昇で標準装備されるという、買い得感の高いモデルである。

セレナの室内の第一印象は、とにかく広いことに感心する。5ナンバー枠に収まりながらも、ボディ形状やウインドウの設定、内装パネルやシートの形状などを工夫することで、よりその広さが際立って感じられるように思える。ボディ外寸の大きなエスティマより広々感では上となる。

ハイウェイスターでは、精悍な印象の専用のジャガード織物/トリコット生地のブラックのシートが与えられる。運転席&助手席の平板に見えるシートも、座ると意外としっくりとサポートする。頭上は非常に広く、サイドウインドウの下端がかなり低い位置となっているため開放感は高い。

2列目もシートのサイズが大きく、広々としている。セカンドマルチセンターシートと、横スライドが可能な左側シートにより、さまざまなスタイルにアレンジできるところも強みで、これは最大のライバルであるヴォクシー/ノアに対してもアドバンテージである。収納スペースも随所にくまなく設定されている。

3列目は、さすがに2列目ほどの余裕はないが、今回の3台の中ではもっとも居住性に優れ、2列目を後方にスライドさせても居住空間はそこそこ広く残る。子供なら十分だろう。

3列目を使ってもラゲッジスペースは十分に残り、床下に大きなアンダーボックスを持つ。3列目は一般的な跳ね上げ式となっている。ワンタッチではないが、スプリングアシストにより軽い力で跳ね上げられる。

 フロアは結構高めだが、切り欠きのステップが低い位置にあり、乗降もしやすい。小さな子供にとって、乗せてもらってもっともうれしいのは、「バスで遠足に行く」ような感覚をもっとも味わわせてくれるこのセレナではないかと思う。

シフト3列シートシートアレンジラゲッジラゲッジ

内装・装備の総評

タイプやキャラクターの異なるミニバンなので、居心地や使い勝手はそれぞれであることは前記のとおり。また、ミニバンのユーティリティに見られる要素は、かなり急速に変化しており、登場時期によって進化の度合いが変わってくる。一時期はとにかくいろいろなことができることと、何物だろうと数が多いことが偉いとされた傾向が見受けられた。しかし近年はそこから脱却し、より本質的な部分に目が向けられるようになった。たとえば収納スペースでは、数よりも容量やひとつひとつの使いやすさを追求するようになったし、2列目キャプテンシート仕様の設定が拡大傾向であることもそのひとつ。3列目の収納方法にもさまざまなタイプが出てきている。また、カーナビの機能や、駐車時等の運転支援機構も充実しており、各車さまざま。購入検討時は、あらゆる要素をできるだけ具体的に理解し、その恩恵を把握しておくことが好ましい。

トヨタ エスティマ 関連ページ

ホンダ オデッセイ 関連ページ

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ エスティマ の関連記事

トヨタ エスティマの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ エスティマ の関連記事をもっと見る

トヨタ エスティマ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/30~2017/6/30